MLB東奔西走BACK NUMBER

不正投球、同性愛などで議論白熱。
変わりゆくメジャーのタブー意識。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/05/15 10:30

不正投球、同性愛などで議論白熱。変わりゆくメジャーのタブー意識。<Number Web> photograph by Getty Images

司会陣と共にテレビで試合解説を担当しているジャック・モリス(右)。自身も1977年にタイガースでプロデビューしてから、ツインズ、ブルージェイズ、インディアンズなどで90年代半ばまで活躍した投手だった。

 ここ最近、メジャーリーグでこれまで“タブー”と認識されていたことについて、思わず考えさせられるような出来事が立て続けに起こった。

 まず1つは、ブルージェイズの解説者であるジャック・モリス氏が中継中にレッドソックスの投手がボールの滑りを止めるため、不正に指に何かをつけていると糾弾したことだ。

 指摘された投手の中に田澤純一投手も含まれていたことで、日本にも大きく報じられたと思う。結局選手たちが不正を否定し、騒動はそれ以降完全に沈静化している。

 しかしこれには後日談がある。騒動が起こった後、同じくブルージェイズの解説者を務めるグレッグ・ゾーン氏がMLBネットワークのインタビューに応じ、以下のように話しているのだ。

「自分は捕手として様々なかたちで投手たちがボールを滑りにくくする手助けをしてきた。これはどのチームも誰でもやっていることだ。自分にとって今回の件は取るに足らないことだと考えている。その証拠に、レッドソックスの投手たちの動きを見ていながら、ブルージェイズは一切の抗議もしていないではないか。

 自分が現役時代の時は、ボールを投手になげ返す際にバランスを崩すふりをして、自分にボールをこすりつけ、表面に傷をつけたりもした。またミットに松ヤニを塗り込んだこともあったし、その役目を三塁手に頼んだこともある」

ボールを滑らないようにする“工夫”は常習的に行われている!?

 ゾーン氏が指摘するように、モリス氏の糾弾について聞かれたブルージェイズのジョン・ギボンズ監督は不正行為を否定しているし、レッドソックスのジョン・ファレル監督もあからさまな不快感を示している。つまりこの件を深く掘り下げたところで、誰1人得をするものがいないということなのだ。

 今回のWBCで、改めて日本でも滑るメジャー球がクローズアップされた。いうまでもなく滑ると感じているのは、日本選手だけではなくメジャー選手も同じだ。体面上はどう映っているかは知らないが、選手たちは一生懸命滑らないような“工夫”を続けている。それは我々メディアでもおおよそ認識している事実だ。

 野茂英雄投手がドジャース入りした1995年から現場取材を続けているが、当時も今も、選手たちはどうやって滑らないようにするか知恵を絞っているのだ。

 例えば登板前に、ベタつくようなシェービングクリームや日焼け止めクリームを塗ったりすることがある。

 選手たちの間では様々な情報交換も行われているし、投手ばかりでなく野手も送球が滑らない“工夫”をしているという。

【次ページ】 爪やすりは“不正”だが、クリームは“工夫”?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ジャック・モリス
ボストン・レッドソックス
トロント・ブルージェイズ
ジョン・ギボンズ
ジョン・ファレル
ジェイソン・コリンズ

ページトップ