Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ラグビー日本代表、成長の理由> エディ・ジョーンズ 「ジャパンはさらに進化する」 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2013/07/18 06:01

<ラグビー日本代表、成長の理由> エディ・ジョーンズ 「ジャパンはさらに進化する」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa
ウェールズ戦の歴史的勝利に始まり、難敵のカナダとアメリカも撃破。
的確かつ妥協なきアプローチで、ジャパンを未踏のステージへと導いた。
指揮官が春シーズンを総括し、来たる“大一番”への展望を明かした。

 ひとつの勝利が歴史を変える。チームという生きものを変える。周りからの視線も、当事者たちの意識さえ劇的に変えてしまう。

 2013年6月は、ラグビー日本代表にとって特別な意味を持つ時間だった。

 6月15日、秩父宮ラグビー場を埋めた2万人超の大観衆の見つめる中、IRB世界ランク5位の欧州王者にして世界ラグビー最強国の一角、ウェールズから23対8で歴史的な勝利を奪った。そこから中3日、強行軍で臨んだパシフィックネーションズ杯(PNC)のカナダ戦は16対13。激しい雨が叩き付ける中でアグレッシブにボールを動かし続け、消耗戦に持ち込み、以前なら力尽きていたラスト10分に逆に突き放して接戦を制した。

 さらに中3日の強行軍で臨んだアメリカ戦では、サイズで上回る相手にFWが徹底スクラム勝負を挑み、ペナルティトライを奪い、かつてはパワーだけでねじ伏せられていた天敵に完勝した。スコアは38対20。スタンドで勝者を迎えるファンの顔にも、驚きは微塵も窺えない。そこにあるのは限りない歓びと、勝利のために努力を重ねた選手たちへの深い敬意だ。

昨秋の欧州遠征のころに比べて大きく成長した3つのポイント。

エディ・ジョーンズ Eddie Jones
1960年1月30日、豪州生まれ。豪州代表監督として'03年W杯準優勝。'07年W杯では南ア代表アドバイザーとして優勝。'12年にはサントリーのGM兼監督としてリーグ制覇と日本選手権連覇を達成。日本代表監督の契約期間は'15年W杯終了まで。

 かつてオーストラリア代表を率いてW杯準優勝、南アフリカのテクニカルアドバイザーとしてW杯優勝を経験した『世界の名将』エディ・ジョーンズが日本代表のヘッドコーチに着任し「2015年W杯で世界のトップ10に入る」という目標を掲げてから1年3カ月。PNCのアメリカ戦を終え、日本の世界ランクは15位から14位へ上昇した。

 しかし、その数字では表せないほどの変化と進化が、この春の日本代表にはあった。

 春シーズンを終えた指揮官エディに、この3カ月間の戦いを振り返ってもらった。

「この春シーズンで最も伸びたのはスクラム、ラインアウト、そしてストレングス(身体的な強さ)の部分です。昨秋の欧州遠征では、自分たちはラグビーチームとしてあるべき姿から懸け離れていると痛感しましたから」

 エディ率いる日本代表は昨秋の欧州遠征でルーマニア、グルジアとテストマッチ2試合を戦い、欧州勢相手としては史上初となるアウェー戦勝利を飾った。だがそんな勝利も、エディにとっては喜んでいられるものではなかった。スクラムでクリーンボールを供給できたのはわずか17%だったのだ。

【次ページ】 スクラム強化のために元フランス代表を呼び寄せた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
エディー・ジョーンズ

ページトップ