欧州サムライ戦記BACK NUMBER

シャルケ・内田篤人がCL出場権獲得。
怪我多き1年の終わりに見せた安堵。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/05/20 12:25

シャルケ・内田篤人がCL出場権獲得。怪我多き1年の終わりに見せた安堵。<Number Web> photograph by AFLO

試合後、シャルケサポーターのもとへと挨拶に訪れた内田篤人。今季は怪我に苦しみながらも昨季を上回る24試合に出場した。

 試合終了の笛が鳴ると、内田篤人はガッツポーズをする訳でもなくピッチに座り込み、やがて体を倒してあおむけに寝て空を見上げている。派手に喜ぶわけではなく、安堵している。ほどなく上体を起こして、乳酸の溜まった足を伸ばした。

 近くにいた選手と何か言葉を交わすと、きびすを返してゴールマウスのほうへ。DFラインの選手のなかで誰よりも早くゴールキーパーの選手をねぎらう、内田のいつもの振る舞いだ。GKヒルデブラントとハグをした。

 ブンデスリーガ最終節、フライブルクとの試合を2-1の勝利で終えた内田からは、喜びよりもホッとした表情が窺えた。

シャルケにとって、CLに出るか出ないかは死活問題。

「シャルケは、チャンピオンズリーグ(CL)に出ないといけない」

 試合前にそう話したのは、シャルケの関係者ではない。ドイツ代表のレーブ監督である。

 5月18日に行なわれた4位シャルケと5位フライブルクの試合は、CLへの最後のイスをめぐる直接対決だった。正確には、“CLプレーオフラウンド出場権”が得られる4位の座をかけた一戦だ。5位のチームは、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることになる。

 この試合で引き分けなら、他会場の結果次第とはいえ、かなりの確率でシャルケが4位となる。どちらかがこの試合に勝てば、文句なしでそのチームの4位が確定する。

 CLに出られるのか、ELに回るのか。2つの大会に出ることで得られる収入の差は大きく、放映権料や準備金などで最低でも収入には1500万ユーロの開きがある。所属する選手たちの総年俸は、フライブルクは約1600万ユーロだが、シャルケのそれは約7000万ユーロにのぼる。シャルケにとって、CLに出るか出ないかは死活問題なのだ。

フライブルクのシュトライヒ監督が漏らしていた不安。

 対するフライブルクは少し異なった立場にあった。シーズン終了を目前にひかえた4月、デュフナーSD(スポーツディレクター)がハノーファーへと移籍してしまったのだ。

 これは、選手たちの去就に大きな影響をもたらした。最終節は出場停止だったカリギウリはすでに来季ヴォルフスブルクへ移籍することを決めているし、先発メンバーに名を連ねたクルゼは来季からボルシアMGで、ローゼンタルはフランクフルトでプレーすることが発表されている。途中出場を果たしたフルムもまた、フランクフルトへ移籍することになっていた。

 試合前にシュトライヒ監督はこんな不安を漏らしている。

「来季、CLに出ることになれば(補強策なども含めてチーム内が混乱し)、ひょっとしたら2部に落ちてしまうかもしれない」

 レーブ監督がシャルケのCL出場を義務だとしたのは、ドラクスラーやヘベデスなどのドイツ代表選手にさらなる経験を積んで欲しいからだろう。さらに、フライブルクの状況を考えれば、たとえこれがアウェイゲームといえども、シャルケは負けてはいけなかったのだ。

【次ページ】 シャルケは押し込まれながら反撃の機会を窺う。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
シャルケ
内田篤人
ヨアヒム・レーブ
フライブルク

ページトップ