プレミアリーグの時間BACK NUMBER

「個の力が勝敗を分けた」シーズン。
プレミア'12-'13ベスト11、堂々発表! 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/06/04 10:31

「個の力が勝敗を分けた」シーズン。プレミア'12-'13ベスト11、堂々発表!<Number Web> photograph by Getty Images

第34節チェルシー戦で65分に相手DFイバノビッチに噛み付いた後、終了間際に劇的同点ゴールを決めたスアレス。

「個人のクオリティが勝敗を分けた」とは、5月27日のチャンピオンシップ(イングランド2部)・プレーオフ決勝で敗れたワトフォードの監督、ジャンフランコ・ゾラの発言。

 この、かつての名手率いるクラブは、クリスタル・パレスFCのMFウィルフレッド・ザハが奪ったPKで均衡を破られプレミアリーグ昇格を逃したのだ。得意のドリブル突破でカウンター攻撃を先導したザハは、来季からマンチェスター・ユナイテッドのユニフォームを着ることが決まっている、20歳の逸材だ。

 そこで今回は、そのマンUが断トツ優勝を決めた2012-13シーズンを、「個の力」に注目して振り返ってみたい。今季ベスト11には、プレミアでも主流になった4-2-3-1で並んでもらう。

 優勝争いの決め手は、一般的にマンUのロビン・ファンペルシだったと言われる。

 たしかに、マンUの新エースは、リーグ得点王となってチームを牽引した。優勝を決めた第34節アストン・ビラ戦(3-0)でのハットトリックが貢献度の高さの象徴だ。

ファンペルシに引けを取らない、スアレスの得点能力。

 しかし、一大得点源としては、ルイス・スアレスも引けをとらない。

 周囲のサポート力がマンUのレベルにはない7位のリバプールで、1月末のフィリペ・コウチーニョというMFの即戦力加入を待たずに、昨季を上回る得点を上げていた。第34節チェルシー戦(2-2)、終了間際の同点ゴールで23に伸びた得点数は、同節で相手DFに噛みついて10試合の出場停止処分を受けていなければ、ファンペルシの26を超えていた可能性もある。

 そこで、1トップの座はスアレスに与え、ファンペルシにはベストゴール賞を授けたい。

 アストン・ビラ戦での2点目、ウェイン・ルーニーの60mパスを捉えた左足ボレーは最高水準の美技。「ウェインのパスが美しすぎて、そのまま打つしかないと思った」という、後日談も秀逸だった。

マタの正確無比なアシストを「劣等品」とは呼ばせない。

 2列目トリオの中央はフアン・マタだ。

 移籍2年目のスペイン人プレーメイカーは、代表戦を含めれば75試合もこなしたシーズンに、ハイレベルのパフォーマンスを維持した。

 1年目には、昨季プレミアのアシスト王で、母国代表でポジションを争うダビド・シルバの「劣等品」と対戦相手のファンに野次られたが、今季の12ゴール12アシストは、マンチェスター・シティMFの4ゴール8アシストを上回る。シルバの低調がマンCのリーグ王座防衛失敗の一因となった9カ月間で、マタは、得点数を昨季から倍増させ、リーグの新アシスト王となって「高級感」をアピールし、前半戦にして監督交代を見たチームを3位に導いた。

【次ページ】 トッテナムに君臨した「ワンマン」ベイルの超絶個人技。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ウィルフレッド・ザハ
ロビン・ファンペルシ
ルイス・スアレス
フェリペ・コウチーニョ
ウェイン・ルーニー
フアン・マタ
ダビド・シルバ
トッテナム
マンチェスター・シティ
マンチェスター・ユナイテッド
アーセナル
ギャレス・ベイル
サンティ・カソルラ
マルアヌ・フェライニ
モルガン・シュネイデルラン
パブロ・サバレタ
アシュリー・ウィリアムズ
ラファエウ
エバートン
サウサンプトン
マウリシオ・ポチェッティーノ
スウォンジー
アスミル・ベゴビッチ
ストーク
チェルシー
ミカエル・ラウドルップ
ブレンダン・ロジャーズ
アレックス・ファーガソン
ヤン・ベルトンゲン

ページトップ