スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

エース依存はバルサだけじゃない!?
C・ロナウドが背負う「デシマ」という夢。 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/04/17 10:30

エース依存はバルサだけじゃない!?C・ロナウドが背負う「デシマ」という夢。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

ガラタサライと対戦したCL準々決勝の第2レグで、先制点を決めたロナウド。

 4月9日、イスタンブールで行われたガラタサライとのチャンピオンズリーグ準々決勝第2レグ。

 ホームの第1レグを3-0で制し、大きなアドバンテージを持ってこの試合に挑んだレアル・マドリーは、思わぬ冷や汗をかかされることになった。前半8分にクリスティアーノ・ロナウドが先制点を決め、2試合合計4-0とリードを広げたものの、後半、立て続けに3失点を喫してしまったのである。

 終了直前にクリスティアーノ・ロナウドがダメ押しの追加点を決め、最終的には2試合合計5-3で勝ち抜けを決めた。試合終了直後、ピッチ上でテレビのインタビューを受けたクリスティアーノは険しい表情でこう言った。

「自分達で試合を難しくしてしまった。サッカーでプレゼントは禁物。今日の経験を今後に生かさないといけない。試合は90分間プレーするものだ」

 彼が怒るのも無理はなかった。緩慢なプレーからピンチを招いた末、エースのゴールで帳尻を合わせる。今季のレアル・マドリーはそんな試合を何度も繰り返してきたからだ。

崩壊寸前のレアルをつなぎ止めるC・ロナウドの奮闘。

 シーズン前半と比べれば良くなってきたものの、現在もレアル・マドリーは決して盤石とは言えない状態にある。

 集中力の欠如が目立つ守備陣は、ガラタサライとの第1レグで完封するまで公式戦7試合連続で失点。攻めてはベンゼマとイグアインの得点数減少が顕著で、リーガ31節終了時点で前者は16ゴール、後者は15ゴールと、シーズン終了まで1カ月と少しの時点でそれぞれ計31ゴール、26ゴールを決めた昨季の約半分にしか至っていない。

 それでも宿敵バルセロナを下して国王杯(コパデルレイ)決勝に勝ち進み、CLでも3年連続で準決勝に辿り着くことができたのは、ひとえに毎試合のように重要なゴールを決めてきたクリスティアーノの存在があったからに他ならない。

 今季のクリスティアーノの総ゴール数は48戦50得点。その内訳は10戦11得点のCLをはじめ、コパデルレイは6戦6得点、優勝の望みが失われて久しいリーガでも30戦31得点、スーペルコパ・エスパーニャまで2戦2得点と、あらゆるコンペティションで1試合1ゴールのペースを保ってきた。

【次ページ】 マンUのファーガソン監督も「世界最高の選手」と絶賛。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
クリスティアーノ・ロナウド
ガラタサライ
ジョゼ・モウリーニョ
リオネル・メッシ
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ