欧州CL通信BACK NUMBER

メッシ不在のままバイエルンに完敗。
バルサが直面した「0-7」の現実。  

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/05/02 11:35

メッシ不在のままバイエルンに完敗。バルサが直面した「0-7」の現実。 <Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

シャビ、イニエスタを交代で下げた後のバルサは完全に覇気を失っていた。写真は彼らの交代後、ミュラーによって3点目を決められたシーン。

 カンプノウのメインスタンド最上階にあるプレス席のキャビンに、ざわざわとした衝撃が走った。キックオフまでちょうど1時間となった頃だ。

 ラジオの実況、テレビの事前番組のレポーター、デスクと話す新聞記者の声が重なる。彼らは一様に驚きを持ってその事実を伝えていた。

「メッシが先発から外れた。どうやら怪我を再発させたようだ」

 驚いたのは彼らだけではなく、バイエルンの選手たちも同じだった。ハビエル・マルティネスは「試合前にメッシが出ないと知って安堵した」と正直に話している。

 5月1日、CL準決勝第2レグ。そもそも第1レグでの0-4という結果を覆すのは、ほぼ不可能に近いものだった。しかしそんな中、バルセロニスタが抱いていた唯一の希望がメッシの存在だった。

 負傷者も多く、チームのコンディションも100%にはほど遠いなど、バルサの状態は限りなく悪い。そんな中、頼みの綱のメッシが先発から外れたことで、カンプノウもどこか引いた目で試合を見ているようだった。

 メッシの不在はホームチームの士気を下げ、バイエルンには安堵をもたらすことになった。試合前の時点で、試合の行方はほぼ決まったようなものだった。

バイエルンの圧倒的な攻めに、前半からピンチの連続だったバルサ。

 メッシだけではなく、ブスケッツも負傷で欠いたバルサは、序盤からバイエルンに技術面でも精神面でも押され続けた。第1レグと同様、バイエルンは統制された守備でバルサのミッドフィルダーに前を向かせない。ビクトル・バルデスのゴールキックの際に前からプレスをかけ、繋がせずに大きく蹴らせるなどの徹底した対策を貫いた。

 1失点すれば6点を取らなければならなくなるというプレッシャーの下で硬いプレーになっていたバルサに対し、バイエルンは前半早々ロッベンが右サイドを抜けGKと1対1になるなど(ピケがギリギリのところでクリア)早速チャンスを作り始める。攻撃面でもサイドを起点に、2人、3人がスペースへと飛び込んでいくスピーディーで厚みのある攻めを繰り返した。

 バルサは中央でボールを受けられるメッシがいないことで、ボールは自然とサイドへと渡ることになる。しかしサポートは一切なく、ダニエウ・アウベスは孤立。アウベス1人にバイエルンの選手3人という局面もあったくらいだ。

【次ページ】 分かってはいたが……メッシ以外の攻め手が無いバルサ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バルセロナ
バイエルン・ミュンヘン
ハビエル・マルティネス
リオネル・メッシ
セルヒオ・ブスケッツ
ビクトル・バルデス
アリエン・ロッベン
ダニエウ・アウベス
ティト・ビラノバ
フランク・リベリー
ジェラール・ピケ
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ