Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<波乱のグループリーグを総括する> 「南米>欧州」の理由。 

text by

西部謙司

西部謙司Kenji Nishibe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/07/03 08:00

<波乱のグループリーグを総括する> 「南米>欧州」の理由。<Number Web> photograph by Getty Images

前回王者イタリア、まさかの敗退。主将カンナバーロも涙をこらえきれなかった

48試合のグループリーグを終え、南アフリカでの祭典は思いもよらぬ
展開になった。この波乱の原因は何か。
客観的に大会を見通すことで、今大会のトレンドをつかむ。

 南米勢の好調と欧州勢の不振が目立ったグループリーグ、それにはボールが関係していると思う。

 公式球ジャブラニは蹴った感触が軽いボールで、無回転のシュートが思わぬ変化をすることは知られていた。ところが大会が始まってみると、回転をかけてもあまり落ちなかったり、予測よりも大きく伸びたり、スタジアムが高地にあるのも影響して、とくにロングパスのコントロールが難しかった。

 長距離パスのコントロールが定まらない。その影響は欧州勢により多く出た。

 イングランド、イタリア、ドイツ、フランスなどの国々のプレーは、ショートパスにロングパスをバランスよく織り交ぜていくのが定石だ。ショートパスで引きつけたら大きなサイドチェンジを入れて、相手の守備の薄いところをついていく。しかし、ロングパスでミスが出るのでリズムをつかめなかった。

 その点、南米勢はW杯やコパアメリカの予選でボリビアやエクアドルの高地を経験していて、ボールが飛びすぎるときの対処がわかっている。ショートパスの連続やドリブルで相手のプレスを外すのはもともと上手い。ロングパスを使わなくても攻撃を組み立てられるので影響は少なかった。

 ちなみに、国内リーグでジャブラニを使用していたドイツは比較的ボールへのアジャストができていた。やはりJリーグで慣れていた日本も、デンマーク戦では2本のFKを決めている。

フランスサッカー界に横たわる「ある種の偏り」。

 もちろん、ボールだけが「南米>欧州」の原因ではない。グループリーグで敗退した強豪国にはそれぞれの事情がある。

ドメネク監督(左)はフランスを救えず。欧州予選での“ハンド疑惑”も響いたか

 フランスは不振を通り越してチームになっていなかった。ドメネク監督は大会前から求心力を失っており、キャプテンのアンリも不調でピッチに立てず。そこで中心になったのがエブラ、リベリー、アビダルといった選手たちだった。フランス国内では、彼らの出自が都市郊外のゲットー化した地区であることが問題視されているという。

 フランスのプロ選手の大半はそうした地域出身の移民の子供たちなのだが、彼らはチームスピリットや自己犠牲の精神に欠け、違う環境で育ったグルキュフのような選手と協調できなかったのではないかという指摘だ。国歌を歌う選手が極端に少ないことも批判されている。

 こうした社会の傾向とサッカーを安易にリンクさせる議論は危険だ。しかし、フランスのサッカー界にある種の偏りがあるのは事実で、今回はそれの悪い面が出たということはいえるかもしれない。また、強力なリーダーを欠くと、個人主義の強いフランスがまとまらないという結果は今回が初めてではない。

【次ページ】 多くの参加国が似通った守備戦術を採用した今大会。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
南アフリカW杯

ページトップ