Jリーグ歴代外国人FW、最も“決定力”の高さを感じさせるのは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 4月6日、J1第5節、横浜F・マリノスのマルキーニョスが今季6点目、J1通算125得点目を挙げ、外国人選手の最多得点記録を更新しました・・・続きを表示

マルキーニョス (東京V→横浜FM→市原→清水→鹿島→仙台→横浜FM)
ウェズレイ (名古屋→広島→大分)
ジュニーニョ (川崎F→鹿島)
エジミウソン (新潟→浦和→F東京)
ルーカス (F東京→G大阪→F東京)
アルシンド (鹿島→V川崎→札幌→V川崎
エメルソン (札幌→川崎F→浦和)
マグノ・アウベス (大分→G大阪)
ワシントン (東京V→浦和)

※選択肢は、外国人FW選手のJリーグ通算得点の順。
※カッコ内は、Jリーグにおける所属チームのみ表記。

1-20件を表示 / 全29

すべて| マルキーニョス| ウェズレイ| ジュニーニョ| エジミウソン| ルーカス| アルシンド| エメルソン| マグノ・アウベス| ワシントン|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 決定力の高さではマルキーです。個人的に前線で破壊力を感じると言われるとフッキを推したいのですが、意外に10傑に入ってなかったので。

    マルキーの良さは器用さ。前線で動いても動かなくてもいやらしさを感じさせるという点で、他の選手よりも格上だと思います。外国人選手はやはりゴールに直結する動きや速さ、強さに定評もあるものだと思っています。ですが個人的に、マルキーはそれらが平均的に高く何をされるかわからないという圧力のかけ方ができる選手だと思います。

    地震のせいで帰国していましたが、帰ってきてくれてうれしい限りです。

    savoさん2013/04/12 23:47に投稿

    6
    そう思う!
  • フォワードの能力って、シュート力、一瞬の速さ、テクニック、駆け引きの上手さ、ポジショニング・・・色々あるでしょうが、ボクがJリーグで一番規格外というのを感じたのは、ワシントンの『強さ』だったように思います。
    ポストでボール入ったら倒れない倒れない(°д°)んで、振り返って決めちゃう(>_<)
    日本人にとって、彼の強さが一番太刀打ちできない代物だったように感じるので。

    りうさん2013/04/14 23:13に投稿

    6
    そう思う!
  • マルキーニョスを選ぶのはこれだけ多数のチームに所属をしてコンスタントに得点ができていることを評価しているからです。適応力に加えて真の意味で決定力がないとできないことだと思います。それと個人的に横浜FMのファンなので今年の序盤の躍進を支えてくれているという感謝の意味もあります。

    とっても個人的にですが思い入れがあって、決定力一番というか好きなFWは横浜Mのディアスです。前にも投稿しましたが、あのシックなゴールは良かった。別の世界にいるような感じでした。彼にボールが渡ったところでゴールを予感したものです。そういう意味では、決定力が高かったとも言えると思います。

    伊藤 克也さん2013/04/12 20:06に投稿

    4
    そう思う!
  • 得 点(1試合)※2012/12/01現在
    119点(0.472)●マルキーニョス☆(2013今季6点、通算125得点)
    124点(0.571)●ウェズレイ
    113点(0.483)●ジュニーニョ☆(2013今季0点)
    111点(0.470)●エジミウソン
    079点(0.338)●ルーカス☆(2013今季0点)
    079点(0.632)●アルシンド
    071点(0.710)●エメルソン
    065点(0.565)●マグノ・アウベス
    064点(0.753)●ワシントン

    hdsokbさん2013/04/13 08:54に投稿

    4
    そう思う!
  • 他の選手もとても良い選手だが、文字通り助っ人としてチームを優勝に導いたという意味でエメルソン。
    当時の浦和在籍時の爆発力・決定力はとんでもなかったと思う。

    kajiさん2013/04/12 19:19に投稿

    3
    そう思う!
  • プレーが独りよがりなきらいはあったけれど、あのスピードは衝撃的だった。特にコンサドーレ時代はある意味「戦術」と化していた印象が強い。そういえば彼のおかげでJ1に昇格できたのはいいが、当時からお金のない(今もだ!)コンサドーレがパスを買い取ることができずにやむなく市民から募金を募ったことがあった(結局、獲得交渉は不成立であったが)。
    その後はどうもネガティブなニュースばかりで(カタールからの引き抜き、経歴・年齢詐称、カタール国籍取得というのもあった…)なんだかなぁ…と。
    とは言え、一時代を築いた選手であるのは疑いない。

    赤鯱と梟さん2013/04/13 08:48に投稿

    3
    そう思う!
  • ワシントンかエメルソンかっ感じるところだか、マルキーニョス!
    まず実績は外国人トップなので、点を獲っているわけで。
    さらにはどのチームにもフィットするスタイル。
    また優勝をもたらしてきたわけですからマルキーニョス!

    たったこさん2013/04/12 21:10に投稿

    2
    そう思う!
  • 鹿島時代のアルシンドはすさまじい。
    CMにも起用されるなど、社会的なブームにもなっていたから。

    おはるさん2013/04/13 00:36に投稿

    2
    そう思う!
  • この中にいないけどやっぱりピクシーかな。あとラモン・ディアス。

    イントニオ アノキさん2013/04/14 00:29に投稿

    2
    そう思う!
  • 決定"率"の高さ、ゴール前での怖さという2点で頭一つ抜けている印象。

    もときさん2013/04/14 10:57に投稿

    2
    そう思う!
  • エメ。最高です。彼がいるチームは勝ってます。

    今も日本でプレーするマルキーニョス選手は、何度も契約切れとなるのはどうしてなんでしょうね?

    たけまろさん2013/04/14 20:00に投稿

    2
    そう思う!
  • このお題は多分、単純に得点王になったとか、得点率が高いが“決定力”じゃないっていうことなんだろうなとは思います。
    総得点は少なくても、先制ゴールや、決勝点となるゴール、決めて欲しいゴールを決められるのが、ここでいう“決定力”なのかな?と思うのですが・・・そういう数字まではわからないので単純にイメージで選ぶと、このなかで一番勝負強さみたいなものを感じたのがワシントンですね。

    i formationさん2013/04/14 21:47に投稿

    2
    そう思う!
  • ピチブー。

    グランパスのイメージが強いけど、
    僕にとってはサンフレッチェ時代の老獪さが印象的。
    広島在籍当時、
    もう34歳でかつてのスピードや力強さよりはテクニックとゴールセンスで得点を量産してた。
    かつての「ボールを預ける」選手から「ボールに合わせる」選手へ変貌し、
    今の佐藤寿人の良いお手本になったんじゃないかなぁ。

    実はフリーキックも上手いんだよね。
    場所なら中央、右サイド、左サイド、ペナ外ミドル、ロング。
    身体の箇所なら右足、左足、頭。
    得点していない場所、箇所はないんじゃないかな。
    若いときでも、歳とっても得点を取り続けた、
    ほんと、なんでもできる、ザ・ストライカーて感じ。

    日本人からは絶対にでてこないタイプのFWだと思う。

    ぬぃさん2013/04/16 17:16に投稿

    2
    そう思う!
  • あとはガンバにいたエムボマでしょうか?

    JFKさん2013/04/17 11:33に投稿

    1
    そう思う!
  • 一人でもゴールを奪うとか、ゲームメイクも出来るとか、そういうのは他にもっと優れてるFWが選択肢の中にあると思うけど、チャンスでゴールを決める、と言えばマルキーニョスかな。
    それは決めてよー、って言った覚えがない。
    もちろん、マルキーニョスはゴール以外でもチームに貢献できるけどね。

    ホワイトヘッドさん2013/04/18 12:03に投稿

    1
    そう思う!
  • 大きく分けてスピード型・ヘディング型・技術型・武田型・メッシ型と分かれますが
    この質問は決定力に限っていますので
    とにかくゴールチャンスにどれだけ決めれるかと言う確率なので、
    アルシンド・マルキーニョス・ウェズレイが抜けていると思います。
    甲乙つけがたいのですが
    ほかの2選手に比べてまんべんなく活躍しているマルキーニョスです。

    中日新聞読者さん2013/04/14 11:09に投稿

    1
    そう思う!
  • 新潟時代のエジミウソンはまさしく怪物だった。シュートパターンが豊富だったし、空中戦も強かった。また単独突破もできたし、万能型ストライカーとはエジミウソンのために存在するのだと思う。
    浦和やFC東京時代には新潟時代ほどのパフォーマンスが見られなかったのが、新潟サポとしては、エジミウソンの良さを理解してもらえなかったのが悔しい。
    新潟はここ数年、そして今年も得点力不足に悩まされ、降格の危機を味わい続けている。しかし、エジミウソンがいればそれを解決できるんじゃないかと、感じてしまう…。

    わんすけさん2013/04/15 12:41に投稿

    1
    そう思う!
  • 個人的な主観で、候補の中ではエジミウソン>アルシンド>エメルソン・・・って感じですかね。
    どういう観点でかというと、少ない決定機を確実にモノにしてチームに勝利を呼び込んでいたという印象で。。。
    実はとても印象に残っている外国人FWは候補以外に2人です。まずエムボマ。 適当に放り込まれたボールをビックリ身体能力でキープして決めちゃう姿は異次元でした。 あとは、地味だけどラモン・ディアス。 アルゼンチンファンとしては、代表で見たかったのですがマラドーナと仲がよろしくないとかで全然がお呼びが掛からなかった。(私、初めて見たW杯はメキシコなんで。。。) Jリーグに来た時はイタリアやフランスでやっていた時のスピードは既にありませんでしたが、マークを簡単に外す駆け引きとか、強烈でないけど正確にコントロールされたキックでゴールを奪っちゃうウマさにシビれてました。

    heroheroさん2013/04/15 18:09に投稿

    1
    そう思う!
  • とにかくいつも点を取っているイメージしかない!あと、得点は少ないけどイ・グノは決定力があると思う。好きです。

    kentaさん2013/04/16 12:45に投稿

    1
    そう思う!
  • 2~3年の短い期間でならば沢山の猛者がいたが、マルキは長きに渡って君臨しているところを推します

    falcon2001さん2013/04/17 12:55に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ