Survive PLUS ~頂点への道~BACK NUMBER

“プレーの甘さ”を払拭できるのか?
吉田麻也、「万能なCB」への葛藤。  

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/04/13 08:01

“プレーの甘さ”を払拭できるのか?吉田麻也、「万能なCB」への葛藤。 <Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ヨルダン戦、痛恨の2失点目につながる突破を許した吉田。それはプレミアとアジアのジャッジの違いを意識したが故の“ためらい”が招いたミスだった。

雑誌Numberの新連載、吉田麻也「Survive ~日本人DF 頂点への道~」。
Number Webでは、雑誌と連動したウェブオリジナル企画
「Survive PLUS ~頂点への道~」として、Number本誌には
掲載されなかったエピソードや、取材の舞台裏などをお届けします。

第2回の今回は、ヨルダン戦でも見せた“一瞬の甘さ”、
Jリーグ時代からの悪い癖であり、課題であった
“時折見せる抜けたプレー”についての葛藤を綴っています。

 サウサンプトンが、ここに来て好調の波に乗っている。

 2月9日のマンチェスター・シティ戦で大金星を挙げて以降は、チームの成績は下降線を辿っていた。ニューカッスル、クイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)に連敗を喫し、強烈な氷雨が降り注ぐ中で行われたノリッチ戦も痛恨の引き分け。一時は、このまま下位グループに引きずり込まれてしまうかに思えた。

 しかし、ここからアーセナルやマンチェスター・C相手にも見せた“ジャイアントキリング”で、再度チームは上昇していく。ホームにリバプール、チェルシーを迎えた2試合で、見事連勝を達成すると、さらに次のレディング戦も盤石の試合内容で勝利し、今季初の3連勝を記録した。

「このチームは強豪クラブに勝つと、その後の試合で結果を残せない。2月の(マンチェスター)シティ戦の後の戦いぶりみたいに。だからこそ、次の試合が大切になってくる」

 吉田麻也はこう危惧していたが、それも杞憂に終わった。チームは強豪を立て続けに叩き、さらに直後のレディング戦でもしっかり勝ち点3を奪ってみせた。クラブの今季の目標は、プレミア残留。これから佳境を迎えるリーグ戦において、このタイミングでの連勝は、勝ち点の上積みはもちろんのこと、選手たちに精神的な余裕と自信をもたらす面でもプラス要素だ。

 オランダ時代から毎シーズン残留争いを経験してきた吉田も、メンタル面の重要性を語る。

「僕は残留争いのベテランですから(笑)。その経験から言うと、最後の10試合は本当に体力だけでなく神経も使う。気持ちも体もポジティブに保っていかないといけない。少しでも『マズイ……』という感じになると、一気に下り坂になってしまう」

「何としても4月中に(残留を)決めたい」

 第32節を終了してリーグ戦は残り6試合。サウサンプトンは現在勝ち点37で、11位にまで浮上した。降格圏である18位のウィガンとの勝ち点差はたったの6。予断を許さない状況に変わりはないが、現状の流れを継続させることができれば、リーグ戦最終盤を待たずに残留を確定できる立場にある。

「何としても4月中に(残留を)決めたい」

 来季もプレミアで戦う資格を維持することは、最低限成し遂げなければならないタスクだと、吉田は考えている。その目標達成に向けて、ここからさらにモチベーション高く戦う覚悟だ。

 こうしたチームの戦いの中で、吉田個人もさまざまな浮き沈みを経験してきた。いや、どちらかというと、ここ1、2カ月は痛みやつらさが伴う“沈み”に直面することの方が多かったかもしれない。それはプレミアでの戦いだけにはとどまらない。W杯最終予選ヨルダン戦での痛恨のミスも、もちろんその“沈み”には含まれている。

【次ページ】 「スピード」という弱点を補うための様々な工夫。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
吉田麻也
サウサンプトン
パク・チソン

ページトップ