NumberEYESBACK NUMBER

ダービー馬キズナと武豊。
夢の続きは凱旋門賞へ。
~競馬人と血統が導いた復活劇~ 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/06/23 08:00

ダービー馬キズナと武豊。夢の続きは凱旋門賞へ。~競馬人と血統が導いた復活劇~<Number Web> photograph by AFLO

ウイニングランは満場の拍手とユタカコールに包まれた。

 今年のダービーのあと、東京競馬場は特別な幸福感に包まれていた。

 1番人気の勝利ではあったが、馬券を取り損ねた人も少なくはない。それでもみんなが納得した顔をしていた。レースを終えた馬が引き上げてくる検量室の混雑も久しぶりだった。ここしばらくは勝ち馬の関係者だけが熱を帯び、ほかは冷静にその光景を眺めるような雰囲気が多かったが、この日は誰が関係者なのかわからないほど、みな上気した顔をしていた。泣いている顔もあった。競馬界のシンボルとダービーが組み合わさって生まれる熱化学反応はさすがにすさまじかった。

 武豊に導かれてダービー馬に上り詰めたキズナは直前にGIを使わず出走してきた馬である。前例がないわけではないが珍しい。その馬が強い勝ち方をした皐月賞馬を押しのけて1番人気になる。強さへの期待と評価のほかに、そこには間違いなくファンの願望も含まれていた。だから、映画「七人の侍」の名せりふをもじっていえば、「勝ったのは馬ではなくファン」ということになるかもしれない。

振るわなかった代役・武豊をキズナ陣営は信頼し続けた。

 キズナはもともと佐藤哲三が騎乗していた。その佐藤が落馬、負傷したため、武豊が代役に立った。しかし、ラジオNIKKEI賞、弥生賞と人気を集めながら、ユタカは期待に応えられなかった。いまのユタカはGIで常に人気を集める馬に乗り、年間200勝もクリアするようなかつてのユタカではない。GIで騎乗馬がいないことも珍しくなく、騎手ランキングのベスト10にも入らなくなっている。2度つづけて期待を裏切った代役は、交代させられても不思議ではない。

 しかし、佐々木晶三調教師もオーナーのノースヒルズ前田幸治代表もユタカを騎乗させつづけた。前田オーナーはキズナの姉、ファレノプシスを桜花賞馬に導いたユタカの手腕を忘れなかったのだ。

 佐々木調教師は3月の弥生賞のあと、思い切って皐月賞を回避し、毎日杯、京都新聞杯という路線でダービーをめざす決断をした。相手は多少楽にはなるが、取りこぼせばダービーの出走がかなわない危険もある。ユタカに背水の陣を布かせたともいえる。その期待にダービーではみごとに応えて見せた。キズナの父はユタカと頂点を極めたディープインパクト。人と人、人と馬が幾重にも重なる縁(えにし)で結びつき、つかんだ勝利である。

【次ページ】 「ぼくは帰って来ました」に込められた自負と真情。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
武豊
キズナ
凱旋門賞

ページトップ