WBC、過去2大会でもっとも語り継ぎたいシーンは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 第3回を迎えたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。   日本が連覇した過去2大会を振り返ると、野球ファ・・・続きを表示

<第1回大会>

● [第2ラウンド・米国戦] イチローの先頭打者本塁打
● [第2ラウンド・米国戦] ボブ・デービッドソン球審による疑惑の判定
● [準決勝・韓国戦] 松中、二塁へ気迫のヘッドスライディング
● [準決勝・韓国戦] 7回、福留が均衡破る先制2ラン。「生き返れ福留!」
● [決勝・キューバ戦] 9回、川崎の“神の手”ホームイン
● [決勝・キューバ戦] 守護神・大塚が最後を締め、歓喜の雄叫び

 

<第2回大会>

● [決勝・韓国戦] レフト内川、好捕・好送球で二塁に向かったランナーを刺す
● [決勝・韓国戦] 10回、イチローが林昌勇からセンターへ決勝2点タイムリー
● [決勝・韓国戦] ダルビッシュ、最後の打者を三振に斬り咆哮

 

●その他

1-10件を表示 / 全46

すべて| [米国戦] イチロー先頭打者HR| [米国戦] 疑惑の判定| [韓国戦] 松中のヘッドスライディング| [韓国戦] 福留の先制2ラン| [キューバ戦] 川崎の“神の手”| [キューバ戦] 守護神・大塚、歓喜の雄叫び| [韓国戦] レフト内川の好プレー| [韓国戦] イチローの決勝適時打| [韓国戦] ダル、2連覇のマウンドで咆哮| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 「打って当たり前」と思われていた、天才イチローの苦悩は、見ている私たちにもヒシヒシと伝わってきた。

    そんな中でも周りを明るくさせ、鼓舞させ、自分を追い詰める姿は、まさに「真のサムライ」でした。

    イチローのヒットで涙が出たのは、あとにも先にもきっとこれだけであると思う。

    昇竜さん2013/02/20 08:14に投稿

    14
    そう思う!
  • 第一回の韓国戦後にマウンドに旗を立てられたことです。

    これを書くこと自体おかしいかもしれませんが、あの映像を見た瞬間に日本のプロ野球ファンならずとも体温が上がるような怒りの感情を抱いたと思います。

    スポーツの側面にある歴史や政治が国民感情を大きく揺さぶった瞬間だと思いました。

    あのときのイチローの表情が忘れられません。


    ちなみに、プレーで言うならイチローの決勝打でしょうね。

    塁上でのクールな表情の中から爆発しそうな感情を垣間見たとき、涙が出ましたね。

    わ、渉です!!さん2013/02/20 10:58に投稿

    12
    そう思う!
  • 粘りに粘った8球目、イチローの打球がテレビ画面に向かってまっすぐ飛んできた、あの瞬間の感激は忘れられません。

    この大会のイチローは不振を極めていました。凡打を繰り返し、バントも失敗(大会後の記者会見で本人が、「韓国のユニフォームを着、アメリカのユニフォームを着、キューバのユニフォームを着ていました」とコメントしたほど。)

    しかしこの決勝戦では本来のシュアなバッティングがよみがえり、貴重なタイムリーも放っていました。

    そして迎えた、延長10回表のあの正念場。ああいう場面が回ってくるのは、やはりこの人は「持っている人」なんでしょうね(本人も「最後においしいところを持っていきました。ごちそうさまでした」とコメントしていましたが)。

    あの場面、テレビで見ていた私は、ただひたすら祈るだけでした。その祈りが通じたかのような快打、最高のメモリアルシーンですね。

    デュークNaveさん2013/02/20 07:11に投稿

    10
    そう思う!
  • 前回大会での落合氏の問題提起
    あれほど的確にこの大会の問題点をはっきり示してくれたのに、前回大会から今回の参加決定まで全く何も対策をとらなかったNPBとコミッショナーにはがっかりです。
    こういうスポーツ誌のwebサイトにふさわしくない意見かもしれないけど、はっきり言ってこの大会はMLBのためのチャリティーマッチ程度の存在としか見れない。

    イントニオ アノキさん2013/02/20 23:16に投稿

    9
    そう思う!
  • 内川の好プレーで韓国に行きかけた流れをたち、大会を通じて不振だったイチローが日本を勝利に導いたタイムリーヒット。どちらも甲乙つけがたいが、苦しみぬいて試合を決めた1本ということでイチローです。

    イタクレックスさん2013/02/19 17:41に投稿

    9
    そう思う!
  • 連覇を決めたタイムリーでしょう。
    殿堂入りも確実と言われるイチローの一打は、心身ともに苦しかった状態を吹き飛ばし、なおかつ連覇を決めたものだから。
    イチロー個人の凄さを見せつけたとともに、日本野球の底力を感じさせたシーンだった。
    これからもあのシーンを何度も目にし、人々の記憶に刻まれるだろう。

    たったこさん2013/02/20 21:56に投稿

    8
    そう思う!
  • 福留の起死回生2ランも、第2回大会の熱狂も、そしてイチローの林昌勇から放った決勝タイムリーも(ヤクルトファンなので、一頻り歓喜したあとシーズンのことが頭によぎって冷や汗も流れたが)、すべてあのボブ・デービッドソンがやらかした「世紀の大誤審」から始まった。
    第1回大会の再放送をCSでやっていたのだが、東京ドームは韓国戦こそフルハウスになっていたものの、中国戦や台湾戦は空席が目立っていた。まだWBCが「国民的行事」たり得なかった。
    そんな大会を、視聴率40%を記録するようなイベントに引き上げる「要素」がボブ氏だったのである。
    このボブ氏への怒りが日本全体を団結させ、絶望的な中メキシコがアメリカをこれしかない条件で破る奇跡を起こし(この試合でまたアメリカ寄りの大誤審をやらかし、最後27個目のアウトを弱々しく宣告したのもボブ氏である)、準決勝の韓国戦へとつながっていたのだと思う。ボブは偉大。

    guiel5さん2013/02/19 18:55に投稿

    8
    そう思う!
  • 「イチローの決勝タイムリー」以外あるのかな…
    第一回なら福留代打ホームランだけどインパクト違いすぎる。

    正当な抗議は当然として「疑惑の判定」を語り継ぎたいかな?w
    それ入れるなら「韓国チームのマウンドに旗」「故意のデッドボール退場」とかは?
    あとは「キューバ戦のサイン盗み」とかかな。あと何があったっけ

    hdsokbさん2013/02/19 18:09に投稿

    8
    そう思う!
  • 当時、草野球でも微妙な判定を下せば、その審判は「デービッドソン」と呼ばれるのが大流行。
    この人、審判の知名度という点では、一気に平光さんや橘高さんを抜いてしまったのではなかろうか。
    疑惑の判定そのものよりも、「完全アウェー」というサッカーなら当たり前の国際試合ならではの緊迫感、それを表出させてくれただけでも評価に値すると思う。

    sinn9nnnさん2013/02/19 17:24に投稿

    8
    そう思う!
  • 第二回大会の決勝のイチローのヒットです。不調だったイチローが最後に見せてくれたあの一本は忘れられない。あそこでイチローに打順が回ってくるのが、イチローたるゆえんですね。今思い出しても鳥肌が立ちます。

    HMクリーチャーさん2013/02/19 17:54に投稿

    7
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ