Jリーグ、一番“面白いサッカー”をしているのは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 Jリーグ(J1)もシーズンを折り返し後半戦に突入しました。上位では、4連覇を狙う鹿島からJ1に昇格したばかりのC大阪まで、様々なカラーを持つチームが優勝争いを演じています。

  ワールドカップでスペインが優勝し、ただ強いだけでなく観て面白いサッカーが見直されつつありますが、J1上位6チーム(8月16日現在)のなかで、もっとも観て面白いサッカーをしているのはどのチームでしょうか?

・名古屋グランパス
・清水エスパルス
・鹿島アントラーズ
・川崎フロンターレ
・セレッソ大阪
・ガンバ大阪
・その他

1-10件を表示 / 全42

すべて| 名古屋グランパス| 清水エスパルス| 鹿島アントラーズ| 川崎フロンターレ| セレッソ大阪| ガンバ大阪| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 「今、面白いサッカーをしているチームは!?」と聞かれたら、僕は大のガンバファンですが、ココはシビアに考えた結果、セレッソ大阪を挙げたいと思います。
    香川というクラック(少し言い過ぎかも)が抜けたのに、乾、清武、家長といったドリブラーがいい味を出していると思います。あえていうのであれば、もっと彼らをいかせるストライカーがいれば、今以上に面白いサッカーをしてくれるはず。それ以上に、東京を首になった茂庭にはぜひともカンバック賞を挙げたいものですね♪
    家長、とにかく帰ってきて~!!

    マグパイズさん2010/08/19 18:45に投稿

    15
    そう思う!
  • 小野が加入して確実にボールが落ち着くようになった。
    小野を中心にした前の3トップは見ていてワクワクする。

    DFを含めてもっと連動していけば素晴らしいサッカーになる、と思うので期待値も込めて投入しました。
    個人的には藤本選手に期待。

    tacloさん2010/08/19 12:42に投稿

    10
    そう思う!
  • アルビレックス。主力が流出したわりに、いいサッカーしてる。

    krさん2010/08/19 13:14に投稿

    8
    そう思う!
  • 毎年布陣をコロコロ変える傾向ですが、今年はチーム立ち上げからフォーメーションがハマり絶好調。
    サイドに岡崎、藤本を利き足と逆サイドに置いたのがキモでしょうか。
    得点力イマイチの傾向がすっかり攻撃力が特長になりました。
    守備面ではアンカーの本田拓也選手が効いてます。是非代表に。
    あとは2列目がもう少し得点を取れれば言うことなし。小野選手のゴールを見たい。

    ひいさん2010/08/19 13:31に投稿

    8
    そう思う!
  • 小野選手の加入で、試合にテンポが出てきているように感じます。
    テンポが出ることによって、オレンジ色のユニフォームが躍動して、ピッチ上が奇麗に見えます。

    赤い彗星さん2010/08/19 13:06に投稿

    7
    そう思う!
  • 大勝を繰り返す
    と思いきや
    大敗を繰り返す
    事もある。
    決定力有り過ぎて困る
    と思いきや
    決定力無さ過ぎて困る
    事もある。

    いてまえガンバ
    大好きです。

    ハイセイコーさん2010/08/19 22:57に投稿

    7
    そう思う!
  • バックパスが少なく確実に前に前にとボールを運ぶ。
    川島移籍で手薄になったGKの経験不足な相澤を助ける選手一丸となった献身的な守備も光る。相変わらずエンジンがかかるのがやや遅いがハマった時の破壊力はJ屈指。

    kashisutaさん2010/08/19 12:29に投稿

    7
    そう思う!
  • パスサッカーで、超攻撃的なところ

    ゆきさん2010/08/19 12:51に投稿

    6
    そう思う!
  • サンフレッチェ広島。
    J屈指のパスサッカーは見事のひと言。

    naoki6015さん2010/08/19 18:38に投稿

    6
    そう思う!
  • クルピ監督の下、乾などの若い攻撃の選手による小気味良い攻撃的なサッカーが魅力を感じる。
    フロンターレは以前は攻撃的な面白いサッカーをしていたが、優勝したことないので、優勝を意識すると一段と硬さが出て闘志が空回りして、勝ち切れない面白みのないサッカーに終始する点がいただけない。

    とどさん2010/08/24 11:35に投稿

    6
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ