野球クロスロードBACK NUMBER

本調子でない自分をマネジメントする。
巨人・杉内俊哉の“俯瞰する力”。  

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/05/15 11:45

本調子でない自分をマネジメントする。巨人・杉内俊哉の“俯瞰する力”。 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨季は、交流戦の楽天との試合において9回2死で四球を与え完全試合を逃し、ノーヒットノーランとなっている杉内。交流戦通算最多勝記録の更新にも期待がかかる。

 5月12日(日本時間13日)のロイヤルズvs.ヤンキース戦。ヤンキースの黒田博樹が「わずか1球」の判定を巡り、珍しくグラウンド上で怒りを露わにした。

 事の発端は8回2死。アレックス・ゴードンへの3球目、真ん中のツーシームを球審にボールと判定されたことに始まる。

 ゴードンに二塁打を許したところでマウンドを降り、ベンチへ戻る際に球審は、黒田に対し不用意にもこう言い放ったそうだ。

「その1球だけだろ」

 この安易なひと言が彼の逆鱗に触れた。

「どんな気持ちで8回まで投げたか。その1球を投げるためにたくさんの調整をして、色んなデータをとって投げているので、それを軽く言われるというのはちょっと……」と、黒田は球審に対する不信感を隠そうとはしなかったという。

 8回途中2失点で黒田は勝ち星を手にした。ただ、もしかしたら、あの1球が敗北へのきっかけとなっていたかもしれない。だからこそ、黒田にははっきりと自分の意志を伝える必要があったのだ。

交流戦開幕戦、先発の役割を十分果たしていた杉内だったが……。

 プロ野球の世界に「微妙な判定」はつきもの。交流戦が開幕した5月14日の巨人対ロッテの一戦でもそんなシーンがあった。

 杉内俊哉の場合は「わずか2球」。

 初回から得点圏に走者を置くなど、本調子の投球をしていたわけではない。それでも、5回までロッテ打線を無失点に抑えていた杉内は、先発の役割を十分に果たしていたといえる。

 リズムが狂ったのは6回だった。

 1死二、三塁から7番・加藤翔平の打ち取ったはずのピッチャーゴロが、三本間の連係ミスによって失点につながったところまでは仕方ない。悔いが残るとすれば、2死満塁での1番・根元俊一の打席だろう。

【次ページ】 絶妙に制球されたスライダーだったが、ボールの判定。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
杉内俊哉
黒田博樹
山口鉄也

ページトップ