欧州CL通信BACK NUMBER

バイエルンに完敗したユベントス。
それでも、彼らが前を向く理由。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/04/11 12:15

バイエルンに完敗したユベントス。それでも、彼らが前を向く理由。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

前半終了後、ハーフタイムにピッチから出る時のユベントスの選手たち。0-0というスコア以上の実力差を肌で感じた選手らの顔に、余裕はまったくなかった。

 イタリア王者として、3年ぶりにチャンピオンズリーグの舞台に戻ってきたユベントスには、ある葛藤がずっとつきまとっていた。

 CLでも、セリエAを制した全員サッカーを貫くべきか。それとも、多少無理な金策をしてでも一流プレーヤー、特にビッグネームのFWを獲得すべきか。

 明確な答えを出せないまま臨んだバイエルンとの準々決勝は、2戦とも0対2で完敗。彼我の差は歴然としていた。

執拗なプレスと、リベリーとロッベンのスピードに翻弄される。

 バイエルンのホーム、アリアンツ・アレナの初戦では、1トップのマンジュキッチから始まる猛烈なプレスに圧倒され、ユーベは手足をもがれたように完封された。

 試合開始25秒で失点したGKブッフォンは、毒舌家のベッケンバウアーから「年金生活者のようだ」ときつい皮肉を頂戴し、頼みの綱だった司令塔ピルロが精細を欠くと、伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の寸評も、「彼がミスを連発するとは……世界の終末が近いのか?」と悲嘆調にならざるをえなかった。

 バイエルンは、2ndレグを前にブンデスリーガ史上最速優勝を決めて、トリノへ乗り込んできた。過去3年、2度もファイナルで敗れているバイエルンには、“今季こそ”という執念が渦巻いている。初出場の選手も多いユベントスが付け入る隙はなかった。

 2ndレグも激しいプレスを矢継ぎ早に仕掛けてくるバイエルンは、容易に攻め込ませない。前半を危なげなく無失点で乗り切ったことで、落ち着いたドイツ王者は後半、牙をむいてきた。

 機を見たリベリーとロッベンから両サイドを突かれ、ユーベの中盤は自陣へ張り付くしかなかった。一対一の攻防に絶対の強さをもつ彼らに比肩するスピードの持ち主は、セリエAにはいない。

 直前のペスカーラ戦で2得点し、「バイエルンと戦争だ」と鼻息荒かったエース格のブチニッチと、意外性を見込まれたクアリアレッラの先発2トップも、MFハビエル・マルティネスの執拗なマークによって封じ込まれた。マルティネスは、今季開幕前にバイエルンが大枚4000万ユーロをつぎ込んで獲得したスペイン代表の選手だ。今のユベントスにはとても手が出せない。イエローカードすれすれの激しいファウルも、“決勝へ行く”というチーム全体が共有する気迫の表れだった。

【次ページ】 トドメを刺したのはC・ロナウドでもメッシでもなく……。

1 2 3 NEXT
ユベントス
バイエルン・ミュンヘン
マリオ・マンジュキッチ
フランク・リベリー
アリエン・ロッベン
ジャンルイジ・ブッフォン
アンドレア・ピルロ
ハビエル・マルティネス
ファビオ・クアリアレッラ
ミルコ・ブチニッチ
クラウディオ・ピサロ
アントニオ・コンテ
ユップ・ハインケス
ポール・ポグバ

ページトップ