日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

<特別インタビュー>
サウサンプトンでの挫折から甦るか!?
再び代表へ――李忠成の臥薪嘗胆。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2013/05/11 08:01

<特別インタビュー>サウサンプトンでの挫折から甦るか!?再び代表へ――李忠成の臥薪嘗胆。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

Jリーグに復帰した今季は途中出場を含め全試合に出場中(2013年5月6日現在)。2012年2月のW杯3次予選ウズベキスタン戦以降遠ざかっている代表への思いを語った。

 プレーに熱がある。気持ちがある。

 鼻息を荒くした魂の咆哮が、聞こえてくるようだ。

 昨年1年間、サウサンプトンでプレーしてきた李忠成は日本に戻ってきた。FC東京で活躍して日本代表に復帰するという断固たる決意のもとに。

 ゴールデンウイーク最終日となった5月6日、ホームでのジュビロ磐田戦。李は交代出場で後半途中からピッチに立つと、激しく動いてチームを活性化し、ゴールへと迫ろうとしていた。1-2のまま進んだ後半ロスタイム。終了ギリギリ、グラウンダーのクロスを左足で合わせて同点ゴールを叩き込んだ。彼がいいポジションにいた、というよりも、李の熱にボールが吸い込まれていった。そんなふうにも見えた。

 スタンドにはアルベルト・ザッケロー二の姿があった。膝をついて弓を引くいつものゴールパフォーマンスは、指揮官にも向けられていた。あなたのハートに突き刺さりましたか? と投げかけるように。

 李は今、じっと我慢を強いられている。

 FC東京のタレントぞろいの攻撃陣のなかで「控え」の扱いが続き、リーグ戦で先発したのはまだ2試合のみ。それでも彼はゴールに絡むことにこだわり、リーグ戦で3得点、ヤマザキナビスコカップで2得点を挙げている(6日現在)。ただ、調子がいいという感触を持ちながら、結果を残しても先発で出るチャンスを得られていない。そんなもどかしい気持ちを秘めながらも、彼は必死に前を向いて突き進もうとしている。

つぶし合いのプレミアで、ひと回り大きくなった肉体。

――見ていて1年前より体がごつくなった印象があります。

「自分でもその実感はあります。体重も3kg増やして、77kgになりましたから。サウサンプトンでは初めにチャンピオンシップ(イングランド2部)でやりましたけど、体をぶつけてバチバチで戦う舞台。ディフェンダーにはそこまでのうまさは感じませんでしたけど、とにかく強くて速い。その部分では長けてると思うんです。そしてプレミアに昇格すると、相手ディフェンダーのレベルも2段階ぐらい上がったように感じました。そういうところで揉まれてきたことも(理由には)あるかもしれない」

――ここまでベンチスタートが多い状況ですが。

「FC東京は選手層も厚いし、いいチームです。(チームメイトには)もっともっと自分の動きを(試合のなかで)見てもらって、さらにチームにフィットしていきたい。コンディションもいいし、そうしていきたいんだけれど、(出場の)時間が少ないということもあって難しい部分もある。

 だけどそこを言い訳にしたくはありません。だから(時間が短くても)点に絡んでいかなきゃいけない。まあ、ゴールの部分で最低限の結果は出せているとは思う。ホント、最低限ですけれどね」

【次ページ】 ケガの影響で出場機会を失い、日本代表からも遠ざかる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
李忠成
FC東京
サウサンプトン
アルベルト・ザッケローニ
ブラジルW杯

ページトップ