大相撲、外国人力士の数を制限するべきか

編集部からのコメントを見る

「人数を制限するべきではない」が、圧倒的多数を占める結果となりました。日本人だけで閉鎖的にやる限り相撲に未来はない、という考え方が多くの人に共有されているようです。たしかに、「鎖国」してしまえば活発な競争は起こりがたく、レベルの向上も望みがたいでしょう。むしろ、制限するのではなく、「大相撲国別対抗戦(ワールドカップ)を開催してほしい!」という意見のように、積極的な国際化によって相撲を盛り上げていくやり方が求められているのかもしれません。

 ただ、「幕内が全員外国人になった場合興行的にやっていけない」という心配もごもっとも。
「問題は個々人のモラルや順法精神であって国籍ではない」という指摘のとおり、外国人云々ではなく、もっと大きな視野からの改革が求められているのかもしれません。

1-10件を表示 / 全28

すべて| 人数を制限するべき| 人数を制限するべきではない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 制限すべきは外国人力士数ではなくて
    関取衆、親方衆の報酬だと思います。
    昔からの慣習でしょうが彼らが、
    暇と金を持てあました結果、
    「角界版・黒い霧事件」が噴出した
    と思いますので・・・。

    ハイセイコーさん2010/07/29 01:24に投稿

    31
    そう思う!
  • 調べると「外国出身力士は1部屋1人まで」という下らないルールが存在する。いや、外国人コンプレックスを抱く古い日本人らしい閉鎖的な考えと思えば合点がいくのだが、非常に中途半端。これ以上「国技」を謳うなら外国籍の力士の数はゼロにするべき。しかしそんな事では「相撲」の発展はない。

    若貴の引退とともに日本の大相撲は緩やかに衰退の一途たどってきた。誤解を恐れずに言えば、外海からの異敵を倒す(柔道的に言えば「柔よく剛を制す」)という日本美学的な「攘夷」がなされてないからだ。つまりは「国産の英雄の不在」が一番の問題。ヒールやライバルはいくらいてもいい。ただただ主役が不在なのだ。

    と、人種差別的な意見がひとつ。

    日本の選手が半分も占めてる事実。国別で見ればダントツじゃないの?という楽観的な意見がひとつ。

    taroxさん2010/07/30 15:25に投稿

    19
    そう思う!
  • 人数制限云々よりも、海を越えて入門してくる青年たちに日本の文化や伝統をきっちりと教え込むことが先決と感じます。
    この作業を怠ってしまうと”強けりゃイイ”という第二の朝青龍をつくりかねません!
    今後、相撲協会を定年退職された方たちによる『力士とは!』という講演会を全力士の前で、定期的に行っていくのも一つの案と思っています。

    これを機会にサッカー特集を少し減らし、Numberでも久々の大相撲特集を組んで頂き、国技復権の一役を担ってもらいたいです。
    表紙は場所の初日が始まる前のまっさらな土俵で、特集は北の富士勝昭さんによる辛口提言にはじまり、栃若~曙貴までのライバル対決だった当事者や関係者の証言付きの構成で、当時を振り返る等の企画を組んでもらいたいです。
    こういう方たちからの話の中に、今後の相撲界が進むべきヒントが隠されているのではないかと思われます。
    厳しく美しい土俵をもう一度!

    赤い彗星さん2010/07/29 11:23に投稿

    9
    そう思う!
  • 白鵬、把瑠都、栃ノ心、、、。外国人力士が多すぎる。

    ハングリー精神が強いので上にいきたいと思うのは当然であり、相撲にもその強さが出ているのは確か。
    さらに日本人力士の弱さ。 大関:魁皇のピークは完全に過ぎており、若く強い日本人力士が早く出てこなければ。

    もちろん今後さらに強くなる可能性もあるが、琴奨菊のがぶり&臨機応変でない稀勢の里では、大関になる可能性は低いのではないだろうか。

    個人的に期待している幕下の 宇映 は史上初の1場所での十両昇進を見送られて以降、強さに陰りが見えている。
    今後もさらに外国人力士が増えるだろう。 以前のような面白さはもう見られない。

    たかちんさん2010/07/30 21:40に投稿

    8
    そう思う!
  • 高見山や小錦のような先人の頑張りで今の外国人力士の地位があると思います。
    今よりもっと偏見や差別の多かった時代に奮闘した外国人力士の功績を無にするようなことはするべきではありません。
    日本人力士が稽古して実力で勝負すればいい話だと思います。

    furuckyさん2010/07/29 21:16に投稿

    7
    そう思う!
  • 日本人力士に奮起してもらい、「外国人力士の制限するべきか」という議論がでないように頑張ってほしい。
    格闘技(スポーツ)界において、今の時代国籍は重視すべき点ではないと思う。一抹のさみしさはあるが。。。
    強い日本人力士がいれば、盛況は間違いないし、今回の事件のような背景にもより厳しくなるのではないか。
    とにかく、力士のみなさん頑張って下さい。応援しています。

    たったこさん2010/07/29 10:05に投稿

    6
    そう思う!
  • 大相撲をいい変えれば「日本プロ相撲」であろう。

    プロと名のつくならば「興行」は軽視できない。
    外国人力士の数を制限せずに、幕内が全員外国人になった場合
    興行的にやっていけないと思う。

    強い日本人力士が出てくる可能性があればいいが、その可能性が低いなら
    興行的に日本人は保護するべきである。

    ※MLBや海外サッカーが好きでも、NPBやJリーグのチームが外国人ばかりってのは興ざめする。

    k-sukeさん2010/08/02 17:54に投稿

    5
    そう思う!
  • 制限がないと、
     体格で有利→
     安易な即戦力獲得→
     日本人力士が育たない

    といったスパイラルに劣る可能性がある。
    (すでに始まっているのかもしれないが・・・)
    サッカーのようにその先に世界があるならともかく、
    相撲ではほどほどの(人数の)外国人力士VS
    和製横綱という図式でないと興行的にも無理が
    あるでしょう。

    RUIさん2010/08/03 19:05に投稿

    5
    そう思う!
  • 一度認めた外国員力士達が今各界を賑わせている。
    数年前に大麻所持でロシア人力士が逮捕されたこと以外は特に問題も起こしていない(朝青龍は別として・・)
    そして今、外国人力士を制限することになったら相撲の不人気に拍車をかけるだけだと思う。

    0392061さん2010/08/06 12:51に投稿

    5
    そう思う!
  • ヨーロッパサッカーでもなんでも外国人枠というのはあるし、相撲の普及という点では逆行するが自国の選手をある程度は守らないと日本国内での人気が衰退していく。

    hinataさん2010/07/29 08:36に投稿

    5
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ