フェアウェイの舞台裏BACK NUMBER

石川遼、宮里藍らの“心”を読む……。
「やる」「観る」「読む」ゴルフの魅力。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byHochi Shimbun/AFLO

posted2013/01/03 08:00

石川遼、宮里藍らの“心”を読む……。「やる」「観る」「読む」ゴルフの魅力。<Number Web> photograph by Hochi Shimbun/AFLO

三井住友VISA太平洋マスターズで、2年ぶりの優勝を果たし、号泣する石川遼。

 直径5cm足らずのボールが転がる間、荒れた海のように激しく波を打つ。

 広がる不安が転がり込むのは歓喜か失望か。

「松村さんのボールがカップに向かって止まりそうで止まらない。見ているのはきつかった。あんな気持ちになったのは初めてでした」

 2012年11月の三井住友VISA太平洋マスターズ、石川遼が2年ぶりの優勝を飾った試合の最後の場面である。

 1打差まで迫ってきた同組の松村道央のイーグルパット。決まればプレーオフ濃厚、逆転を許す可能性まであった一打だ。グリーン脇でじっとうつむいていた石川は、松村がパットを打った瞬間に顔を上げた。ボールの行方を見つめ、不安に打ち震え、息をのむ。

 ひょっとしたらゴルフの精神には反するのかもしれないが、悠長に相手選手の好プレーなど望んでいられなかった。石川のゴルフ人生においておそらく初めて、醜いぐらいにひたすら自分の勝利を願った一瞬。松村のパットはカップの手前、あとわずかのところで勢いを失った。石川は勝った。

藤田寛之の心胆を寒からしめた、わずか60cmのパット。

 藤田寛之は2010年の日本シリーズJTカップで「ゴルフをやってきて一番怖かった」という場面に直面した。

 優勝を決めるパットはわずか60cm。だが、東京よみうりCC名物の急傾斜の18番グリーンだ。下りの60cmが果てしなく遠い。

「勝つか負けるかだと心を決めて打った」

 ボールが曲がるより早く、ラインを消して決めるしかない。「外れていたらグリーンから飛び出していたかもしれない」ほどの強さで打った勇敢なパットは、乾いた音を立ててカップに消えた。

 ラインを読み、アドレスに入り、ボールを打つ。その間に巡らせた思考の数は、とても熟慮断行というだけでは事足りない。

【次ページ】 宮里藍は筋力ではなく、強いメンタルでボールを飛ばす。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
石川遼
松村道央
藤田寛之
宮里藍
宮里美香
上田桃子
有村智恵

ページトップ