コンフェデ杯通信BACK NUMBER

【コンフェデ2013 出場国解説】
守護神はカシージャスかバルデスか?
悩ましくも豪華な“世界王者”スペイン。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/06/06 10:30

【コンフェデ2013 出場国解説】守護神はカシージャスかバルデスか?悩ましくも豪華な“世界王者”スペイン。<Number Web> photograph by AFLO

EURO2012の決勝イタリア戦でも、再三の好セーブを見せ優勝に貢献したイケル・カシージャス(写真中央)。絶対的守護神は、ブラジルの地で再びスペインのゴール前に立ちはだかるのだろうか。

Number Webでは、コンフェデレーションズカップ開幕に先立って、
出場全8カ国の解説コラムを毎日公開していきます。
今回は、この1年、14勝4分けと圧倒的な戦績を残しているスペイン。
だが、タレントが揃う“無敵艦隊”にも一つだけ懸念があった――。
地域 前回W杯優勝国
('10年南アフリカW杯優勝)
出場回数 2大会連続2回目
監督 ビセンテ・デルボスケ
FIFAランキング 1位(5月9日現在)

 「時代はリーガからブンデスへと移った!」

 今季のチャンピオンズリーグでバルセロナがバイエルンに、レアル・マドリーがドルトムントに敗れ去ったことで、まことしやかに囁かれるこの言葉。EURO'08から'10年W杯、そしてEURO'12と3大会連続で国際大会制覇を果たしたスペイン時代の“終わりの始まり”を期待しているかのようだ。

 それでもデルボスケ監督率いる“無敵艦隊”スペイン代表は、力強い航海を続けている。

 ブラジルW杯欧州予選・グループIではフランスとの一騎打ちとなっているが、最大のライバルとの対戦を1勝1分けで切り抜けて首位をキープしている。また2月6日に行われた親善試合では、コンフェデで初戦の相手となるウルグアイと激突し、セスクの先制ゴールとペドロの2得点で3-1と勝利。前哨戦で貫禄を見せつけた。スペインのここ1年間の成績は14勝4分けと圧倒的な戦績を残していることから、まだまだ世界のトップに君臨していると言えるだろう。

 シャビやピケ、イニエスタらバルセロナの中心メンバーをそのまま移行してポゼッションを高めるスタイルは、もはやお馴染み。そこにセルヒオ・ラモスやアルバロ・アルベロアらのレアル・マドリー勢、そしてマタやダビド・シルバ、今季のバイエルンの3冠を支えたハビエル・マルティネスら“海外組”をミックスさせた陣容は、所属するグループBではもちろん、出場全8カ国中随一だ。

GKは大舞台に強いカシージャスか、ビルドアップに勝るバルデスか。

 ただ一つ、懸念点があるとするならGKの選択だろうか。それはデルボスケ監督の古巣、レアル・マドリーで起きたカシージャスの不遇に端を発する。

 今年1月に行われたコパ・デル・レイで左手第一中手骨を骨折して戦線離脱したカシージャス。その間にモウリーニョ監督はディエゴ・ロペスを緊急補強する。以前から指揮官との確執が続いていた絶対的な守護神は、ケガから復帰して以降もベンチを暖める日が続いた。

 カシージャスの離脱中にスペイン代表正GKの座をつかんだのは、バルセロナのビクトル・バルデス。安定感では劣るものの、所属クラブで鍛えたビルドアップ能力はカシージャスを上回る。

 しかしクラブだけでなく代表でも主将を務めるカシージャスは、EURO'08イタリア戦でのPK戦や'10年W杯決勝でビッグセーブを連発したように、大舞台での強さを持っている。そして今回はスペインの最終ラインを統率し続けた“闘将”プジョルが選出外となったため、精神的支柱としても存在感は大きいはずだ。

 試合勘という不安要素があってもカシージャスを定位置に据えるのか、それとも“バルサ・スタイル”に慣れているビクトル・バルデスをそのまま起用するのか――。

 6月16日、レシフェで行われるウルグアイとの初戦で答えが出る。


スペイン   ウルグアイ   ナイジェリア   タヒチ

関連コラム

関連キーワード
ビセンテ・デルボスケ
ジェラール・ピケ
セルヒオ・ラモス
アルバロ・アルベロア
フアン・マタ
ダビド・シルバ
ハビエル・マルティネス
イケル・カシージャス
ディエゴ・ロペス
ビクトル・バルデス
シャビ・エルナンデス

ページトップ