MLB東奔西走BACK NUMBER

複数データが裏付けている!?
エンゼルスの松井秀喜、今後の爆発! 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/06/26 08:00

複数データが裏付けている!?エンゼルスの松井秀喜、今後の爆発!<Number Web> photograph by Getty Images

6月20日のシカゴ・カブス戦。松井秀喜は9回に、あと一息で米通算150本塁打になる右翼フェンス直撃の二塁打を放ったが、記録達成はならず

 このコラムをまとめている時点(6月23日現在)で、エンゼルスの松井秀喜がメジャー通算150本塁打まで“あと1本”の状態で足踏みを続けている。とはいえ、5月は一時打率が2割2分台まで落ち込む打撃不振に陥っていたが、どん底から脱したのは間違いない。

 5月の月間打撃成績は、1割8分4厘、3本塁打、14打点。打率に関しては、これまで松井が過去7年間で残した月別成績で最低のものだったのに対し、6月は22日現在で3割4分3厘、2本塁打、13打点を記録している。

 松井の打撃浮上とともにチームの成績も上昇。

 5月中は地区3位に甘んじていたが、6月に入ってからは一度は首位に立つなど、レンジャーズと首位争いを演じられるまで伸びている。主軸の1人だったモラレスが不運の戦線離脱もあり、松井のバットがチームに与える影響力も確実に高まりを見せている。5月には地元メディアからも不振に陥った松井の起用を疑問視する報道も出ていたが、本人とチームの成績が上昇するにつれてすっかり沈静化したようだ。

「打撃は水もの」だが松井のデータは信用できる?

 誰もが「打撃は水もの」だという通説くらいは理解している。

 そもそも選手の体調、試合スケジュール、対戦チームあるいは相手投手の状態等々、様々な要素が絡み、打撃における好不調の波は基本的に激しくなるものなのだ。

 だが、あるデータを見た時、松井の「好調」を統計的に予測してくれるかもしれないという思いが湧きあがってきた。

 松井の昨年までの月別成績の打率ベスト3とワースト3をご覧頂きたい。興味深いことがわかるのだ。

    <ベスト3>
    【1】  2005年6月       3割9分8厘  6本塁打  23打点
    【2】  2006年9/10月  3割9分6厘  3本塁打  10打点
    【3】  2003年6月       3割9分4厘  6本塁打  29打点

    <ワースト3>
    【1】  2007年9/10月  1割8分5厘  2本塁打  12打点
    【2】  2008年8月       1割8分6厘  2本塁打  6打点
    【3】  2009年6月       2割4厘       3本塁打  9打点

 6月に注目してみてほしい。

 昨年はワースト3位の打率に終わっている一方で、2003年と2005年は4割近い打率を残している。振れ幅が大きいものの、6月が好調な1カ月だと言えそうだ。

【次ページ】 6月から調子が上がり、7月に最も活躍するというデータ。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
松井秀喜
ロサンゼルス・エンゼルス

ページトップ