W杯出場決定! 日本代表の“ベストメンバー”、あえて変えるなら?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 6月4日に行われたサッカーW杯最終予選で、オーストラリア相手に引き分けW杯本大会出場を決めた日本代表。勝つことはできなかったものの、今・・・続きを表示

●ゴールキーパー (川島永嗣)
●センターバック (今野泰幸、吉田麻也)
●サイドバック (内田篤人、長友佑都)
●ボランチ (遠藤保仁、長谷部誠)
●2列目 (岡崎慎司、香川真司、本田圭佑)
●1トップ (前田遼一)

1-10件を表示 / 全83

すべて| ゴールキーパー| センターバック| サイドバック| ボランチ| 2列目| 1トップ|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 交代はザッケローニでしょう。昨日の試合をみれば一目瞭然。メディアのザックジャパンという言い方も止めてもらいたい。あえていうならホンダジャパンだ。
    3-4-3を試すのもいいでしょう。人選もあなたの自由だ。ただ、試合が始まってからのマネージメントがあまりにもお粗末。素人の私がみてもわかる。日本サッカー協会は違約金を払ってでも更迭すべきでは??

    BOTANさん2013/06/05 22:24に投稿

    16
    そう思う!
  • 走力が世界と渡り合うには圧倒的に不足している。最低でもどちらかは高橋秀人に帰るべきだ。
    更にミドルシュートの制度も低い。オーストラリア戦では、遠藤選手のミドルは惜しかったと言えるが、長谷部選手のフリーのシュートで完全に枠を外しているようでは問題である。
    W杯予選でも他国の選手のミドルシュートの精度には及ばない。パスワークで最後の部分が崩せないのは、ミドルシュートの驚異が日本には足らないからではないだろうか。

    taketake38さん2013/06/05 20:16に投稿

    14
    そう思う!
  • あえて言うならば、やはり世界と戦うなら、高さが必要。田中でしょう!闘莉王でしょう!!!
    ザック使った方がいいよ。今野好きだよね。
    コンフェデなんかで伊野破なんかより田中をマルクスを試して欲しかったね。

    TORONCOさん2013/06/05 20:26に投稿

    11
    そう思う!
  • 現在30代の選手のうちの3選手を交代します。
    ・遠藤→柴崎
    【理由】
    体力的、技術的にしんどくなってきている遠藤選手の代役として、柴崎選手に期待します。2014年で22歳になる柴崎選手は経験不足だと言われるかもしれませんが、向上心のある若い選手は十分に活躍できるはずです。

    ・川島→権田
    【理由】
    スーパープレーを見せる反面、他のGKがしないミスをする川島選手を若い権田選手に交代します。権田選手は比較的万能型GKなので、安定したセーブを見せてくれるでしょう。

    ・前田→大迫
    【理由】
    今シーズンパフォーマンスが上がっていない前田選手に代わるのは大迫選手です。二列目のスターを生かすのは、前田選手同様、ポストプレーができる大迫選手だと思います。

    2018年のW杯の予選を余裕で勝ち抜くことも見据え、積極的に若手を試してほしいです。そのためにも、人材発掘を得意とする岡田監督に戻すべきです。

    zumistaさん2013/06/07 18:27に投稿

    10
    そう思う!
  • 前田はピーク過ぎたのでは。

    既に選ばれているハーフナーマイクの他、豊田陽平(鳥栖)、渡辺千真(FC東京)などの起用を。
    こういう議論の際にいつも話題に上がる佐藤寿人(広島)もありだが、世界で戦うには体格面で厳しいかと。
    むしろベルギーにいる指宿洋史とか試しに見てみたい。

    やはり1トップは得点力の他、ポストプレーのできる体の強さが欲しい。
    そういう意味では、本田1トップで香川トップ下へのポジションチェンジも結構現実的な選択だと思う。

    tomoさん2013/06/05 19:45に投稿

    10
    そう思う!
  • 過去の歴代日本代表のW杯での成績と、その時のメンバーとの相関を考えてほしい。
    1998。カズと北澤は外れたものの、それまで日本代表を背負い続けてきた、当時の「最強布陣」で臨んで1勝も出来ず。
    2002。中田以外はほとんどトルシエによって新しく見いだされた新しい選手にメンバーが入れ替わりベスト16の快進撃。
    2006。メンバーはほぼトルシエ時代を踏襲。スタメンも固定化。選手個々の経験値がさらに上がって「史上最強」とか言われたが、実は連続出場選手の慢心と劣化が起きていた。1分け2敗という惨状。
    2010。オシムと岡田によってまたメンバーを一新。戦術がどうのこうのと言われたが、結局この新しいメンバーによってベスト16の快進撃。
    そして2014・・・2006と同じでメンバーもほぼ前回踏襲。特に慢心と劣化が遠藤・長谷部に顕著。

    危機的状況である。ボランチは一刻も早く高橋と細貝に替えろ。



    ねけばさん2013/06/05 20:30に投稿

    9
    そう思う!
  • 田中マルクス闘莉王 (長谷部に変えて)
    ディフェンス力とオフェンス力の両方の強化、
    チームを引っ張るキャプテンシーを表に出して選手を鼓舞できるメンタルの強さ
    もうひとつの母国であるブラジルで闘うことが出来るモチベーションの高さ
    異国の環境におけるチームに対するアドバイス

    CBとしてはスピードのなさが世界の強国にはリスクとなるが、ボランチにはポジショニングと判断力が高ければスピードは必須の要素ではない。

    bassaさん2013/06/06 11:02に投稿

    8
    そう思う!
  • 「徐々に」という条件付きで、遠藤→柴崎、長谷部→山口蛍を使ってほしい。
    現状でベストは遠藤・長谷部だと思うが、2人とも今季はコンディションが安定していない。

    本人たちがベンチを了承するなら、サブとして中村俊・闘莉王もアリ。
    ヤット並の精度は、中村しかいないし、ハーフナーや伊野波よりは攻守ともに闘莉王!

    あと一番はザック×。固定しすぎるしそもそも勝負師じゃない。
    オシム信者ではないが、好きな監督だったので少し比較を。
    オシムはJで結果を出している選手を積極的に起用したり、コンディションを見極めながら段階的にメンバーを発表するなど、選手とクラブへの配慮を忘れず、ワクワクさせられたし、日本人のサッカーIQも鍛えられたように思う。
    まだまだ日本はサッカー後進国。W杯までまだ1年ある。
    「W杯のための準備」ではなく、「日本サッカーの進化」まで考えられる監督であってほしいと思う。

    頭の中まで無回転さん2013/06/06 18:44に投稿

    8
    そう思う!
  • 昨日も結局勝ちきれず、オーストラリアと引き分けましたが、未だ解消されないザックジャパンの弱点、決定力不足解消にはFWを変えるしかないと思います。伸び盛りの若手、柿谷曜一朗を呼んで欲しいと思います。セレッソで香川、清武、乾とプレーした経験のある彼なら、今の代表に入っても連係にも不安はなし。東アジア選手権でゼヒ試して欲しいですね。

    みみさん2013/06/06 01:01に投稿

    8
    そう思う!
  • 迷いますね。
    まず1トップは前田以外にも試してほしい。豊田、大迫、渡辺、指宿、森本、佐藤、柿谷など。
    2列目は組み合わせ次第。CBはトゥーリオを入れるべき。

    でも一番試してほしい、進化して欲しいポジションは、ボランチ!遠藤が怪我したらどうする?長谷部の場合は細貝、高橋で変われるが、ゲームの流れを読めるプレーヤーはなかなかいない。進化のためにも遠藤のバックアップを探したい。個人的には賛否が出そうだが、代表引退したけど中村俊輔。今シーズンは切れてるし、遠藤のようにゲームを読めるから。進化とは言わないかもしれないが、豊富なアタッカー陣を操れる数少ない選手だと思う。柴崎も試したいが、あと一年では難しいかな。

    あと選択肢にないが、監督かな?恐らく今のメンバーは変えないでしょう。変えるほどザックの中でオプションがあるとは思えない。チームの進化には指揮官変更もありかと。今は本田監督のようなので。

    たったこさん2013/06/06 00:07に投稿

    7
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ