セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ついに悪童バロテッリが母国帰還。
モヒカン・トリオが後半戦を席巻す! 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/02/05 10:45

ついに悪童バロテッリが母国帰還。モヒカン・トリオが後半戦を席巻す!<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

ウディネーゼ戦で2得点デビューを飾ったバロテッリ。両手をゆったりと広げ、ふてぶてしくゴールに酔いしれた。

 真冬のサンシーロが大きくどよめく。

 ミラノ入りしてからわずか4日後、2月3日の第23節ウディネーゼ戦で急遽先発したミランの新FWマリオ・バロテッリは、前半25分に鮮やかな先制点を叩き込むと、後半ロスタイムには決勝PKまで決めて、ド派手な2得点デビュー。2-1で初戦を見事に飾った。

 プレミアから帰還したイタリア代表エースの一挙手一投足にスタジアム中が揺れた。ゴールのたびにゆったりと両腕を広げ、不敵にふんぞり返る千両役者ぶり。

 試合後、バロテッリは飄々としながら挑発的に語った。

「俺たちこそ最強だ。今季は試合数をこなしてないから、まだ足が重い。トップコンディションになったら、こんなもんじゃすまないぜ」

 悪童が、サンシーロへ、セリエAへ帰ってきた――。

幼い頃からずっとバロテッリが憧れていたクラブはミラン。

 マンチェスター・Cの問題児FWバロテッリのミラン移籍は、今冬の移籍市場最大級のインパクトをもたらした。背番号45が入ったロッソネーロ(赤・黒)のユニフォームは、1月29日の加入発表後3日間で2千枚以上が売れた。

 バロテッリが子どもの頃から応援するクラブこそミラン、という話は、'10年夏まで在籍したインテル時代から有名だった。8歳のときには、ザッケローニ監督の下で勝ち取った16度目のスクデットに喝采を上げた。

 インテルでセリエAデビューを果たし3冠を成し遂げても、海を渡りプレミアリーグを制しても、“いつかはミランで”という思いだけは、バロテッリの脳裏から消えることはなかった。

 昨年12月の段階で、代理人ミノ・ライオラが「マリオの値段は『モナリザ』と同じ。イタリアに買えるクラブはない」と豪語すると、ミランのオーナーであるベルルスコーニ元首相は「彼は腐ったリンゴ」と放言。ミランの金庫に、マンチェスター・Cが設定していた移籍金3700万ユーロを払える余裕はなく、交渉は成立不可能と思われていた。

【次ページ】 マンCの弱みにつけこみ破格の条件で移籍を実現。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ACミラン
マリオ・バロテッリ
ステファン・エルシャーラウィ
マッシミリアーノ・アッレグリ
リッカルド・モントリーボ
エムバイェ・ニアン
ロベルト・マンチーニ
ロビーニョ
マンチェスター・シティ

ページトップ