うまスクエアBACK NUMBER

【毎日杯】NHKマイルCとの関連性を別角度から見る 

text by

PROFILE

photograph by

posted2013/03/22 19:31

【毎日杯】NHKマイルCとの関連性を別角度から見る<Number Web>

阪神11R 毎日杯 芝1800m

◎2.サトノキングリー

毎日杯というレースを考える上で、非常に重要なテーマとなるのが、「NHKマイルCと毎日杯の関連性について」です。

皆さんもご存じだと思います、『NHKマイルCにおける毎日杯組の好相性』。第1回から数えて12頭が毎日杯からNHKマイルCに出走して6勝、毎日杯勝ち馬の成績となると(5-0-0-1/6)という驚愕の成績。毎日杯が1800mになってからも、ディープスカイ、ダノンシャンティと2勝を挙げています。このデータから、NHKマイルCの最重要ローテーションが毎日杯組であることは明らかです。

さて、問題はその先。このデータを持ち出してNHKマイルCにおいて毎日杯組を強調する際、「東京芝1600mはタフなコースだから、1600mよりも少し長めの距離をこなせるくらいのスタミナが必要。だから、毎日杯からの距離短縮組が好走する」という理屈が展開されます。
毎日杯組がNHKマイルCと相性が良いことはデータを見ても明らかであり反論のしようもありませんが、この理屈についてはやや疑問が残ります。果たして、本当にそうなんでしょうか?

東京芝1600mはスタミナが必要だから、1800m以上の距離をこなるような適性が重要になるという考え方は、意外と広く浸透しています。確かに、以前はそうだったと思います。しかし、ここ最近になって東京芝1600mのレースは明らかに変容を遂げています。
その変容の影響を最も受けているレースが安田記念です。かつての安田記念ではNダンサー系産駒の成績がよく、サンデー産駒は苦戦傾向にありました。1600mがギリギリという馬では足りず、少し長めの距離に対する適性が問われていました。なるほど、スタミナの重要性が高かったのでしょう、だから、サンデーよりNダンサーが勝ったのです。
しかし、最新の安田記念予想では、もうNダンサー系は最重要とは言えません。今の最重要血統はロベルト系です。おそらく、馬場の高速化が一番の要因だとは思いますが、今の東京芝1600mでは、1600mに対するストレートな適性の方が少し長めの距離に対する適性より遥かに重要になっています。

何を言いたかいかというと、NHKマイルCにおいて毎日杯組の成績が良い根拠として「東京芝1600mでは1600mより長めの距離に対する適性が要求されるから」、すなわち「毎日杯が1800m(かつては2000m)だから」と説明するのは、実は少し的が外れている可能性があるのです。最近の東京芝1600mは、1800mを走れる能力を大して要求していない可能性が高いからです。

であれば、NHKマイルCにおける毎日杯組の好相性というデータを、逆の側面から考えてみてはどうでしょうか?「NHKマイルCにおいて、少し長めの距離で行われる毎日杯くらいの適性が必要だ」と考えるのではなく、「毎日杯において、NHKマイルCを走れるようなマイラー的要素が要求されているんだ」と。
NHKマイルCと毎日杯の関連性を毎日杯の側から見れば、NHKマイルCをロジックとディープスカイで2勝、10年にはリルダヴァルが3着しているアグネスタキオン産駒が、毎日杯でも好走しているという事実(注)もスッと理解できます。同時に、アグネスタキオン産駒が最も能力を発揮する舞台は、今も変わらずマイル戦ですから、毎日杯で要求されるのが「マイル的な適性」であるという考え方もできることになります。

(注)
----------------------------------
【毎日杯におけるアグネスタキオン産駒】
11年1着レッドデイヴィス
10年3着リルダヴァル
08年1着ディープスカイ
08年2着アドマイヤコマンド
07年3着ニュービギニング

同産駒の毎日杯成績
2-1-2-3/8
勝率25.0% 連対率37.5% 複勝率62.5%
単勝回収率156% 複勝回収率131%
----------------------------------

というわけで、この毎日杯で要求されるのは、NHKマイルC的な要素、すなわち、「マイル適性」です。毎日杯においては、マイル適性の高そうな馬、血統を狙うという攻め方が穴を拾うポイントと考えました。
買うかどうか検討すべき馬は以下の通りです。

1.テイエムイナズマ(マイルで重賞勝ち含む2勝)
2.サトノキングリー(父ダイワメジャー)
5.ガイヤースヴェルト(父ダイワメジャー)
8.アーマークラッド(父アグネスタキオン)
12.オメガキングティー(マイルで2勝)

本命は、昨年のNHKマイルC勝ち馬カレンブラックヒルを輩出したダイワメジャー産駒から、2.サトノキングリーです。その成績を見ても、明らかにマイル色が濃く、サンデー第2世代のマイル部門を今後席巻するであろうダイワメジャー産駒が勝つことで、毎日杯とNHKマイルCの関連性はより顕著なものとなることでしょう。

※毎日杯(G3)の勝負馬券は3/22(金)20時にうまスクエアサイト『穴馬券ネオメソッド』で公開!

【by境和樹】

========================================
血統スナイパー・境和樹(@sakaikazuki21)がツイッターに参加!!
うまスクエアサイトで公開しているメインレースの血統穴馬券の他に平馬で注目したい穴馬もドンドンつぶやく予定です。コラム『穴馬券ネオメソッド』の中にも“フォローボタン”を設置しましたので、フォローをお願い致します。
-------------------------------------------------------------------------------
<血統スナイパー・境和樹とは?>
競馬予想に新風を巻き起こせ!常識的な予想、常識的な分析はどこでも読めるこの時代。必要なのは「別角度からのアプローチ」。物事を多角的に見ることで初めて見えてくる結論がある。ココでしか読めない、ココだから分かる、全く新しい切り口を知ることで。アナタの競馬観はワンランク上に引き上げられる!
========================================
↓3/24(日)の高松宮記念の『単複1点・軍資金作り馬券』も無料で見れるうまスクエアはこちら

ページトップ