欧州4大リーグ、新監督就任の強豪クラブで、もっとも楽しみなのは?

集計グラフを閉じる

 欧州の各国リーグがオフシーズンに入っているこの時期。試合の興奮こそ味わうこと叶いませんが、連日メディアを賑わせているホットな移籍情報は・・・続きを表示

●バイエルン(グアルディオラ)
●レアル・マドリー(アンチェロッティ)
●マンチェスター・U(モイーズ)
●マンチェスター・C(ペジェグリーニ)
●チェルシー(モウリーニョ)
●ナポリ(ベニテス)
●インテル(マッツァーリ)

1-10件を表示 / 全31

すべて| バイエルン| レアル・マドリー| マンチェスター・U| マンチェスター・C| チェルシー| ナポリ| インテル|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 三冠を達成し現世界最強チームと言っていいバイエルンが
    更なる高みを目指すために選んだ監督がグアルディオラ。
    大きなプレッシャーがあるはずなのに半年間の特訓で身につけたドイツ語で
    『バイエルン就任は最高のプレゼント』とヤル気十分のスペイン人新監督は
    昨シーズンのCLを圧倒的な力で制したトップチームはもちろん、
    下部組織の若手選手の充実にも目を輝かせる。
    目指すは古巣バルセロナを超える史上最高のサッカークラブ。
    バイエルン黄金時代到来の予感でいっぱい。
    そのための準備は整ったといえる。
    グアルディオラがどう指揮をとるのか、楽しみで仕方ない。

    コーイチさん2013/07/03 19:28に投稿

    4
    そう思う!
  • ベップが全てを勝ち取った今期のバイエルンに更にどのような戦術を加えるか。バルサとの比較・対戦が楽しみ。

    カルチョさん2013/07/03 19:40に投稿

    4
    そう思う!
  • W杯2006・3位決定戦でポルトガルを下したドイツのサッカーの素晴らしさに目をみはった。縦への切り込み、スピード、パワー、若さに。(話はそれますがあの時の主審は上川さんでバイエルンミュンヘンのカーン最後のW杯でしたね)。これからはドイツの時代になるんじゃないかと思った。バイエルンは今では加えてバルササッカーをも取り込もうとしている。Mr.バルサのペップを呼んだということはドイツサッカーとバルササッカーの融合を目指すということなんですね。楽しみです。

    torikoさん2013/07/03 21:52に投稿

    4
    そう思う!
  • モイーズが、
    マンUになってどういうサッカーをするのか。
    エヴァートンと同じようにするとは思えないし、
    ある程度は、ファーガソンのやり方も引き継いでいくんだろうけど、
    どんなサッカーをするのか気になる。

    coteさん2013/07/03 18:42に投稿

    3
    そう思う!
  • ラファが来たニャーポリで!
    昨シーズン中途採用で、しかもあれだけサポーターの支持も無い中で、チェルシーをあそこまで落ち着かせた手腕は見事だったと思います。
    最後にカップまで掲げた上で安堵の笑みを浮かべたラファ・・・一度は地に落ちた(失礼)評価をここまで巻き返し、あくまでアウトサイダーであるニャーポリで思い通りの采配を振るって、面白いモンを見せて欲しいものです。

    りうさん2013/07/03 19:16に投稿

    3
    そう思う!
  • ファーガソンが退任して新しい歴史の幕開けをどう飾るのか注目したい。
    ルーニーの去就次第で補強を方針も変わってくるなど、戦力補強も含めて問題を抱えているが、
    また日本人としては香川の起用法など気になる点も多いだけに、良くも悪くも注目したいし楽しみに思う。
    余程の低迷が無い限り監督の交代は無いから、
    マンUに限っては1年で結果を出すチームでないだけに、今後数年に渡って注目せざるを得ないクラブ。

    ogaさん2013/07/03 19:45に投稿

    3
    そう思う!
  • 何て言ってもモウリーニョの帰還。
    チェルシーに多大なタイトルをもたらした名将は、昨シーズンチグハグだったチームを劇的に変えるはずだ。メンバーの起用法などで騒がれようとも、勝てるチームに変貌させ、選手から絶大な信頼を得るスペシャルワンならば、プレミアリーグ優勝も十分射程範囲となりうるだろう。

    ぬかちゃんさん2013/07/03 21:15に投稿

    3
    そう思う!
  • 期待感という点ではやはりチェルシーに帰還したモウリーニョが一番です。
    レアル・マドリーとはクラブの色と合わなかったこともあって、不協和音が絶えませんでしたが、相思相愛のチェルシーではスペシャル・ワンの本領発揮してほしいところです。
    前回衝突したオーナーの意向で、モウリーニョ好みではないけれどクォリティの高い選手が揃ったチームをどのようにマネジメントしていくのかも見物です。

    あとは、モウリーニョが去った後、迷走を続けているインテルの指揮を引き受けたマツァーリの仕事にも期待しています。
    インテルも落ちるところまで落ちた感はあるので、後は上がっていくだけでしょう。

    rogerさん2013/07/04 00:38に投稿

    3
    そう思う!
  • ファーガソンの長期政権があったからこそパクチソンはその才能を開花させることができたのだと思う。新監督の就任は香川にとって追い風になるか逆風になるかそれが心配だ。

    clematisさん2013/07/04 07:10に投稿

    3
    そう思う!
  • やはりバイエルン。
    グアルディオラがどう進化させるのかに尽きる。
    メンバーはゲッツェを加えた今、監督の想い描くサッカーが可能な人間はそろっているだろう。

    果たして、バルサのような0トップはあるのか、マンジュキッチ?
    まさかのゲッツェがそこに入るのか。
    3トップだとやはりウイングはロベリーなのか。
    ブスケツの務めていたボランチは、ハビマル?
    うーん、グスタボも捨てがたいが、、シュバイニーは?クロースは?ミュラーは?シャキリ・・

    あまりにも層が厚い。

    昨シーズンでベースはあるが故、リーグ戦でチーム作りしながら勝てるだけの力はある。
    しかし、リーグがつまらなくなっては困る。
    資金力のあるドルトムントやシャルケ、ヴォルフスブルグには積極的な補強と、Stop the Bayernを合言葉に素晴らしい戦いを期待する。


    あと、マッツァーリにもCL圏を争えるチーム作りを期待したい・・・

    頭の中まで無回転さん2013/07/04 20:21に投稿

    3
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ