プレミアリーグの時間BACK NUMBER

マンUの“便利屋”にはまだ早い!
主役を奪われたルーニーの未来は? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/05/05 08:01

マンUの“便利屋”にはまだ早い!主役を奪われたルーニーの未来は?<Number Web> photograph by Getty Images

ルーニー(奥)に関しては今夏のパリSGへの移籍が4月フランス、イギリス両国のメディアで報じられた。

 4月中にタイトルレースが終了した今季のプレミアリーグ。マンチェスター・ユナイテッドが優勝を決めた第34節アストン・ビラ戦(3-0)では、2つの出来事が印象的だった。ひとつは13分のゴール、もうひとつは71分の選手交代だ。

 そのゴールは、今季最高と言ってもよい。ロビン・ファンペルシ加入によるインパクトを象徴するものだった。

 マンUの新FWは、背後から肩越しに落下するロングパスを左足でジャストミート。完璧なボレーシュートが、相手ゴールに突き刺さった。その11分前と20分後にもネットを揺らし、前半でハットトリックを達成したファンペルシは、ホームデビューを飾った第2節フルアム戦(3-2)での同点弾に始まり、自らのゴールでチームを優勝へと牽引した。

 華麗なボレーは、タイトル獲得を求めてアーセナルから移籍した自身の夢と、王座奪回のキーマンというチームからの使命を果たしたことを、改めて世に示す強烈な一発だった。

今季のルーニーを「過去最悪の出来」と評価した国内メディアも。

 そのゴールをお膳立てしたのは、ウェイン・ルーニーだ。

 中盤で先発したルーニーは、ハーフウェイラインのやや後方から、ピンポイントの精度で1トップの頭越しにボールを届けた。フィニッシュと同様、今季最高級のアシストだった。だが、ロングパスの送り手は、マンU先発メンバーの中で唯一人、フルタイムを待たずに優勝のピッチを下りた。今季、ファンペルシに主役の座を奪われたルーニーは、ホームの観衆から拍手喝采を受けながらも、浮かない表情でベンチへと去っていった。

 試合後、国内のメディアでは優勝メンバーの今季評価が報じられた。10点中9点と、チーム最高の評価を最も多く獲得した選手は、「原動力」と認められたファンペルシ。一方、ルーニーはというと、平均6点程度で、中には「過去最悪の出来」との寸評さえあった。

 今季のルーニーは、それほど酷かったのだろうか?

【次ページ】 「MF転向説」さえ囁かれるシーズンに。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マンチェスター・ユナイテッド
ウェイン・ルーニー
ロビン・ファンペルシ
アレックス・ファーガソン

ページトップ