欧州CL通信BACK NUMBER

レアル、奇跡の逆転は可能なのか?
攻守に鍵を握るディマリアの存在。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byBongarts/Getty Images

posted2013/04/30 11:35

レアル、奇跡の逆転は可能なのか?攻守に鍵を握るディマリアの存在。<Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

「CLの決勝へ進出できなければ私の失敗ということだ」とコメントしているモウリーニョ。噂される来季の去就も含めて、この一戦でモウリーニョの人生が大きく左右されることは間違いない。

 CL準決勝第2レグを翌日に控えた昼下がり、モウリーニョは記者会見でこんなことを話している。

「ドルトムントでの第1レグで、チームはまるで親善試合のようなプレーをみせていた。相手は開始10分間で5度もクリスティアーノにファウルをしたというのに、どこまでも無垢で純粋な我々は、4点を取ったレバンドフスキに一度もファウルをしなかった」

 モウリーニョは第1レグの敗戦を、どちらかというとさらりと受けとめていた。試合直後の記者会見場でも、淡々と敗戦を受け入れるかのようなその表情が印象的だった。

「第1レグ、ドルトムントは勝利に値した。勝つべきチームが勝ったんだ。明日はチームとしてアグレッシブな姿勢を持って戦わなければならない。もし第1レグのようなプレーをしていたら、逆転など忘れた方がいい。しかし、もしマドリーがスピリットを持って戦うことができれば、全ては可能だ」

徹底的にレバンドフスキを抑えにかかる、ふたりのセンターバック。

 指揮官は積極性や集中力の高さを逆転のポイントとしている。守備面では第1レグで楽にプレーさせたレバンドフスキをどう止めるかがまず鍵となる。

 ふたりのセンターバックは今季安定した連携を見せているセルヒオ・ラモスとバランのコンビになるだろう。シーズン後半戦を見ていると、このふたりとシャビ・アロンソ&ケディラで作る中央ゾーンの構成が最もバランスがいい。モウリーニョが口を酸っぱくして「激しさ(インテンシティ)」を強調しているだけに、同ゾーンの4人はレバンドフスキに対して徹底した守りを見せてくるだろう。

 サイドに開いてプレーするゲッツェや、第1レグで度々守備陣を苦しめたロイスなど、マドリーにとっての脅威はレバンドフスキだけではない。

 しかし対ロイスを考えた場合、マドリーにとってポジティブなのは、第1レグは合流が遅れたことにより途中出場に終わったディマリアの存在だ。

【次ページ】 攻守にわたって鍵となるディマリアを、どう使うか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ジョゼ・モウリーニョ
レアル・マドリー
セルヒオ・ラモス
ラファエル・バラン
ロベルト・レバンドフスキ
シャビ・アロンソ
サミ・ケディラ
マルコ・ロイス
アンヘル・ディマリア
クリスティアーノ・ロナウド
メスト・エジル
ルカ・モドリッチ
マリオ・ゲッツェ
ユルゲン・クロップ
ゴンサロ・イグアイン
イケル・カシージャス
ボルシア・ドルトムント
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ