今季の欧州CL、優勝はココだ!

集計グラフを閉じる

 いよいよ8強が出揃った欧州チャンピオンズリーグ(CL)。  15日に準々決勝の組み合わせ抽選が行なわれ、興味深いカードが目白押しとな・・・続きを表示

●マラガ  ●ドルトムント
●レアル・マドリー  ●ガラタサライ
●パリ・サンジェルマン  ●バルセロナ
●バイエルン  ●ユベントス

1-10件を表示 / 全33

すべて| マラガ| ドルトムント| レアル・マドリー| ガラタサライ| パリ・サンジェルマン| バルセロナ| バイエルン| ユベントス|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • バイエルンはCL決勝T 1回戦 2ndレグ、
    ホームでのアーセナル戦で評価を落とした感もあるが、
    どのクラブにだってシーズン中 良い時もあれば悪い時もある。

    バルサだって(アウェーとはいえ)セルティックに敗れた。

    マドリーだってアンダルシアの3クラブや
    降格争い中のクラブに計5敗以上もした。

    今季の純粋な実力を
    そういう“一部の悪い面”だけではなく、総じて考えると…

      ◎ バルサ
      ○ バイエルン
      ▲ 該当なし
      △ マドリー、ドルトムント

    と私は見る。

    だが、バルサの“ティト・ビラノバが癌で離脱=監督不在”は
    “チームの調子”とは全くの別モノであり
    少なくとも今季中の復調は絶望的。

    よって、バイエルンが優勝するであろうと予想。

    M.Eさん2013/03/28 09:22に投稿

    19
    そう思う!
  • 他国のリーグに比べて、ブンデスは競争が激しく経営も健全で、今後かつてのような地位に上り詰めるはず。スペインは「二強それ以外」の構図が激しく、イタリアと同様国家財政の影響を受け、競争力は次第に薄れていくのではと感じる。やはり競争なきところに成長はなし。その旗手となるのはドルトムントに違いない!それらを象徴する大会になるのではないかと思う。
    戦術的にも、クロップのやっているところは野心的で魅力的。お金をたくさん持っているところが毎年勝つのには、もう飽きた。

    WE DID ITさん2013/03/19 19:59に投稿

    17
    そう思う!
  • チーム構成は変わってもある程度の実力はあるドルトムント。
    試合巧者対決攻撃のバイエルン守備のユベントスでも、実力からバイエルン。
    1試合目のホームで勝たなければ、点を取らなければというプレッシャーのあるパリに比べて2試合目をホームでできる優位でバルセロナ。
    以上からドルトムント・バイエルンバルセロナまでは決まっても、レアルがどうかという点で悩みます。
    メキシコのドリブル・パススピード・個人技は大好きですが、そのサッカーを10年以上前にしていたのがトルコでした。そのサッカーが続いているかどうかわかりませんが、アウェイでも強豪相手でも守備一辺倒にならない伝統が残っていれば、ガラタサライのホームの大声援でレアルがばたばたするのを見てみたいという気持ちもあり、ガラタサライを応援したいです。
    ただ勝負強さとバランスと伝統から、バイエルンが勝ちます。

    中日新聞読者さん2013/03/17 12:37に投稿

    16
    そう思う!
  • ラームにそろそろビッグタイトルを獲らせてあげたい。
    負けはしたが、昨年の決勝戦でのキャプテンシー、試合後の毅然とした態度は感動的だった。
    今年はぜひビッグイヤーを掲げ、来年のW杯本大会に向けて勢いをつけてほしい。
    ミラン戦2ndレグのサッカーがコンスタントにできればバルセロナで決まりだろうが、昨年同様、準決勝あたりで足元をすくわれそうな気がする…そうあってほしい(笑)



    ゲルマン魂さん2013/03/20 23:10に投稿

    16
    そう思う!
  • ドルトムントの若さゆえの勢いを買いたい。研究されているブンデスでは傾向と対策が練られて苦労しているが、CLでは存分に自分たちのサッカーを貫いて勝ち残っている。彼らのサッカーはレアルやマンCなどの格上に威力を発揮する反面、マラガ相手に勝てるかが課題だが、ここを抜ければ可能性はかなり高くなると思う。

    みっちーさん2013/03/16 11:33に投稿

    15
    そう思う!
  • 戦力も粒ぞろいというのもあるが、過去に「カンプ・ノウの奇跡」(もしくは「悲劇」)の例もあるので、あえて。
    昨シーズンのファイナルでの屈辱は忘れていないであろうし(あの試合でのシュバインシュタイガーはあまりに辛すぎて見ていられなかった…)、「カンプ・ノウの悲劇」の時も2年後ではあるがきっちりとビッグイヤーを掲げている事実がある。勇退するハインケスの「花道」も飾ろう、という気持ちもあるだろうし。
    マドリーは上り調子なのは認めるとしても内紛でいろいろ燻ったままだし、バルサはいつの間にかナイーヴなチームになったし、ドルトムントとユーヴェは今一つパンチに欠けるし、パリ・マラガ・ガラタサライはまだまだ発展途上であると感じる。
    …でも、どこのチームになっても観るんだろうけど!

    赤鯱と梟さん2013/03/16 21:23に投稿

    15
    そう思う!
  • 死の組1位、ここまで無敗。
    しかも全ての相手に全ての場所で得点出来ているのは、多彩な武器を持っている証拠。
    組織力は更に高まってきていて、より早く、強くなっている印象で、しかもレヴァンドフスキは好調と、期待せずにはいられない。

    なんかユーロの時のドイツに似てるね、とか言わないで。

    ホワイトヘッドさん2013/03/20 20:32に投稿

    15
    そう思う!
  • レアルとかバイエルンが順当なのかもしれないですが・・・バルサが最近、終わりの始まりのサイクルに入ってしまったような気は確かにするんですが・・・監督は闘病中だし・・・これだけ美しい歴史を作ってきたチームの最後のひと華を見たいなぁ・・・という願望が強いです。

    りうさん2013/03/15 21:28に投稿

    12
    そう思う!
  • ノイアー、ラーム、バトシュテュバー、マルティネス、リベリ、ロッペン、ミュラー、マンキュジッチと各ポジションの戦力が本当に充実している。特にトニ・クロースのシュート技術の高さが大好きです、ぜひ大舞台でスーパーゴールを見せて欲しい。

    ゲルマンさん2013/03/16 09:11に投稿

    12
    そう思う!
  • 勢いでドルトムント。でもやっぱりバルセロナになっちゃうのかも。できればバイエルンvsバルセロナの決勝を見てみたいですね。

    ラット四郎さん2013/03/21 03:10に投稿

    12
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ