次期日本代表監督を噂の4人から選ぶと?

編集部からのコメントを見る

 投票が締め切られた7月28日時点で、サッカー日本代表次期監督の名前は明らかになっておらず、協会はまだ監督探しを続けている模様です。
監督選びにはどんな視点が重要なのか? 日本サッカーにとって誰がベストなのか? 考え方は様々ですが、日本サッカーのこれまでの成功や失敗を踏まえた上でのコメントが非常に目立ちました。欧州や南米とは比較にならないとはいえ、日本サッカーの歴史がもはや決して浅いものではない、と痛感させられました。
さて、得票数では、オリヴェイラ、ビエルサ、ペケルマンの3人が拮抗しました。オリヴェイラは、鹿島アントラーズ(日本)での実績、ビエルサはW杯で見せた攻撃的で魅力的なサッカー、ペケルマンは育成能力の高さが特に評価されました。
もし、まだ間に合うようなら、日本サッカー協会は是非ここに寄せられたコメントを参考にしてほしい、と願わずにはいられません。

1-10件を表示 / 全55

すべて| マルセロ・ビエルサ(チリ代表監督)| ホセ・ペケルマン(元アルゼンチン代表)| ギド・ブッフバルト(元浦和レッズ監督)| オズワルド・オリヴェイラ(鹿島アントラーズ監督)|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 僕はビエルサは有能な監督だと思っています。
    この4人の中で選ぶなら彼です。

    よく変人とか戦術オタクとか聞きますが
    オシムも変人ですよね(スイマセン

    個人的に日本人は型にはめて貰った方が良いと思います。
    そのイイ例がジーコとトルシエです。
    トルシエが優秀とは思いませんがジーコのノビノビ教室よりは
    「試合に勝つ」という部分では優れていると思う。

    これは日本人の特性だと思います。

    ペケルマンも嫌いじゃないが
    選手の才能を生かす!という監督なら元レアルのペジェグリー二の方が
    イイと思うし・・・。


    日本を知るブッフバルト&オリヴェイラならば
    僕が協会なら第一候補!

    『ドゥンガ』

    を選びます!


    次回はブラジル大会です!日本でプレーしてました!
    王国ブラジルの主将&監督経験者。

    条件的に適任ですよ!

    ShinzoHiltonさん2010/07/15 20:27に投稿

    42
    そう思う!
  • オシム再任・・・は禁句か。

    協会曰く「A代表と下部を兼任」が真実なら、それはつまりJクラブの事情を知っている人間が妥当だ。オリヴィエラの実績に文句を付けられるほどの他クラブ監督・協会関係者並びに評論家はいるか?(※私は鹿島サポではない) ジーコ招聘から始まり、鹿島というクラブには本当に感心させられる。ここから学ぶべきは、一貫した環境がそれ自身を高みに育てるということ。鹿島でなければオリヴィエラですら難しく、オリヴィエラだからこそ鹿島は強い。
    身勝手なメディアとサポーターが騒ぎ立てないことも重要。その点オリヴィエラは日本人の目の前で実績があり、人選にも説得力があるはずだ。
    逆にシガラミのないビエルサやペケルマンも魅力的だが・・・前者は留任か他国へ引く手あまた、「日本らしいサッカー」がアルゼンチン的とも思えず後者も微妙。ギドは犬飼会長とのコネクションで選出されてしまうことが心配だが・・・

    strike-2さん2010/07/15 08:51に投稿

    13
    そう思う!
  • 個人的には数年前からペケルマンを推している。
    規律を重んじ、組織で崩すことを得意とするペケルマンは日本向きとも思える。

    ビエルサはチリを率いてグループリーグ突破を果たしたが、スペインを除けば、32ヵ国中最低の采配を見せたと言っても過言ではないルエダ率いるホンジュラス&退場者を出して攻撃的に出ざるを得なかったスイスという時点で良い監督だったとは言い切れない。 さらにビエルサは攻撃重視。これも日本は苦しい。

    ブッフバルトは日本サッカーを熟知しているが、クラブで結果を残すこと=代表で結果を残すのはイコールではない。 さらに、A代表以下の監督も兼任すると考えた場合、ブッフバルトでは苦しい。 現在の浦和を見れば一目瞭然だろう。

    オリヴェイラの場合、日本国内では結果を残すが国際大会では弱さを露呈する。
    日本『代表』を勝たせることができるかは疑問だ。

    たかちんさん2010/07/15 13:37に投稿

    12
    そう思う!
  •  最近読んだ本の中で知った、オリヴェイラの強み、<ケガ人の少なさ(ビフォーケア)>。鹿島は肉離れなどの筋肉系の負傷が他クラブに比べ少ないという。なぜか?オリヴェイラが選手の体調管理を徹底して行っているからだそう。プロ経験のない彼は、フィジカルコーチとしてサッカー界に飛び込む。“ブラジルの東大”と言われるリオデジャネイロ連邦大学でスポーツ生理学を専攻したらしい。代表に選ばれた選手が遠征から帰ってきたら、心拍数を測る器具をつけて寝るよう指示をしていると。その心拍数からストレスを見抜き、練習免除や別メニューを用意する。あまりに練習が軽いことを心配した強化部長が監督室を訪ねると、疲労が溜まっていることを示す山のようなデータが示されたというエピソードがある。
     コリンチャンスでも鹿島でも結果を出し、フィジカル重視で人心把握にも長けたこういう監督に日本代表を任せたい。2014故郷へ錦を飾って欲しい!

    Siegerさん2010/07/16 12:12に投稿

    11
    そう思う!
  • ブッフバルト氏は監督としての実績は浦和時代のみのもので、ヨーロッパから声がかかるとすぐ行ってしまったところが、印象悪いです。ドイツで成功しなくて、他のヨーロッパのチームで指揮をとる目が無くなったから犬飼会長に近づいた感があるので、やめて欲しいと思います。

    日本代表監督に求められる条件というのは、日本をよく知っていること。そして育成の実績があること。ブラジル時代にはカカやロビーニョを育てたこともあります。オリヴェイラ監督はトヨタカップを制した上に、Jリーグ3連覇と成績は申し分ありません。さらに言えば、ヨーロッパサッカーバブルの時代に、これだけ能力のある監督が日本にいるというのが奇跡的とも言えます。

    問題は、Jリーグの監督を簡単に協会が引きぬくことの是非ですね。ただ、自国のリーグで実績を残した監督が代表監督に就任するというのは世界的によくある話だということも事実です。

    Yoniestaさん2010/07/15 02:45に投稿

    10
    そう思う!
  • 4人以外はもうありえないんでしょうか?

    あまりお金のかからない方にやっていただいて、浮いた分F.C.バルセロナで指導経験のある少年コーチを何人か連れて来るってのはどうでしょうか?

    TeruMさん2010/07/15 15:49に投稿

    10
    そう思う!
  • ブッフバルトは、選手として監督として勝ち方、勝たせ方を知っている「防衛大臣」だからです。彼の現役時代はレッズ時代しか知りません(VTRではW杯決勝)が、想像するにマラドーナ・カレカ・リネカーに仕事をさせなかった選手と思うので、百発百中・一撃必殺のストライカーを育成するのが難しければ、アジアの壁・全身カテナチオ・ピッチ上のナイチンゲール(例:井原正巳、か・しゅうぜん)のようなDF・GKを育成すべきだと思うので、彼がうってつけと考えます。

    ハイセイコーさん2010/07/15 01:55に投稿

    8
    そう思う!
  • 今回のW杯、親善試合(アウェイ限定)を通じて、強い守備ブロックを作りカウンターという戦術が日本のベースになることは間違いなく、そのベースに+αを盛り込めるかが次の代表監督に求められる基準になります。
    ビエルサとペケルマンは世界での経験、世代を超えた戦術の共有については申し分ない。ただ、いずれも日本文化とは未コンタクト。クラブならともかく、代表でとなると時間的な意味で少し厳しいです。
    ギドは論外。ドイツが躍進はレーブの実績であって、ドイツスタイルの成功ではありません。彼の監督としての資質も経験も?。未熟な監督に任せられる余裕はありません。
    オリヴェイラは代表での実績は未知数、ACLでも失敗しています。ただ、日本人を知っています。嗜好する戦術もW杯での日本と似通っており、カウンター一つとってもバリエーションがあります。
    消去法的な感はありますが、オリヴェイラが正しい選択だと思います。

    saldyさん2010/07/19 21:02に投稿

    8
    そう思う!
  • 1.ビエルサ!2.ペケルマン、3.オリベイラ、4は嫌。5があればポポビッチ。
    育成や結果やるであろうサッカー、マスコミと繰り広げられるサッカー戦術の討論?でビエルサにお願いしたい。
    ほんとうに。ペケルマンにはそれほど魅力的なサッカーになるとは期待できないが、しかし育成では一目をおかざるを得ない。オリベイラはそこそこいいでしょうけど、モチベーターであろうことに疑いはないが、どうも鹿島がアジアで勝てないのが気になる。ギドはやめてくれ。そうなってほしくない典型。見たくない。
    オシムの流れが、攻撃がどうなるのか見たかった一人でもあるので、5でポポビッチ。みんな断られて4になるくらいなら考えてみてくれ・・・・。

    tomoxx39さん2010/07/15 07:03に投稿

    5
    そう思う!
  • これからの日本代表は、欧州か南米どちらのスタイルを模範にしていくのかを考えると日本人の特性上、欧州のほうにその針が向くのは自然な流れのように感じます。
    そこで個人的に思うのは、名古屋グランパスの監督のストイコビッチが適任ではと思っています。
    彼はオシム前監督とも繋がりがあるので、オシム氏を”相談役”という立場にして、日本代表との関係を保ってくれ、サポートしてもらえると思います。
    しかし、上記の中で考えるのならば、日本で実績のある欧州人ということで、ブッフバルト氏に一票入れさせてもらいます。


    赤い彗星さん2010/07/15 12:51に投稿

    5
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ