詳説日本野球研究BACK NUMBER

菅野、藤浪、大谷と絢爛豪華な面々。
'13年シーズンの新人王レース大予想。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/04/18 10:30

菅野、藤浪、大谷と絢爛豪華な面々。'13年シーズンの新人王レース大予想。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

巨人の菅野は4月13日のヤクルト戦において、多彩な球種を使った安定感ある投球を見せ、8回を3安打1失点に抑えて2勝目を挙げた。

 開幕早々から話題を集めている大谷翔平(投手&外野手・日本ハム)を筆頭に、菅野智之(投手・巨人)、鍵谷陽平(投手・日本ハム)、金子侑司(外野手・西武)、小川泰弘(投手・ヤクルト)、則本昂大(投手・楽天)、松永昂大(投手・ロッテ)、森本将太(投手・オリックス)、三嶋一輝、井納翔一(ともに投手・DeNA)、さらに大谷のライバル・藤浪晋太郎(投手・阪神)など、今年は新人の活躍が目立つ。

 新人以外でも、5年以内の在籍選手で前年までの出場が「投手は30イニング以内、野手は60打席以内」の選手は新人王の資格を有している。

 小熊凌祐(投手・中日)、平井諒(投手・ヤクルト)、中崎翔太(投手・広島)、歳内宏明(投手・阪神)、永江恭平(遊撃手・西武)、千賀滉大(投手・ソフトバンク)、高堀和也(投手・楽天)、西田哲朗(内野手・楽天)、西野勇士(投手・ロッテ)、佐藤達也(投手・オリックス)がそういう有資格者だ。

 過去5年の新人王受賞者はどんな顔ぶれなのだろう(*印は2年目以降で受賞した選手)。

     ◇セ・リーグ           ◇パ・リーグ
'08年 *山口鉄也(巨人)    *小松聖(オリックス)
'09年 *松本哲也(巨人)      攝津正(ソフトバンク)
'10年   長野久義(巨人)    *榊原諒(日本ハム)
'11年   澤村拓一(巨人)      牧田和久(西武)
'12年   野村祐輔(広島)      益田直也(ロッテ)

 投手が8人受賞していて、そのうち山口、攝津、榊原、益田、牧田5人がリリーフ投手だった(攝津と牧田はその後先発に戻っている)。今年も鍵谷、松永、三嶋の新人と、小熊、平井、中崎、歳内、千賀、高堀、佐藤の在籍選手がここまでリリーフ起用で好成績を残している。分業制の浸透でリリーフ投手の需要が高まっている球界の事情がよく反映されている顔ぶれだ。これらを踏まえた上で、一足早いがセ・パ両リーグの新人王を予想してみた(4月14日現在)。

先発投手は上位指名、リリーフ陣は下位指名の傾向が。

 セ・リーグの新人王候補は全員投手である。さらに、菅野、藤浪、小川、井納と先発陣が揃っているところがパ・リーグと異なっている。

 4人のドラフト順位に注目すると3位以下は井納ただ1人で、あとの3人は1、2位の上位組ばかりだ。反対にリリーフタイプは三嶋、歳内以外は3位以下の下位指名組で占められている。在籍選手の小熊、平井たちだ。先発タイプは上位で指名し、リリーフタイプは下位指名で調達するという球界の思惑がよくわかる。

 この中から私が新人王候補に推すのは次の6人だ。

【次ページ】 セ・リーグは巨人・菅野智之が候補ナンバーワン。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
菅野智之
藤浪晋太郎
小川泰弘
三嶋一輝
小熊凌祐
平井諒
大谷翔平
金子侑司
鍵谷陽平
則本昂大
高堀和也
松永昂大
西野勇士
佐藤達也

ページトップ