うまスクエアBACK NUMBER

【フィリーズレビュー】今週は我慢の週でした/レース回顧 

text by

PROFILE

photograph by

posted2013/03/13 10:32

【フィリーズレビュー】今週は我慢の週でした/レース回顧<Number Web>

阪神11R フィリーズR 芝1400m

第47回フィリーズレビュー(G2)
1着メイショウマンボ
2着ナンシーシャイン
3着ティズトレメンダス

8着タンスチョキン

ラップ:
12.3-10.9-11.7-11.8-11.3-11.9-12.2
時計:1.22.1

勝ち馬メイショウマンボは1頭だけ次元の違う脚を使っての勝利。正直、京都で高いパフォーマンスを出していた馬なので、阪神に替わってどうなんだろう?と思っていましたが、終わってみれば全くの杞憂でしたね。基本的には1400m適性の高い馬が来るレースだと思っているので、本番ではあまり評価するつもりはありませんが、この先も馬券に絡む走りは見せてくれそうです。ポテンシャルが高いことは間違いないです。

本命に推したタンスチョキンは、4角ではほぼ勝ち馬と同じ位置。それが徐々に離され、直線では後ろをくっついて伸びる形になりました。まあ、完全に伸び負けですね。個人的には先行して雪崩れ込むイメージを持っていたのですが、やはり芝ではそう上手くいかないのでしょうか…。前走で控える競馬から中途半端に脚を使ってしまったことも、この形で良しという判断に繋がってしまったものと思われます。血統派としては、ストラヴィンスキー×シアトルスルーの配合の馬に、あの位置から差し切れというのは無理な話に映ってしまいます。

テーマとして掲げた「1400m適性、ダート血統」というポイントに合致していたティズトレメンダスが3着。これが正解でしたか。最後の3択までは残っていた馬でしたが、踏み切れませんでした。この馬に加点材料が少なかったというより、タンスチョキンがより魅力的に見えてしまったということです。これは仕方ありません。

今週はどうも嵌らない週でした。最後に買った阪神最終レースで本命馬オペラモーヴがスタート直後に故障発生で競走中止。これが今週の私を象徴していましたね。気を取り直してまた来週頑張ることにします。

【by境和樹】

========================================
血統スナイパー・境和樹(@sakaikazuki21)がツイッターに参加!!
うまスクエアサイトで公開しているメインレースの血統穴馬券の他に平馬で注目したい穴馬もドンドンつぶやく予定です。コラム『穴馬券ネオメソッド』の中にも“フォローボタン”を設置しましたので、フォローをお願い致します。
-------------------------------------------------------------------------------
<血統スナイパー・境和樹とは?>
競馬予想に新風を巻き起こせ!常識的な予想、常識的な分析はどこでも読めるこの時代。必要なのは「別角度からのアプローチ」。物事を多角的に見ることで初めて見えてくる結論がある。ココでしか読めない、ココだから分かる、全く新しい切り口を知ることで。アナタの競馬観はワンランク上に引き上げられる!
========================================
↓阪神大賞典(G2)の『単複1点・軍資金作り馬券』も無料で見れるうまスクエアはこちら

ページトップ