MLB東奔西走BACK NUMBER

来季はシカゴかオークランド?
それでも松井秀喜が自信を得た理由。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/10/18 10:30

来季はシカゴかオークランド?それでも松井秀喜が自信を得た理由。<Number Web> photograph by KYODO

今季最終戦となった10月3日のレンジャーズとのゲームで先制2ランを放ち、ベンチで祝福される松井秀喜

 公式戦全日程が終了し、プレーオフも地区シリーズが終わった。残すは、リーグ優勝決定シリーズとワールドシリーズのみだ。

 プレーオフに登録された唯一の日本人選手・斎藤隆が所属するブレーブスの敗退が決まり、ついに2002年から続いていた日本人選手のワールドシリーズ連続出場という大事な記録も途絶えてしまった。

 昨年の今頃は松井秀喜がヤンキースで大活躍をみせていた。日本人選手として初のワールドシリーズMVPに輝くなど強烈なインパクトを残したが、今シーズンは自身が所属するチームが初めてシーズンで負け越すという厳しい結果に終わった。

 期待を一身に集めてのエンゼルス入りだったのだが、思い通りの成績を残すことができず、シーズン終盤には左先発投手の時にベンチ・スタートとなる状態にまでなっていた。だが、松井秀のシーズン成績を他チームの指名打者と比較してみると、決して見劣りするようなものではないのだ。次の表を見て頂きたい。

 試合数     安打数     本塁打数     打点 
 1   ゲレーロ   152     1   ゲレーロ   178     1   オルティス   32     1   ゲレーロ   115 
 2   リンド   150     2   デーモン   146     2   ゲレーロ   29     2   オルティス   102 
 3   松井秀   145     3   オルティス   140     3   スコット   27     3   松井秀   84 
 3   デーモン   145     4   リンド   135     4   ブラニアン   25     4   リンド   72 
 3   オルティス   145     5   松井秀   132     4   トーミ   25     4   スコット   72 
                             
                 7   松井秀   21         

 ご覧のように、本塁打数を除けばすべての部門でリーグベスト5にランクしているのだ。

エンゼルス・ファンにゲレーロと比較された松井の不運。

 だがエンゼルス・ファンからすれば、松井の比較対象はどうしても前任のブラディミール・ゲレーロということになってしまう。

 今季はレンジャーズの4番として強力打線を牽引していたゲレーロに対し、打撃不振からクリーンアップに定着さえできなかった松井秀では、どう転んでも勝ち目はない。

 さらに松井の月間成績とチーム月間成績を並べると、松井秀の不振がチーム成績に及ぼした“負”の影響も見えてくる。以下の通りだ。

   4月   5月   6月   7月   8月   9~10月 
 打率   .273   .184   .318   .228   .304   .352 
 本塁打   4   3   3   4   3   4 
 打点   13   14   19   9   16   13 
 チーム成績   12勝12敗   14勝15敗   18勝9敗   9勝17敗   11勝16敗   16勝13敗 

 最も不振だった5月は、まだ主軸の1人であるケンドリー・モラレスが離脱前だったこともあり14勝15敗と踏ん張ったが、最少打点に終わった7月は9勝17敗と大不振。この頃にチームも地区首位争いから脱落していったことを考えれば、やはり松井の不振がチームにとってかなり誤算だったと言わざるを得ない。

【次ページ】 エンゼルスが目論むクロフォードの獲得が焦点に。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
松井秀喜
カール・クロフォード
ロサンゼルス・エンゼルス

ページトップ