バルセロナに移籍のネイマール、メッシとの共存は可能か?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 サッカーのブラジル代表FWネイマールがブラジルのサントスからリーガ・エスパニョーラのバルセロナに移籍することが発表されました。  ネ・・・続きを表示

●共存できる  ●共存できない

1-10件を表示 / 全32

すべて| 共存できる| 共存できない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 条件付で可能。

    その条件とは、メッシかネイマールのいずれかが王様でなくなること。

    現在のバルサにおいてメッシは治外法権。
    チームの持ち味である前線からの激しいプレスも、必要最小限しかせずゴールを奪うという自分の仕事に備えた威力を温存している。

    当然のことながら、他の10名が彼の分も負担するわけですが、果たしてネイマールが兵隊になりきれるのか?というテーマがありますね。


    しかし、最大の問題点はポジション争いかもしれません。

    来シーズン以降、イニエスタが左サイドを主戦場にした場合は非常に困難な時期が待っているでしょう。

    テージョ、ビジャ、ペドロという名手達とのポジション争いですから・・・、メッシとの相性以上に高い壁かもしれませんね。

    わ、渉です!!さん2013/05/28 18:13に投稿

    8
    そう思う!
  • ネイマールを獲ったからには、できるできないという問題ではなく、共存するようにチームを作るべきだと思ってます。
    2人ともスーパーな選手であることは疑いのないことですし、2人だけで感覚を共有できるようになれば、それこそアンストッパブルな存在になることは間違いないと思うんですが・・・
    まぁ、それより何より、欧州最高の選手とブラジルの至宝がハーモニーを奏でるなんて、夢があるじゃないですか!
    願わくば2人を輝かせるための献身的なCFがいれば・・・ロッベリーを生かしたマンジュキッチ的な・・・非現実てきですが、エトオがいればなぁ・・・

    りうさん2013/05/28 20:53に投稿

    4
    そう思う!
  • 現時点でメッシとネイマールのどちらを優先するかは
    わかりきったことで、そうなるとネイマールはウイング起用で
    システムにはめ込んで意地でも共存させるんじゃないかな。
    今期みたいにメッシが怪我したときの代役も
    兼ねてほしいということもあるとは思うけど。

    とはいえ問題もあって、現在のバルサのウイングはそんなに
    シュートをうたない。切り込んでのプルバックか、現監督になって
    解禁された普通にクロスをするかくらいなのだが、
    ネイマールはシュートを打ちたいだろうなと。
    ロッベンみたいに中に切れ込んでシュートとか許されるのかな?
    自分の哲学でサッカーしてるのかわからない
    今の監督がどう判断するか楽しみです。

    ktさん2013/05/29 01:51に投稿

    4
    そう思う!
  •  あれだけの選手同士なので、うまくやれるのではないか。ネイマールがどれだけエゴを押さえ、組織としてのプレーができるかがカギかと。メッシはそこまでエゴは表に出ないように思うので。
     あと、メッシ、ネイマール以外の選手たち(イニエスタ、ペドロ、セスク・・・)とのバランスかと。
     ビラノバがどうコントロールするかでしょう。

     基本的にこのコンビは観たいので、ぜひ共存させてほしい。

    たったこさん2013/05/29 12:39に投稿

    4
    そう思う!
  • 最近のビッククラブにおいて重要視されるのは[discipline](規律)。近年ブラジル選手がヨーロッパで減少している要因の一つになってます。ネイマールはこれまでサントスでは【王様】扱いされ、【規律】とは無縁のプレーをしてきている。髪型や風貌もフットボーラーとは思えない。バルサは過去にもロナウジーニョのように最終的に規律を重んじれないプレイヤーを放出して来た。クラブの規律や序列を理解できるのか?そしてバルサの『王様』はメッシ。ネイマールが【脇役】の地位に甘んじる事を受け容れるのか?

    goroさん2013/05/28 20:29に投稿

    3
    そう思う!
  • この2人と共に前線に入って最も機能しそうなのは、流動的にポジションを取れるビジャであるが、ビラノバが今更ビジャを使うのかという気はする。
    単にメッシとのコンビネーションという観点からすれば、組織的なプレッシングやパスワークに慣れるのに時間が必要かもしれないが、イニエスタも合わせて3人も独力で違いを作れる選手がいるのは恐ろしい。

    バルセロナの抱える最大の問題はシャビの後継者が未だに定まっていないことであり、ここにセスクなりチアゴなりを当て嵌めたシステムを開発していかなければ、チームとして滞ってしまう気がします。
    ネイマールも現状では十分に機能するとは考えにくいので、ここ1、2年の間にネイマールを指導し、ポストシャビに向けての道筋を立てたい状況であり、ビラノバにそれだけの能力があるかは疑問です。

    rogerさん2013/05/29 01:57に投稿

    3
    そう思う!
  • 共存は出来ると思う。あの辺のトップレベルの選手が集まれば、うまくはいくだろう。イメージ的にバルセロナはパス中心で組み立てていて、シャビやイニエスタから攻撃のスイッチが入ってるように感じる。ここ最近では、メッシと誰かのワン・ツーやドリブルでスイッチが入って得点を生み出している。まさに、メッシ中心のスタイルである。しかし、ここで、個や技の力が強いネイマールが入ることによってメッシだけにマークがよることが減ると思う。ネイマールもどちらかといえばドリブルで仕掛けることが多い選手なので、メッシとネイマールが両サイドから仕掛ければメッシ中心にはならないだろう。今年、CLを優勝したバイエルンのようなロッペン、リベリのような2枚看板のようになっていけば、共存することは可能だと思う。

    ヴァルハイドさん2013/05/29 14:11に投稿

    3
    そう思う!
  • ネイマール自身がメッシを活かそうという意識を持っている。
    しかし、メッシもネイマールを活かそうとしないと意味がない。
    よって「共存できる」ではなく「共存しなければならない」。

    ひでさん2013/05/31 13:41に投稿

    3
    そう思う!
  • クライフが正しい。

    最初は上手くいくかもしれないが、シーズン中盤にはネイマールも我儘プレーが増えそう。
    (向上心があり、野心があり、1番になる実力もある選手が2番手で満足出来るとは思えない)
    で、シーズン終了後にネイマールがレアルに移籍しそう。

    どっちにしてもメッシのコンディションが良かったらメッシ依存やし、
    メッシのコンディションが悪かったらネイマール依存になるだけ。
    リーガならそれでも勝てるし、優勝も出来るかもしれん。
    けど分裂したチームがCLで優勝出来るとは思えない。

    ミラノバが、どれだけ選手をコントロール出来るかが鍵になりそう。

    rooneyさん2013/06/09 22:33に投稿

    2
    そう思う!
  • 共存できる

    チャンピオンズリーグを製したバイエルンの
    ロッベンとリベリーよりは良いでしょう。
    以上

    JOEさん2013/05/28 23:55に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ