Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<マドリーでの不遇の時を超えて> カカ 「再び輝けると信じて」 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/04/26 06:00

<マドリーでの不遇の時を超えて> カカ 「再び輝けると信じて」<Number Web> photograph by AFLO
ミランからマドリーへと移って3年。
バロンドールを手にした男は、かつての輝きを取り戻せずにいた。
今季の開幕前には指揮官に構想外を告げられるも、
手にした短い出場時間で独自の創造性を見せつけた。
童顔の苦労人が戦う、波乱に富んだ人生を追う。

 昨秋のある日、マドリード郊外のバルデベバスの芝の上を、ひとりの選手が黙々と走っていた。イベリア半島を照りつける陽射しはまだ強く、額には汗が光っている。

 白い練習着を着たカカの隣にいるのは、レアル・マドリーの下部組織の若手たちだ。幼い顔立ちの若者の間では、童顔のカカも少し浮いて見える。

 この日、トップチームはオフだった。前日にチャンピオンズリーグでマンチェスター・シティを破っており、モウリーニョは選手たちにご褒美の休暇を与えていた。

 しかしカカは自ら望んで練習場へと向かう。頭には少しでもコンディションを取り戻したいという思いがあった。かつてバロンドールを手にし、世界の頂点に立った彼は、開幕から1カ月以上がたっていたが、まだ1分も出場していなかったのだ。

エジル、モドリッチ……“トップ下の3番手”扱いでも腐らずに。

カカ Kaka
1982年4月22日、ブラジル生まれ。'01年、サンパウロFCでプロデビュー。'03年にACミランへ移籍すると、1年目からレギュラーに定着しスクデット獲得に大きく貢献。'06-'07シーズンにはCLで優勝を果たし、バロンドールを獲得。'09年、レアル・マドリーに移籍。186cm、82kg。

 開幕前、カカには移籍の可能性もあった。マドリーは夏にルカ・モドリッチを獲得し、カカはトップ下のポジションの3番手という立場となる。モウリーニョは構想外であるということを彼に告げ、プレシーズンでも主力から外していた。しかし高額の年俸とここ2年間の低調なパフォーマンスが足かせとなり、結果的にカカは残留する。

 開幕時、カカは完全にマドリーの影になっていた。陽の当たるところでは、クリスティアーノ・ロナウドがゴールを量産している。メスト・エジルは存在感を増し、新しくやってきたモドリッチへの周囲の期待は高かった。

 そんな中、カカはひとりで練習を続けた。試合の日にはスタンドでチームメイトを眺め、翌日には下部組織の若手たちと練習をする。チーム練習があるときは、朝に独自のメニューに取り組んだ。地道な努力もあってか、10月になる頃にはコンディションは少しずつ上がっていった。

フィジカルコーチは「3年間で最高のコンディション」と語っていた。

「カカは今、この3年間で最高のコンディションにあるんだ」

 そう語るのは、昨夏ブラジルでカカの個人練習を行なったフィジカルコーチのトゥリビオ・レイチだ。彼はカカがサンパウロでプレーしていた15歳の頃から見続けている。

「今は痛みもなく、筋肉のバランスも完璧な状態だ。毎日、ハードな二部練をこなしてきた。十分高いレベルの試合に復帰できる。彼のような選手がプレーを忘れてしまうわけはないのだから」

【次ページ】 初先発のアヤックス戦で見せた流麗なパフォーマンス。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
カカ

ページトップ