フォトギャラリー

[南アフリカW杯/決勝トーナメント1回戦:日本vs.パラグアイ] この涙を越えて~日本代表、プレトリアの死闘~ 

photograph byFIFA via Getty Images

photograph at2010/6/29

祈る日本代表選手たち

6月29日、南アフリカの首都プレトリア。史上初のベスト8進出をかけて戦ったパラグアイ戦。一進一退の攻防の末、延長戦でも決着がつかず、0-0のままPK戦へ突入。日本は、川島を除くフィールドプレイヤー全員が肩を組んで一列に座り、仲間のキック、川島のセービングを祈るように見守った。しかし、日本は3人目の駒野が失敗。パラグアイは5人全員が決め、日本のベスト16敗退が決まった。4年前のドイツ大会では、グループリーグ敗退が決まると、中田英寿ひとりがピッチに横たわり、感情を露わにしていたが、今回、ほとんどの選手たちが大粒の涙を流し、悔しさを爆発させていた。試合後、本田は「今回の戦いはこういう戦いでしたが、一つの戦い方を示せた上で、もっと欲を出して攻めていく姿勢を、次は世界に見せる時なのではないかと思う」と語った。この涙を越えて、4年後のブラジル大会での日本代表の飛躍を期待したい

<< BACK 1 /12 NEXT >>

ページトップ