Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<HONDA Method> ソルティーロが本田圭佑を超える日 連載第3回 「“逆境先攻型”で道を切り拓く」 

text by

榎森亮太

榎森亮太Ryota Emori

PROFILE

photograph byHONDA ESTILO

posted2013/05/04 08:00

今年5月で1周年を迎えるソルティーロ。
これまでは関西を中心に活動してきたが、遂に東京に進出。
本田から課された突然のミッションとは。

「東京でも新しくスクールを展開したいから、エモ、行ってくれないか?」

 昨年12月、それは本田圭佑からの突然の提案でした。

 その2カ月前に大阪で引っ越したばかりの僕は内心「エッ!?」と思いましたが、本田のビジョンを聞いているうちに、気づいたら「よし、行こう」と即答していた……。

 僕と本田の人生に対する共通のスタンスは「逆境先攻型」。あれこれと言い訳を考える前に、まずは厳しい環境、難しい状況に自分の身を置いて、チャレンジしてみる。

プライバシーのない上海申花での1年間で鍛えられた精神面。

Ryota Emori
1985年生まれ。奥寺スポーツアカデミーに在学中、上海申花U-19に留学。卒業後、長野エルザ(現・長野パルセイロ)に加入。ドイツに渡り下部リーグでプレーしていた時に本田圭佑と出会う。その後、専属マネージャーを経て「ソルティーロ」事業責任者に就任。

 自分で言うのもおこがましいのですが、僕は「ストレス耐久度」という点では多少、自信を持っています。そのベースとなっているのが、中国の上海申花というクラブでプレーした1年間。当時ユースチームに所属していた19歳の僕は、2段ベッドの8人部屋、鍵なしトイレというプライバシーゼロ環境の中で中国人と共同生活をした。時に、日中の歴史的背景を逆手にとって、ピストルを撃つ真似で揶揄されたこともあります。でも、決して弱腰にならず、中国語を必死に勉強して、彼らと戦い抜いた。さらに、誰よりも練習をして、最後には自分を認めさせ、理解し合うことも出来たという自負がある。

 そんな経験を知っているからか、本田は「エモには何を言っても大丈夫。どこでも生きていける」と思ってくれているようです。

 そうポジティブに解釈した僕は、大阪の新居を引き払い、今年の2月から東京都清瀬市に移り住むことになりました。

人生初の東京暮らしながら、6月の清瀬校開校までこぎ着けた。

 課されたミッションは、清瀬市でソルティーロの東京スクール第1号を誕生させろ! こう書くと、一言で済んでしまいますが、人生初の東京暮らしとなった僕としては、“東京の水”に慣れ、新たな人脈を築いていくことから始めなければなりません。

 そんな中で清瀬文化スポーツ事業団と交渉を重ね、照明付き、人工芝のフルコートを備えた内山運動公園サッカー場を使用させていただけることになったのです。手続き上、難しい問題もあったのですが、清瀬文化スポーツ事業団とソルティーロの共同経営という形で契約を結び、東京スクール第1号「清瀬校」を6月から開校することになりました。

<次ページへ続く>

【次ページ】 本田はリハビリをしながらも数多くのダメ出しを……。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ