スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

ヤング・ガンズとサイ・ヤング賞争い。
「投手の年」を制するのは誰か? 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/07/31 08:00

ヤング・ガンズとサイ・ヤング賞争い。「投手の年」を制するのは誰か?<Number Web> photograph by Getty Images

賞獲りの本命に躍り出たジョシュ・ジョンソン。 2002年、フロリダ・マーリンズに入団。 15勝5敗、防御率3.23という昨季の成績を上回ることは必至

22歳の新星は力感あふれるクレメンス・タイプ。

 だが、最近5試合の結果だけに絞れば、無視しがたい投手があとふたりいる。ひとりはヴェテランの域に入ったヨハン・サンタナ(メッツ)で、もうひとりは22歳の新星マット・レイトス(パドレス)だ。

 サンタナは過去5試合で3勝0敗、防御率0.71の成績を残している。レイトスも4勝0敗、防御率0.80と遜色がない。シーズン序盤に出遅れ感のあった両者だが、この調子で追い込めば大穴があかないともかぎらない。

 とくに私の注目株はレイトスだ。力感あふれるモーション(ちょっとクレメンス・タイプだ)から投げ込まれる速球とスライダーが魅力的だし、なんといっても彼は内弁慶ではない。投手に有利な本拠地ペトコ・パークよりも、ロードゲームで好成績(7勝2敗)を残しているのだ(全体では11勝4敗)。昨年50イニングス以上を投げてしまったので新人王の資格はないが、この青年にはまだ伸びしろがある。来季以降も、眼を離さずにいようではないか。

■関連コラム► 「投手の年」と若手の進出。~MLBにおきた劇的な潮流変化~
► 日本人“助っ人”を襲う、MLB世代交代の波。
► 全米が注目する2年連続サイ・ヤング賞のお値段。

<< BACK 1 2 NEXT >>
2/2ページ
関連キーワード
ウバルド・ヒメネス
ジョシュ・ジョンソン
アダム・ウェインライト
ヨハン・サンタナ
マット・レイトス
サイ・ヤング賞

ページトップ