私とDo 特別編BACK NUMBER

<いつ飲む?何飲む?どう飲む?> サプリメントガイド~フルマラソン・トラブル解決編~ 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2013/03/27 06:01

<いつ飲む?何飲む?どう飲む?> サプリメントガイド~フルマラソン・トラブル解決編~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

最強エナジードリンクはコレ。
右:ワンセコンドCCD(クリアレモン)\200 左:ホエイプロテイン(プレーン味)\6,720

 万全のスタートを切るためには、レースの3時間前には朝食を済ませておきたいもの。とはいえスタート時間が早い大会になると起きるだけで精いっぱいの人も多いだろう。まず、朝ご飯で絶対に補給しておきたいのはグリコーゲン=糖質だ。走るエネルギーとなる成分だけに、体内に満タンにしておきたい。

 コンビニに立ち寄って、おにぎりやバナナなどで補給するのもひとつの手だが、もう少し時間に余裕があるのなら、プロテインとエネルギージェルを混ぜたものを飲もう。糖質はもちろん、ビタミンやミネラルなど、理想に近い栄養素を摂取できる。

レース前の上手なサプリの摂り方

1. 記録を狙い始めると練習もハードになりがち。筋肉の持久力をサポートするBCAAを練習前に摂っておこう。おいしいアミノ酸BCAAスティックパウダー(10本入り)\1,890/江崎グリコ

2. 質のいい筋肉を作るため練習後はプロテインを摂取。
脂質が少ないのでダイエットにも◎。

3. 体重が減ればタイムは伸びやすくなる。痩せたいという人は、燃焼を助ける栄養成分を配合したサプリメントなどを、練習前に飲むといい。ワンセコンドHCA(オレンジ)\229

左:消化吸収に優れたジェルがイチ押し。
165kcal、バナナ2本分のエネルギーを瞬間補給。ワンセコンドCCD(ピーチクール)\200
右:疲れをケアしながらナトリウムも補給。
汗に近い塩分と水分が同時に補給できる。クエン酸&グルタミン(10本入り)\2,100

 不調の原因のひとつはエネルギー不足。どんなにカーボローディングに励んでも42.195kmを走りきるほどのエネルギーを体内に溜めておくことはできない。レース直前に加え、レース中は10kmごとにエネルギー補給をするのが賢い方法だ。足がつりやすい、熱中症になりやすいという人は水分とナトリウム(塩分)を摂取しよう。

 汗よりも低いナトリウム濃度のものだと頻繁に摂っていても供給が追いつかない場合もある。なるべく濃度の高いものを選びたい。どちらも具合が悪くなってから摂るのでは遅い。早めの摂取を心掛けることが、理想のゴールにつながるのだ。

【次ページ】 TROUBLE 3 レース後に具合が悪くなった!!

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
私とラン

ページトップ