欧州CL通信BACK NUMBER

ドルトムントは“奇跡”を許さない!
鍵は攻め急ぐレアルの裏のスペース。  

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byBongarts/Getty Images

posted2013/04/30 13:10

ドルトムントは“奇跡”を許さない!鍵は攻め急ぐレアルの裏のスペース。 <Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

CL準決勝、レアル・マドリーとの2ndレグ前日会見に臨むドルトムントのクロップ監督(左)とMFギュンドガン。16年ぶりの決勝進出がかかる一戦を前に、リラックスした表情を見せていた。

 ドルトムントの選手たちには、知りたくもないデータがある。

 実はレアル・マドリーは、過去に3度も奇跡を起こしているのだ。

 '75-'76シーズンのチャンピオンズカップでは、ダービー・カウンティとのアウェイの1stレグで1-4で敗れながら、ホームでの2ndレグで延長戦の末に5-1で勝利した。

 '84-'85シーズンのUEFAカップでは、アンデルレヒトに1stレグで0-3で敗れながらも、2ndレグのホームゲームで6-1と巻き返した。

 '85-'86シーズンのUEFAカップでも、ボルシアMGに1-5で敗れて迎えた2ndレグで、4-0で勝利して、勝ち抜けを決めている。

 ドルトムントの前に控えるレアルは、不可能を可能にしてきたチームなのだ。

 だが、ベスト4に進んだチームのなかで平均年齢25.2歳と最も若いドルトムントの選手たちは自信をのぞかせている。

前半終了間際に追いつかれるも、チームは下を向かず。

 彼らが心のよりどころにするのは歴史ではなく、今シーズンの戦いから得た実感である。

 1つ目が、すでにレアルを“上回ったことがある”という自信である。

 完璧に近い戦いを見せた準決勝の1stレグにおいて、唯一、悔やまれるのは前半42分、センターバックのフンメルスが犯したミスから失点を許したシーンだ。そこまでプラン通りに進めていたドルトムントは、この失点により失意のままハーフタイムを迎えることになった。

 この試合では、前半終了のホイッスルが鳴ると、フンメルスは肩を落とし、うつむきながらピッチを離れ、ロッカールームへと戻っていった。GKのバイデンフェラーは、このあとのやりとりを以下のように明かしている。

「ロッカールームへ戻る通路で、ヤツに向かって大きな声で呼びかけたんだよ。『おい、俺たちはグループステージのとき(ホームでレアルに2-1で勝利した試合)だって、1-1でハーフタイムを迎えたじゃないか!』ってね。そして、そこからまた俺たちは流れを取り戻したんだ」

【次ページ】 「死の組」での経験がドルトムントの選手たちの自信に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
マッツ・フンメルス
ロマン・バイデンフェラー
イルカイ・ギュンドガン
セバスティアン・ケール
ルカシュ・ピシュチェク
ボルシア・ドルトムント

ページトップ