プロ野球亭日乗BACK NUMBER

スピードガンとの勝負はしない!
巨人ルーキー菅野は上原の後を継ぐ。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/02/02 08:02

スピードガンとの勝負はしない!巨人ルーキー菅野は上原の後を継ぐ。<Number Web> photograph by Kyodo News

宮崎キャンプ初日からブルペンに入った菅野。上原の背番号19を継いだドラフト1位ルーキーは、選手層の厚い巨人でどんな活躍を見せるのか。

 巨人のルーキー・菅野智之投手が記録したストレートの自己最速記録は157キロである。東海大3年生のときに世界大学野球選手権のキューバ戦でマークしたものだが、その157キロという数字をどう考えるか? 菅野本人に聞いたことがある。

「みなさんは157という数字に注目をしてくれますが、僕自身はあまりこだわりはないんです」

 菅野はあっさりと語った。

「だって真っすぐはもちろん速さも大事ですが、やっぱりキレだと思うんです。キレのあるボールをいかにコントロールして投げられるか。キレさえあれば130キロ台でもバッターを抑えることはできるので、自分としては157という数字にこだわる必要はないと思っています」

 この言葉が、ある意味、菅野という投手のすべてを物語っているのかもしれない。

 決して自分のことをパワーピッチャーだとは思っていないことは、2月1日のキャンプ初日のブルペンでもはっきりと表れていた。

キャンプ初日から、ルーキー離れした練習風景を見せつけた菅野。

 内海哲也を筆頭に杉内俊哉、山口鉄也、澤村拓一各投手らそうそうたるメンバーが揃う巨人宮崎キャンプ初日のブルペン。その中で最後の最後にマウンドに上がった菅野は、ゆっくりとした立ち投げだけで、この日のピッチングを終えた。

「腕をしっかり振ることとボールの回転を確認しながら投げました」

 そう語った初日のブルペンで、目を引いたのは投げたボールの順番だった。真っすぐから入ってすぐにカーブを投げた。

 実は菅野は、大学に入ってから本格的にカーブを習得したのだが、そのカーブに関しては一つの考えがある。

「カーブを最初は抜くボールだと思っていたんですけど、自分の球種にしようと本格的に投げ出してから違うことに気づいたんです」

 それはカーブこそ腕をしっかり振って投げることで威力が出る球種だということだった。

「だからカーブを投げると腕をしっかり振るクセがつく」

 真っすぐで指先の感覚をチェックしたあとには、すぐにカーブを投げて、今度は腕の振りを呼び覚ました。そうして次第に投球の感覚を上げていってスライダーや得意のカットボールと、投げる球種を広げていったわけである。

 必死になってストレートの球速を出そうとするようなことは一切しない。

 実は即戦力と言われたルーキーたちが、プロに入って最初に落ち込む落とし穴が、この真っすぐへのこだわり、というよりスピードへのこだわりなのである。

【次ページ】 「速く感じる球」はスピードガンでは測れない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
菅野智之
原辰徳
読売ジャイアンツ
内海哲也
杉内俊哉
山口鉄也
澤村拓一
上原浩治

ページトップ