平成以降、あなたの心に残る日本ダービーは?

集計グラフを閉じる

 5月26日、日本競馬界最大の祭典である第80回日本ダービーが東京競馬場で開催されます。  競走馬にとって一生に一度しか出られないクラ・・・続きを表示

●トウカイテイオー、ルドルフとの父子制覇('91年)
●ミホノブルボンの逃げ切り二冠('92年)
●ウイニングチケット、柴田政人のダービー初制覇('93年)
●ナリタブライアンの大外一気('94年)
●スペシャルウィーク、武豊のダービー初制覇('98年)
●キングカメハメハ、史上初の変則二冠('04年)
●ディープインパクト、史上6頭目の無敗二冠('05年)
●ウオッカ、戦後初の牝馬の制覇('07年)
●オルフェーヴル、雨中の激走('11年)
●その他

1-10件を表示 / 全47

すべて| トウカイテイオー| ミホノブルボン| ウイニングチケット| ナリタブライアン| スペシャルウィーク| キングカメハメハ| ディープインパクト| ウオッカ| オルフェーヴル| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • ウオッカは確かに歴代最強馬ではないかもしれませんが、ダービーを観ていての衝撃度は一番でした。
    レース前に、ウオッカが勝つ確率はゼロではないだろうとは思っていましたが、まさか本当に勝つとは…。
    しかも最後の直線ぶっちぎりで、一頭だけ抜けて来た時には、
    家族にどうしたの?と聞かれるくらい大きな声で『え~っ!!!』と叫んでいました。
    そつのないレースをする同期のダイワスカーレットにくらべると、安定性では欠けていましたが、
    根幹距離の1600、2000、2400の古馬GIを制覇したのはこの馬だけのように、
    勝ちっぷりが記憶に残るという意味では、忘れられない馬です。

    スカイスクレイパーさん2013/05/15 00:08に投稿

    12
    そう思う!
  • 大観衆の歓声を悲鳴に変えた馬、サニーブライアンが一番心に残っています。
    大西騎手や馬主・調教師にまつわる様々なエピソードや、フロック視されていた状況をあえて利用するためのパフォーマンス、「一番人気はいらない、一着が欲しい」などの名言、完璧なレースペースなど、全ての事象がサニーブライアンと大西騎手にダービーを勝たせるために存在していたのではないかと思ってしまいます。

    今レース映像を見ても、最後の直線半ばでサニーブライアンが後続を突き放した瞬間には鳥肌が立ちます。
    「これはもう、フロックでも、なんでもない!二冠達成!!」

    余談ですが、サニーブライアンの能力の高さは疑いようの無いものでした。トウカイテイオーが顕彰馬になっていて、同様のタイムでダービーを逃げ切った二冠馬は顕彰馬になっていないのはどう考えても納得がいきません!是非サニーブライアンを顕彰馬に!

    協和のバッジオさん2013/05/15 09:12に投稿

    9
    そう思う!
  • 坂路の申し子。
    坂路で徹底的に鍛えられたトモが美しかった。
    お世辞にも血統が良い馬とは言えなかったが、故戸山調教師の「鍛えて最強馬をつくる」という哲学を見事に体現した平成屈指の逃げ馬。
    皐月賞から距離不安が囁かれながらも圧倒的な強さで無敗の二冠達成。
    2000m逃げて残り2ハロンでさらに突き放したレースは圧巻の一言。
    当時受けた衝撃は今でも忘れられない。

    だめ人間さん2013/05/17 00:39に投稿

    9
    そう思う!
  • 当日のレーシングプログラムに牝馬のダービー挑戦史なるコラムがあり、これはウオッカが来るのかな?と思い、ウオッカから馬券…買えなかった。さすがに牝馬のダービー挑戦は酷だろうと直前で買うのをやめた。馬券は当然外した。けど、半世紀以上の歴史が変わる節目に立ち会えた喜びで、馬券外した悔しさより感動のほうが先立った。

    えあっちさん2013/05/14 19:25に投稿

    8
    そう思う!
  • サニーブライアンです。
    当時学生で馬券は買えない立場でした。
    皐月賞での勝利に対しての世間的評価は、自分の学校での境遇などと相通ずるものがあり、非常に共感を得るものがありファンになりました。何より追い込み馬が勝つ物だと思っていた私にとって逃げ切り勝ちは痛快そのものでした。
    そして乗り込んだダービーは皐月賞がフロックと見なされて7番人気(当日6番)。しかし、レースに向けて陣営一体となったレース前戦略。大西騎手のレース戦術。そしてなにより府中の直線をも逃げ切るサニーブライアンの能力。

    実況の「これはもうフロックでも何でもない!!」という叫び声と同時に突き上がる騎手の腕を見たときに子供ながらに涙が溢れてきたと同時に「色々言われる事が多いけど、自分も頑張ろう!」と思えました。
    以降、色々な馬がドラマとともにダービーを勝ってきましたが、この馬ほど自分の境遇と同一視出来た馬(陣営含む)は居ません

    ナナクシさん2013/05/14 20:40に投稿

    7
    そう思う!
  • 生で見ていたわけではないのですが、アドマイヤベガが勝ったダービーがレースとしては一番面白かったと思います。
    皐月賞馬として最初に仕掛けて抜け出したテイエムオペラオー、それを目標にして襲い掛かった1番人気のナリタトップロードが思惑通りにかわして先頭に立つも、更に仕掛けを待ったアドマイヤベガがゴール前で見事に差しきる完璧なレースでした。

    母ベガから競走能力だけでなく体質の弱さも受け継いでしまい、順調に使うことが殆どできなかったアドマイヤベガを何とか仕上げた陣営の苦労を実らせたのは、他の2人の若い騎手が勝ちに焦ってしまう中、勇気を持って仕掛けを遅らせた武豊騎手の騎乗は本当に素晴らしいものでした。
    こうして振り返ってみると、馬を動かす腕っぷしではなく、このように「騎手の腕」を感じさせるレースが最近はあまり見られなくなった気がするので、武豊騎手にはこれからも頑張っていってほしいと思います。

    rogerさん2013/05/14 23:12に投稿

    7
    そう思う!
  • エルフィンステークスの圧勝後、友達に今年のダービーはウォッカが勝つよ。と言ったら牝馬が出る訳無いだろ、と相手にされず、でもチャレンジャーの角居先生ならきっと出走させてくるはずと心に秘めてて、出走決まってレース週にウオッカが直線突き抜けると宣言したら牝馬が勝つわけないだろと馬鹿にされ、今に見てろよと燃えたダービー。実際直線突き抜けた時の興奮は今でも忘れません。

    VBさん2013/05/16 15:20に投稿

    7
    そう思う!
  • 他の牡馬を置き去りにして、圧勝した姿は今でも目に焼き付いてます。

    HIKARIさん2013/05/14 20:35に投稿

    6
    そう思う!
  • やっぱりアイネスフウジンのダービー。
    初めて競馬場で見るダービーということもあって当日、朝早くから行ってゴール板の直ぐそばに陣取って見てましたが、アイネスフウジンの走りに痺れました。直線で追っかけて勝ちに行ったハクタイセイが力尽き、追込んだライアンとホワイトストーンが突っ込んできた時は時遅し。本当に強かった。連複とホワイトストーンの複勝を取った事もあり、またアイネスフウジンが戻ってこないので「中野、男!!」などと叫んでたらいつの間にか「ナカノコール」が始まり一緒に叫びました。周りに居た馬券を外して文句を言ってた連中もコールに参加したのには笑いましたが。
    独走したブライアン、豊が鞭を落としたスペシャルウィーク、ウォッカ、ディープ等、思い浮かぶレースは多々あれど、一番はアイネスフウジンです。

    Nashwanさん2013/05/14 23:52に投稿

    6
    そう思う!
  • 正確に言うならば心に残っているのはそのレース内容ではなく返し馬です。
    「なんて気持ちよさそうに走る馬なんだろう・・・・」
    その独特の歩様からそう見えただけかもしれませんが、あんな風に芝の上を駆ける馬を他に知りません。

    結果的にラストランとなった1年振りの有馬記念で、あの大川慶次郎さんがレース直前に有力馬以外で気になる馬のコメントを求められ、「いいとか悪いとかじゃないんですが、トウカイテイオーが久しぶりの芝の上を気持ちよさそうに走ってるのが印象的でした」と仰ったのも忘れられません。

    三冠、マックイーン、JC、有馬・・・・・・ 現実のライバルよりも常に父の幻影と闘わされ、何度も敗れ傷つきながら立ち上がってきたテイオー。
    これからも長生きしてね!

    ミルトさん2013/05/16 10:46に投稿

    6
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ