東京ヴェルディは存続させるべきか?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 1993年のJリーグ開幕による空前のサッカーブームを支えた名門中の名門、東京ヴェルディ(東京ヴェルディ1969)。この名門チームが今、消滅の危機に瀕しています。原因は資金不足からくる経営難ということなのですが、遠因を辿れば経営者、そしてリーグ全体のシステムや選手たちの責任にまで論が及ぶことになります。

 他のチームも不況下で大変な苦しみを味わう中、現在のヴェルディは「超法規的な措置」(鬼武健二・前Jリーグチェアマン)としてリーグそのものが経営しているという異常な事態です。来季へ向けての新たなスポンサーが見つからなかった場合、東京ヴェルディの処遇をどうするべきだと思いますか。皆さんの意見をお聞かせ下さい!

●Jリーグで存続させるべき
●JFL以下で再出発
●解散

1-10件を表示 / 全62

すべて| Jリーグで存続させるべき| JFL以下で再出発| 解散|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 本当に残したいと思う人達がいるのであれば、東京ヴェルディいうネーミングの使用権を譲渡し、しかるべきカテゴリーから始めれば良いと思う。
    そのような人達が現れないのであれば解散も致し方ない。
    Jリーグが管理してまで残す意味はない。

    一休さん2010/09/22 12:17に投稿

    26
    そう思う!
  • ヴェルディ周辺のゴタゴタは注目して見てました。前経営陣も根性がないし、現経営陣も頭が良くないしで、イライラしつつも、静かに経緯を見守ってました。
    いずれ、ホワイトナイトが登場してくれるのではないか。それが讀賣グループであって欲しいと期待しつついましたが、遂には末期的なようですね。

    企業としての体をなしていないので、即刻、解散することが他の関係者のリスクを軽減するのは間違いないのですが”存続させるべき”と思うのは、このクラブが「読ク」だったからです。

    読売クラブが消滅する。って、悲しすぎます。

    たけまろさん2010/09/22 00:49に投稿

    13
    そう思う!
  •  日本リーグからの名門であり、J創設時の黄金期を支えたヴェルディがこの状況なのは(日産時代からマリノスを応援しているのでライバル不在は)、大変悲しい。復活には、厳しいかもしれないが下部リーグからの新たな形でスタートするべきだと思います。
     (詳しい経緯が分からないので恐縮ですが)新しいスポンサーが見つからないのは、これまでの運営状態・理念では、スポンサードできないと考えているからだろう。運営者が(選手・Jの理念・伝統・名称etc・・・)をもう一度理解し、地域に根差したチーム作りを信念としてリスタートするという方法がベターだと思う。その場合、JFLから這い上がってほしい。ただ、それでも駄目な場合は、解散もやむなしでしょう。
     他のチームも運営に四苦八苦している中、再建のモデルケースになってほしいし、安易に単純な解散にはしてほしくない。そして、なにより選手の保護は絶対優先で考えてほしい

    たったこさん2010/09/22 08:29に投稿

    13
    そう思う!
  • 確かに『ヴェルディ』は、日本サッカー界の名門クラブで歴史もあり、Jリーグ創成期には多大なる貢献をしてきたと思う。しかし、今の状況を作ったのもクラブ自身であり、身の振り方は、自ずと知れているのではないかと思う。名門だから、歴史があるからといって、特別処置を施すのが、果たして、これからも続いていくJリーグにとってプラスになるとは、残念ながら思えない。プロ野球にとっての巨人とは違い、Jリーグにとってのヴェルディは、所属する一つのクラブという捉え方で良いのではないだろうか?よって、自身での存続が不可能であるならば解散するのが妥当だと思う。

    えいとさん2010/09/23 10:02に投稿

    13
    そう思う!
  • もともと読売グループは好きではなかったんだけど、日本サッカー草創期から続いている数少ない伝統があるクラブだし、なくなってほしくない。個人的には、まだ存在しない東京23区のクラブとして再出発してほしい。23区内の在住者からすると、FC東京って、まあ東京なんだけど、なんとなく武蔵野のクラブって感じで共感できないところがあるし、東京ヴェルディが23区内に移転すれば、東京ダービーもこれまで以上に盛り上がると思う。

    shigeeekiさん2010/09/22 02:04に投稿

    12
    そう思う!
  • リーグとしては「解散」とすべきと考えます。経営難に陥ったチームをリーグが「見境なく」救っていては経営陣のモラルハザードを生むことにもなりかねません。リーグがすべきはあくまでも所属選手・スタッフの皆さんの「ケア」ではないでしょうか。そこさえクリアされれば、特に問題はないはずです。たとえヴェルディのような名門チームであっても、特別扱いすべきではないでしょう。

    ですが、過去を振り返れば「横浜FC」という前例があります。ああいった形でチームの存続が可能になるのであれば、それはその時で相応しいカテゴリーから再出発させれば良いのです。ソシオが力を持つバルサのような運営体制を目指すのも一つの考え方でしょう。リアル「サカつく」、成立させられれば面白いと思いますが。

    確かに名門チームが消えてしまうのは、たとえ嫌悪の対象であっても残念です。最後まで存続させる努力はしていただきたいと思います。

    ますさん2010/09/22 11:26に投稿

    12
    そう思う!
  • 確かにJリーグ発足の前から日本サッカー界を牽引してくれたことは感謝します。でも、逆に言うとどうしてそんなチームが今危機なのでしょう?伝統という名目でJに残るなら、おらが北海道のコンサドーレはどうなるのでしょう。北海道にできたこのチームは、様々な困難を抱えながら今も奮闘しています。ベルディのような素晴らしいチームを目指し、身の丈にあった経営をして、サポーターのためのチームでいてほしいとも願っています。続けられない以上、解散するのが道だと思います。何か、政治の世界みたいです。

    segoさん2010/09/22 10:32に投稿

    9
    そう思う!
  • 私は東京Vに特に思い入れはありません。ただ幼いころにちょうどJリーグ創生期で松木さんが監督でカズ・ラモス・武田・北澤などの活躍をしっかり見て育った世代です。なくなるのは絶対にいやです。それでもこのような名門クラブでも運営が杜撰で管理がなっていなかったという事が今回のことでわかりました。

    それならば名門が危うい運営でなく、しっかりと地に足をつけて運営がしっかりできるようになれば、いいモデルとなるのではないでしょうか。J1にいるためにはどんな運営がいいか再考すべき時だと思います。そして何より東京VがJFLにいることでかえってJFLに陽が当たりそうです。そしてJFLの選手たちのモチベーションにもつながると思います。

    J1の質を下に持ち込み、地方に名門が行けばまた話題になり子どもたちのサッカー熱も上がるでしょう。東京だからこそ下でできることがあるのではないでしょうか。

    savoさん2010/09/22 04:10に投稿

    8
    そう思う!
  • どうして解散させる必要があるのか。
    基本的にチームを存続させる事を前提に考えるべきだと思う。
    フリューゲルスの時もそうであったが、Jリーグというものにおいて
    クラブというものは、企業の持ち物ではないのである。
    ヴェルディのこれまでにもたらした実績などは全て度外視しても、
    サッカークラブは、プレーをする選手とそれを応援するサポーターのものである。
    もちろん経済的な事、これまでのしがらみ、そういった物が大きく影響する事は
    どの業界においても同じであるが、それなら、練習場、選手の給料全てを一度カットしてみても
    いいのではないか。
    それがプロであれ、アマチュアであれ、それでもヴェルディというチームを愛するものがいるのならば、
    絶対につぶしてはいけないと思う。
    それで例えば10年後、20年後新生したこのチームがJに上がってきた時、
    そこには企業団体でもなんでもない、緑色の新しいチームとなると思う。

    ドライアイスさん2010/09/22 16:19に投稿

    8
    そう思う!
  • 勘違いもはなはなしい、過去の栄光だけで経営努力をしていたか疑問です。
    無責任な旧経営陣、日本テレビ、何の為にこのチームを作ったか?理解に苦しみます。
    気まぐれで作ったチームならないほうがまし。

    兄貴.comさん2010/09/22 17:31に投稿

    7
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ