サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

4人の“FW”香川、岡崎、清武、乾。
それぞれの葛藤と代表のこれから。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/04/12 10:31

4人の“FW”香川、岡崎、清武、乾。それぞれの葛藤と代表のこれから。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

右上から反時計回りで香川、岡崎、清武、乾。4人の“FW”は、6月4日、埼玉スタジアムで迎えるオーストラリアとの決戦でどんな成長を見せてくれるのだろうか。

香川が語る日本人気質と、岡崎が語るイタリア人気質。

 セレッソ大阪時代には、ブラジル人指揮官レヴィー・クルピの指導をうけた香川は、ドイツでドイツ人監督の、イングランドではスコットランド人監督のもとでプレーしている。そんな彼が指摘するのは、「日本人らしさ」の問題だった。

「僕たちは監督の指示に従うべきところはあると思うけど、ただ、プラスアルファ、流れを読んでやっていかないと……」

 監督の指示にしっかり耳を傾けられるのが、日本人の特徴だと香川は考える。

「それが日本人の悪いところでもあり、良いところでもあるけど……。前半の途中から上手くやれるところはやっていたけど、もっと流れを読んでやっていかないと。それ(監督の指示)にとらわれすぎても、やっぱり……。ホント、日々感じるところではあるんですけど」

 選手たちがザッケローニ監督の指示にとらわれすぎるのは何故なのだろうか。

 第一の理由として、指示の細かさが考えられる。

「ザッケローニ監督の場合は上手くいっても、いってなくても、ずっと同じことを言い続ける、ブレないのは大事なことだと思います」

 岡崎は監督のやり方を肯定したうえで、ヨーロッパリーグ(EL)でイタリアのチームと対戦したときの経験を例に、こんな話をする。

「ラツィオとやったときも感じたんスけど、例えば、俺らのサイドバックに対して、相手のサイドハーフがやたらしつこく、最後までくっついてきたりしたんですね。そういうときに、『あぁ、こいつらには細かい決まりごとがあるんやなぁ』と感じましたね。ドイツで俺らの監督だったら、そうでもないんですけど……。そういう細かいところがイタリア人のサッカーなのかな」

「全体的に言われたことを聞き過ぎちゃうのかなぁ……」(内田篤人)

 次に、監督が選手を厳しく叱咤することがあるかもしれない。

 監督に言われることを基本的に守りつつも、そこまで引きずられることのない内田篤人は「オレは外国人ぽいのかも」と自嘲しつつ、仲間たちを気遣う。

「全体的に言われたことを聞き過ぎちゃうのかなぁ……。指示を守らないとけっこう怒られるから仕方ないんだけどね。みんな真面目だからこそ、そういう決まり事とかを聞いてしまう。ポジション、そこじゃねぇって言われても他の所に上手く入って、点をとればOKな部分はあるから」

 そして最後に、それぞれの選手の各ポジションにおける成熟度の低さも考えられる。

 4人のFWの中で最もザッケローニ監督と長い時間を過ごしている岡崎は、ライバルたちをねぎらう。

「たまにトップ下をやるとか、たまに先発で左サイドで出るとか、そうなると、『ここで上手くやらなきゃ』と思ってしまう。やり続けていけばそいつなりの左サイド、そいつなりのトップ下ができるわけです。自信とか、そういうのは何試合も繰り返すことによって出来上がることなんです」

 ちなみに、4人の“FW”のうち、カナダ戦で唯一、出番のなかったのが清武だった。岡崎が前半だけで退くことが実質的に決まっていたこの試合、清武は当初、後半から出場する予定だった。前半終了間際には、ハーフナー・マイク、駒野友一とともに3人でウォーミングアップのペースをあげていた。しかし、攻撃が機能しなかった前半を受けて、ハーフタイムにザッケローニ監督は清武の出場をやめ、代わりに中村憲剛をピッチに送り出すことにした。

 試合には出られなかった清武だが、ヨルダン戦に向けて攻撃のイメージを描いていた。

「監督が言うようにサイドに開いていったらチャンスはあると思いますし、中に絞ってもチャンスはあると思うので。そこは臨機応変に対応して、あとはゴールに向かう姿勢が見せられればいいなと思います」

 清武だけでなく選手たちは、カナダ戦で課題が出たのは収穫だったと口をそろえた。その反省をもとに、ヨルダン戦に臨めばいい、と。

【次ページ】 ヨルダン戦、左右両サイドで起点となった清武。

3/7ページ
関連キーワード
香川真司
岡崎慎司
清武弘嗣
乾貴士
長谷部誠
内田篤人
ブラジルW杯
アジア最終予選
コンフェデレーションズカップ

ページトップ