野ボール横丁BACK NUMBER

プロ7年目の洗練が落とし穴――。
田中将大はWBC球になぜ苦しむ? 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/02/28 11:25

プロ7年目の洗練が落とし穴――。田中将大はWBC球になぜ苦しむ?<Number Web> photograph by Getty Images

豪州戦の試合前は「無失点で抑えたい」と語っていた田中。「回が進むにつれて自分なりの手応えも感じたが……」と試合後のコメントも歯切れが悪く。

 田中に限って――。

 侍ジャパンのエース候補、田中将大(楽天)が、強化・壮行試合で2試合続けて「らしくない」投球を見せた。

 17日の広島戦では2回で2失点し、23日のオーストラリア戦でも3回で2失点した。

 滑りやすいと言われるWBC使用球の対応に苦慮していると伝えられているが、にわかには信じがたい。

 というのも田中の凄さは、投げるボール以上に、対応力の高さにあったからだ。

 その力は高校時代から傑出していた。駒大苫小牧のエースだった田中は、2年夏は全国優勝、3年夏は全国準優勝に導いている。実は、いずれの大会も開幕直前、現地入りしてから胃腸炎にかかり、体調は決して万全ではなかった。

 3年夏は特にひどく、初戦まではヨレヨレだった。しかも、その夏は投球フォームを崩しており、とてもではないが勝ち上がれないと思っていた。

 それでも決勝で対戦した早実の監督、和泉実が「勝負どころになると、いいところにくる」と舌を巻いたように、悪い中なりにゲームをつくった。

調子が良い時も悪い時も全てを利用して“勝つ”投手が田中のはず!?

 楽天入団後、捕手の嶋基宏もこう評していた。

「あいつは、試合ごと、イニングごと、修正できる。3回ぐらいになったら、あれ、またフォーム変わったな、とか。勝てるピッチャーはみんなそうですよね。ダメなピッチャーは、ダメな日はさっぱりですから」

 味方の攻撃がツーアウトになると、田中はベンチ前でキャッチボールしながら、足の上げ方や体重移動などを簡単に調整してしまうのだ。

 西武の栗山巧も、田中のクレバーさについてこう語っていたものだ。

「田中投手の真っ直ぐは全部、たれる(ベース手前でお辞儀をする)。プロの投手のストレートは手元でピュッと伸びる方が多いので、逆に打ちづらい。でも彼は、それを知っていて、意識的に使ってくるんですよ。あと、本人はボールってわかっていても、『ストライクちゃうん?』っていう顔をして、駆け引きをしてくることがある」

 田中は「たれるストレート」だけでなく、場合によっては、シュート回転したり、スライド回転してしまう真っ直ぐも、修正しきれない場合は、逆に利用していた。

【次ページ】 年々フォームがなめらかになり、打ちやすくなった田中。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
田中将大
東北楽天ゴールデンイーグルス
嶋基宏
栗山巧

ページトップ