Sports Graphic Number PLUSBACK NUMBER

<独占ロングインタビュー> 松井秀喜 「僕が最後まで大切にしたこと」 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/06/20 06:02

幸福な野球人生でした――。東京ドームでの引退式から4週間後、
今も暮らすニューヨークで、松井秀喜は何度もそう繰り返した。
伝説の5敬遠に始まり、日本一の打者に成長してメジャーに旅立った。
苦闘の末、念願の世界一とMVPに輝き、半年前に幕を引いた野球人生。
その真実とこれからを、2時間半に渡って、真摯に語り尽くした。

本日発売のNumber PLUS「完全保存版 松井秀喜」より、昨年末の
引退発表後、雑誌メディアでは初となるロングインタビューを特別に
一部公開します。

 2012年12月28日(米国時間27日)、松井秀喜は20年間の現役生活に終止符を打ち、バットを置くことを発表した。

「僕のいいプレーを期待してくれている方々に、本当に(命懸けのプレーを)お見せできるかどうか疑問だった」

 涙もなく、淡々と言い切った引退会見での言葉。しかし、むしろその乾いた言葉の中にこそ、日米で20年間、常にチームの中心選手として活躍してきた松井の矜持と、最後の決断の重さが込められているように思えた。

 今回の2時間半に渡るロングインタビューの目的は、その20年間で野球人・松井秀喜が追い求めた野球の真実に迫ることだった。話はまず、引退を決意した時の、本当の気持ちを聞くことから始まった。

松井秀喜 Hideki Matsui
1974年6月12日、石川県能美郡根上町(現能美市)生まれ。星稜高時代、甲子園4回出場、通算60本塁打。5連続敬遠の翌'93年、ドラフト1位で巨人入団。日本一は3度経験。'03年、ヤンキースにFA移籍。'09年、世界一とシリーズMVPに輝く。以後、3球団を渡り歩き、'12年、現役引退。

――引退を具体的に考え始めたのは?

「徐々にですね。レイズを解雇されて('12年8月)、ニューヨークに戻ってきた当初は『少しずつ来年の準備をしようかな』ぐらいの気持ちだったんです。それがだんだん『どうなんだろうな』という気持ちになってきて……」

――レイズでの最後の姿が、きっかけになった?

「姿というよりも、結果ですね」

――衰えを実感したことは?

「練習では、最後までありませんでした。でも、試合になると、ちょっとずつ今までと違う部分が出てきていました。一番感じたのは、甘いボールを打ち損じる打席が増えたことです。アスレチックスの年の最後は打率も2割5分ぐらいまで落ちて、初めて自分で自分の成績がちょっと恥ずかしいと思いました。その頃の自分は基本DHの選手でしたので、DHでこの成績はないなと思ったんです」

――2012年は所属が決まらず開幕後も自主トレを続けながら契約先を探しました。その時もまだ辞めるという考えはなかった?

「思わなかったですね。そういう状況でもプラスに考えてやろうとしていましたし、ひざの状態もようやくちょっと良くなってきてたんで、もう一回、勝負したいという気持ちでした。不思議と、どこかから声がかかるような気もしてたから、悲壮感はありませんでした」

<次ページへ続く>

【次ページ】 最後にオレ、ジーターにとどめ刺された気が……(笑)。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ