Number on NumberBACK NUMBER

超スター軍団の迷走。
~レイカーズが不振を極める理由~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2013/02/20 06:00

超スター軍団の迷走。~レイカーズが不振を極める理由~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

左から、コービー・ブライアント、ドワイト・ハワード、スティーブ・ナッシュ。NBA屈指のスターを集め、チーム総年俸でもNBAトップのレイカーズは前半戦を終えて10位。プレーオフ圏内である8位に滑り込むことはできるのか。

 年俸の高いスター選手が集まっても勝てないことがある。それはどのようなチームスポーツでも言えることだが、比較的、そういうことが少ないのは、バスケットボールではないだろうか。1チーム5人でやる競技だから、1人のスター選手がチームに貢献する割合が高い。

 近年のNBA優勝チームを見ると、移籍によって高年俸の大スターが2、3人そろったチームが多い。

 マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペン、デニス・ロッドマンのいた'90年代後半のブルズ、'00年から3連覇を達成したレイカーズ(コービー・ブライアント、シャキール・オニール)、'08年のセルティクス(ポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレン)、そして昨年のヒート(レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュ)。いずれも、主力が全員生え抜きというチームではない。大金でスターを集めるといっても、NBAにはサラリー・キャップ制度があるため、さまざまな例外条項を活用しても1チーム2、3人が限度になる。その2、3人をFAやトレードで、獲得できたチームが優位に立つ。これが現実だ。

 その意味で、今季のレイカーズには、近年でもまれに見る大物スターがそろっていた。

 中心選手がブライアントであることに変わりはないが、そこにMVP2回の司令塔スティーブ・ナッシュ(前サンズ)、リバウンド王4回のドワイト・ハワード(前マジック)が加わった。そしてスペイン出身、五輪銀メダルの立役者、213cmのパウ・ガソルもいる。年俸はブライアントがNBA最高額の2785万ドル(約25億650万円)、ナッシュ870万ドル(約7億8300万円)、ハワード1954万ドル(約17億5860万円)、ガソル1900万ドル(約17億1000万円)。チームの年俸総額は9914万ドル(約89億2260万円)、NBA30球団で1位である(年俸1万ドル未満は四捨五入)。

勝つ時は大差、負ける時は接戦が多いレイカーズ。

 レイカーズは昨季西地区3位だった。ナッシュとハワード、ポイントガードとセンターで現役No.1の呼び声もある2人が入ったことで、3季ぶりのNBAファイナル制覇も十分可能であろうと、誰もがそう思った。

 しかし2月18日現在、レイカーズは25勝29敗で西地区10位。すでにシーズンの折り返し点を過ぎて、プレーオフ進出の8位以内に黄信号が点灯している。開幕直後にナッシュが左足を故障して、約7週間も離脱したことは最大の誤算であったし、ガソルも12月前半に8試合離脱した。だが12月22日にナッシュが復帰、ようやくここから上向くだろうと思われたが、そこから現在まで、13勝15敗だ。

 レイカーズのチームデータを見ると、まず目につくのは、負け越しているチームの中で、唯一、平均得点(101.6)が平均失点(100.9)を上回っていることだ。得失点はプラスなのである。つまり勝つ時は大差、負ける時は接戦が多いということだ。

●NBA西地区の順位とチーム年俸
チーム 勝率 チーム年俸
1. スパーズ 42 12 .778 6839万ドル(61.6億円)  12
2. サンダー 39 14 .736 2.5 6631万ドル(59.7億円)  14
3. クリッパーズ 39 17 .696 4 7038万ドル(63.3億円)  10
4. グリズリーズ 33 18 .647 7.5 6982万ドル(62.8億円)  11
5. ナゲッツ 33 21 .611 9 6506万ドル(58.6億円)  17
6. ウォリアーズ 30 22 .577 11 7070万ドル(63.6億円)   9
7. ジャズ 30 24 .556 12 6508万ドル(58.6億円)  16
8. ロケッツ 29 26 .527 13.5 5043万ドル(45.4億円)  29
9. トレイルブレイザーズ 25 28 .472 16.5 7158万ドル(64.4億円)   8
10. レイカーズ 25 29 .463 17 9914万ドル(89.2億円)  1
11. マーベリクス 23 29 .442 18 6524万ドル(58.7億円)  15
12. ティンバーウルブズ 19 31 .380 21 5183万ドル(46.6億円)  27
13. ホーネッツ 19 34 .358 22.5 5828万ドル(52.5億円)  22
14. キングス 19 35 .352 23 5489万ドル(49.4億円)  25
15. サンズ 17 36 .321 24.5 5645万ドル(50.8億円)  24
※チーム年俸は開幕前の時点。1万ドル未満は四捨五入。年俸横の数字はNBA30チームにおけるチーム年俸順位。勝敗は2月18日時点。

 接戦で勝てない原因と思われるデータの一つは、シュート以外で相手に攻撃権が移る「ターンオーバー」だ。現在828個でリーグ3番目。レイカーズの対戦相手の総ターンオーバーは718個だから、相手チームよりずっと多くボールを失っているわけだ。

【次ページ】 オールスター明けの後半戦で浮上できるか!?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ロサンゼルス・レイカーズ
NBA

ページトップ