3試合で9失点。ザックジャパンに闘莉王を呼ぶべきか!?

集計グラフを閉じる

 サッカー日本代表はコンフェデ杯で3試合9失点と守りのもろさを見せました。  その課題克服のため、現在の守備陣を強化していくべきという・・・続きを表示

●呼ぶべきだ ●呼ばなくてもよい

1-10件を表示 / 全81

すべて| 呼ぶべきだ| 呼ばなくてもよい|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 闘莉王は呼ぶべき。
    ただし、パワープレイ要員or相手のパワープレイ対策要員。

    3試合で9失点はDFだけのせいじゃない。
    失点の時間帯が悪すぎるのと、相変わらずのセットプレーからの失点はチーム全体の問題。
    闘莉王を入れたら解決する問題じゃない。


    rooneyさん2013/06/26 10:09に投稿

    7
    そう思う!
  • 理由はメリットが大きいから

    ・コーチングで周り選手の仕事がシンプルになる(今野はマークいいけどコーチング駄目)
    ・セットプレーの攻撃に強い(ハイボールだけじゃなく足元やこぼれ玉にも強い)
    ・セットプレーの守備に強い(セット以外のハイボール競り合いにも強い)
    ・得点力があり緊急時のFWとしても使える(前年FW出場でハットトリック)
    ・吉田「練習で組んだことがあるけど、ものすごくやりやすかった」
    ・スタメンにいなくても経験や指示を伝えられる
    ・故郷だからブラジルの環境や南米情報に詳しい
    ・ブラジルW杯に誰よりもモチベーションが高い
    ・経験多いから初召集に比べて連携問題少ない
    ・スピード不足のデメリットは、押し込まれて引いた守備なら問題ない
    ・3バック経験もある

    高さ不足でセットプレーの失点増えてる最近の代表には役に立つ選手
    もちろん選ぶのは監督なので、監督が正しいと思う選手を選べばいい

    hdsokbさん2013/06/26 16:26に投稿

    7
    そう思う!
  • 南アフリカW杯時の闘莉王ならともかく、現時点での闘莉王は呼ばなくても良いではなく、呼ぶべきではない。
    名古屋の試合をチラっと見た人ならわかると思うが
    いくら付加価値があろうとも、呼ぶに値するかどうかさえ疑問なパフォーマンスが続く選手をは呼ぶべきだなんてとても言えない。

    第一、南W杯前のあれだけ脆弱な守備陣をカバーするためにどれだけの人数の費やしてようやく失点を減らすことが出来た事を覚えてる人はいないのか?だとしたら残念だ。

    現代表はあの時とは違い、攻撃に人数を少しずつだがかけるようになってる。
    ゴール前に人数を固め、圧倒的数的優位でなんとか守れたあの南W杯とは、もはや守備のやり方がも違う。

    ウェスタン炎さん2013/06/25 19:52に投稿

    5
    そう思う!
  • 何故闘莉王選手が必要なのか理解できません。
    彼の得点力も高さも今の代表には必要だとは思いません。
    対人の強さは魅力かもしれませんが、人数をかけて守る今の戦術であれば、彼が入ってもあまり利点があるとは思えません。むしろ、エリアをおろそかにしてしまう怖さがあるので、私は呼びたくありません!

    みみさん2013/06/25 19:51に投稿

    4
    そう思う!
  • 今の名古屋でのパフォーマンスでは正直厳しい。
    コンフェデでDFラインがズタズタにされたからと言って
    今ここで闘莉王を呼ぶ必要がどこにありますか?
    気持ちの入ったプレー?キャプテンシー?
    それなら横浜Fマリノスの中澤の方が良くないですか?
    呼んで欲しいとは思いませんけど。
    他に試すべきDFは沢山いますよ。
    まずは、吉田・今野・栗原・伊野波がファーストチョイスと
    いう考え方を崩した方が良いでしょう。

    アベノのセレッソファンさん2013/06/25 22:17に投稿

    4
    そう思う!
  • メンバーがかなり固定化されている今の日本代表において、闘莉王が入ることでどう変化するのかは確かに興味がある。それはDFとしても、FWとしても、他のポジションでも。
    フィジカル面、本番開催地のブラジル出身という面からも、期待される役割は少なくないと思う。

    じゃあ呼ぶのが闘莉王でないとダメか、必要かと言われると…微妙な気がする。
    もし4年後、次のW杯の1年前に同じ状況になって、やっぱ闘莉王でないと…ってなったら?
    ベテランの経験や強さも必要だけど、荒療治で厳しい結果でも次の若い力を試していくほうが、将来のために必要だと思う。
    それに、攻撃が本田頼みと言われるのが守備は闘莉王頼み、に変わるだけでは?という気も。

    様々なメンバーを試すことは必要だしその姿勢も必要。だけど前にうまくいったからという理由なら安直だと思う。
    先入観のない平等な目で、何がどう必要なのかじっくり検討してほしいです。

    するのは苦手見るのは得意さん2013/06/25 23:06に投稿

    4
    そう思う!
  • まず闘莉王を呼ぶべきと言ってる人は今のJリーグを見ているか疑問に思う。
    一回名古屋のゲームを観てみるといいよ。
    確かに9失点というのは多い感じはするが明らかにガチガチに守りに行った戦術じゃなかったし、ブラジル・イタリア・メキシコと言ったチームに自分たちのサッカーで挑めばこれくらいは失点するというのが現実だと思う。
    日本はブラジルやイタリア、スペイン、ドイツのようなレベルじゃないんだから本気でこの先考えるんなら若い選手を試したほうがいい。

    イントニオ アノキさん2013/06/25 23:57に投稿

    4
    そう思う!
  • まちがいなく闘莉王は日本人選手でもっとも高さに強い選手だと思う。だが欠点として足が遅く、本人も後ろをとられたくないので高いラインはとれない。つまり、闘莉王を入れるということは、ラインをあげ攻撃サッカーで強豪とガップリ4つに戦うという日本サッカーの野心を捨て、守備的に戦いカウンターで勝つチャンスを狙う弱者の戦術をとることを意味すると考える。それに、闘莉王いれたからって、相手にポゼッションとられたら強豪の攻撃をすべては跳ね返せないだろう。正直、吉田の成長は心もとなく、今野の個が今以上成長できるか疑問ではあるが、闘莉王いれれば守備が安定するというわけではないだろう。南アでは闘莉王や中澤にさらにアンカー置いて守備的に戦ってなんとかってレベルであって、それはボールを保持することで守備の負担を減らしてきた日本の攻撃陣にも影響がでてくる話になるだろう。GL突破が目標ならしょうがないがね。

    tomzさん2013/06/26 05:02に投稿

    4
    そう思う!
  • 呼ばなくてもよい。今はまだ、と言うべきか。
    高さに強みのある中沢にしてもそうだが、やはり闘莉王の弱点は足の遅さ。裏をとられたくない闘莉王はラインを深くとりがちなので、結果、取り得る戦術はガチガチに守備を固めたカウンター一択となる。中盤にアンカーを置くシステムであれば世界に通用するのは南アフリカW杯で証明されているので、代表に進化を求めるのならば、今はまだ呼ぶべきではない。

    のまさん2013/06/26 08:18に投稿

    4
    そう思う!
  • 守りのもろさはDFだけのせいではなかったと思う。
    そして、闘莉王の活躍の場はDFだけにとどまらない。FWだってボランチだっていい。
    ポジションにとらわれる必要はない。
    ただただ、現メンバーとの融合・新たな化学反応を見てみたい。

    ゲオル元・はぢさん2013/06/25 19:22に投稿

    4
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ