野球クロスロードBACK NUMBER

今年は“エース候補”から脱皮する!
中日・伊藤準規、背番号18の重み。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/02/23 08:01

今年は“エース候補”から脱皮する!中日・伊藤準規、背番号18の重み。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦での伊藤。140キロ台後半の直球と鋭く落ちるフォークで巨人打線を翻弄し続けた。

 投球フォームが、より「吉見的」になっていた。

 軸となる右足に溜めを作る。テイクバックの際に左腕を真っ直ぐ伸ばしてから、えぐるようにして鋭く胸元に引き戻し、しっかりと腕を振り切る。

 中日のエース・吉見一起のそれと、どことなく似ている。

 伊藤準規は、春季キャンプで自分の形を固める作業を最優先に取り組んでいる。

 キャンプ初日から精力的に動いた。

エースの吉見から受けた指導を細かく意識して、得た手応え。

 全体練習後にチームの先輩である吉見の指導を受け、ブルペンで確かめるようにボールを投げる。ポイントは、主に股関節と肩甲骨。双方の可動域を効果的に使うことに意識を集中させる。2日目以降も、キャッチボールとブルペンでは、まず、股関節を開いた状態で投球を開始するなど、その作業はどこまでも細かい。

「フォームの形は常に意識して。感覚的な部分を確かめながら投げています。ストレートもいい感じですし、カーブ、スライダー、変化球も今のところ手応えはありますね」

 伊藤は、満足げな表情を浮かべながら、現在の自分に好感触を抱く。

 プロ5年目の今季、チームが伊藤に寄せる期待は大きい。それは単に、22歳という若さや、150キロ近い快速球に切れ味鋭いスライダー、フォークといった変化球を含めたポテンシャルだけが要素ではない。

球界のエースナンバーを背負う伊藤が抱える葛藤とは?

 背番号18――。

 球界のエースナンバーと言われる番号を背負う男だからこそ、その期待値も膨らんでいくのだ。

 だが伊藤の言葉からは、自身が付ける背番号に対して、ある種の葛藤を抱いている印象を受けた。

「18番だからどうこうというのは、個人的にはないです。でも、周りはそういう目で見てはくれないので、責任感がゼロかといったらそういうわけではありません」

【次ページ】 「エース候補」と呼ばれ続けた4年間だったが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
伊藤準規
中日ドラゴンズ
吉見一起

ページトップ