競馬ラボBACK NUMBER

【競馬ラボ】有馬記念では主役として古馬に挑むゴールドシップ 

text by

PROFILE

posted2012/12/22 12:00

【競馬ラボ】有馬記念では主役として古馬に挑むゴールドシップ<Number Web>

競馬ラボ・オリジナルインタビュー
ゴールドシップを管理する須貝尚介調教師

3週間に渡って追跡取材を続けてきた、ゴールドシップのインタビュー最終章。かねてから「ファンありきの有馬記念出走」を強調してきた厩舎サイドだが、その信念は一切揺らぐことはない。いよいよ決戦の時が迫ってきたが、ここまでの調整は至極順調。僚馬ローブティサージュのG1制覇もあり、更に活気付いてきた須貝尚介調教師に、大一番への決意で連載を締めくくっていただいた。
=======================================

■理想の馬体重はプラス10キロ前後

-:いよいよ出走が迫ってきました。1週前追い切りが終わったゴールドシップなんですけれど、アスカトップレディとの併せ馬でした。

須貝尚介調教師:併せ馬で追い掛ける形でという指示でした。というのは位置的に長めに追えるから。結果、長めにビッチリ追えたので、1週前に予定していた通りだなと。その通りの攻め馬を消化できたと思います。

-:アスカトップレディは愛知杯を使うんですけど、かなり状態が良さそうで、若干、アオられるぐらいの動きでしたね。

尚:あの馬は追い切りで時計が出る馬なんでね。それに比べるとゴールドシップの方が、坂路の時計的にはアスカより少し落ちるので。まあ、その辺も考慮しながら、良い併せ馬ができたんじゃないかなと思っています。

-:走り終わってから下の角馬場で動いてても、結構、気合が乗って、迫力がありましたね。

尚:いえ、別に。特に変化は。

-:もう順調だと?

尚:はい。

-:先生は挑戦者だとおっしゃってるんですけど、ファンの方もかなり支持をしてくると思うので。

尚:まあ、でも古馬の一線級で走っている馬と初めてやるので、そうそうナメた考えではいけないと思いますよ。だから、古馬に胸を借りるつもりで、人気はしたとしても、その気持ちは変えないで出走させたいと思っています。

-:1年を締め括る最後のレースなんですけど、厩舎としても、ずっと調子良く来ていた年なので、最後までシッカリ締めたいですね。

尚:ファン投票で入る立場なのでね、有馬記念というのは。そこを考えると、常日頃から支持して下さったファンの皆様の期待に応えられるような競馬をして欲しいなと思っています。

-:体重的には先週、聞いた通り、ちょっと前回よりは増える感じで持っていくというのでよろしいですか?

尚:ええ、だいたい僕の考えではプラス10キロ前後が、ちょうど理想かなと思っています。それは太いとかじゃなくて、付くべき良い筋肉を付けたという意味で捉えてくれたらいいかなと思います。

■今年の一文字『金』にあやかって!

-:今年はゴールドシップだけじゃなくて、ローブティサージュもG1を勝ってくれましたので、一段とファンの注目も集めていると思うんですけど。

尚:まあ、その辺はたまたま、そういう世代に走る馬が出てくれたんで、後に続けていきたいなという気持ちはあります。

-:ゴールドシップは厩舎の看板としてだけじゃなく、3歳世代のトップとして、競馬ファンを引っ張っていかないといけないですね。

尚:3歳ではこの有馬が最後になるんですけど、来年になったら古馬として、無様な競馬はできないという責務がありますから。その辺を考慮してレースにも使っていきたいし、調整していきたいなと思ってます。

-:先生の判断で、JCには使わないで、有馬一本でというローテーションを組まれた訳なんですけど、それを待ったことが良い結果に繋がると良いですね。

尚:まあ、使えないことはなかったんですけど、3歳馬で有馬に出すということと、ファンも付いてきているので、そうやって支持されたという立場をむげにはできないなと思い、有馬直行という判断をした訳ですよね。

-:いつも通り、来週は様子を見てからだと思うんですけど、強さとしてはどれぐらいの感じでやられる予定ですか?

尚:いや、それはその時になってみて、考えたいと思います。

-:3週に渡ってお話を伺ってきました。最後にファンにメッセージを。

尚:折角、皆様に支持されて出走することができるので、ゴールドシップの芦毛とオーナーの勝負服の赤色がサンタになって、皆さんに良いプレゼントができたら良いなと思っていますので、応援よろしくお願いします。

-:ちなみに今年の一文字が金だったんですよ。それで、多分、ステイゴールドとかゴールドシップというのは、より一層。

尚:まあ、オリンピックで結構、日本は金メダル獲った年でもあったし、その文字にあやかってということもアリかなと、ハハハ(笑)。そんな締めくくりで良いんじゃないかな。
-:頑張ってください。ありがとうございました。

=======================================

【須貝 尚介】 Naosuke Sugai

1966年滋賀県出身。
08年に調教師免許を取得。
09年に厩舎開業。
JRA通算成績は109勝(12/12/16現在)
初出走:
09年3月8日 1回阪神4日目7R ワーキングウーマン
初勝利:
09年3月14日 1回阪神5日目7R ホッコーワンマン

■重賞勝利
・12年 阪神JF(ローブティサージュ号)
・12年 菊花賞/皐月賞/神戸新聞杯/共同通信杯
(いずれもゴールドシップ号)
・12年 アルテミスS(コレクターアイテム号)
・12年 アーリントンC(ジャスタウェイ号)

父は定年により引退を迎えた須貝彦三 元・調教師。自身は騎手として4163戦302勝。うち重賞は01年のファンタジーS(キタサンヒボタン)など4勝。 09年から厩舎を開業し、初年度は年間10勝だったが、翌年は25勝を挙げて飛躍。昨年も29勝をあげると、今年はゴールドシップ、ジャスタウェイを筆頭に勝ち星を量産。
厩舎の勝利数&獲得賞金も、ベスト10以内を追走。先日はあの矢作芳人厩舎の記録を塗り替え、史上最速でJRA通算100勝を達成。一躍、関西のトップステーブルにのし上がった。 「トレセンLIVE!」でコラムを掲載している榎本優也調教助手が在籍していることでも、競馬ラボではお馴染み。
=======================================
競馬予想に役立つ競馬情報サイト【競馬ラボ】ではグランプリ・有馬記念出走馬陣営の「独占インタビュー」を公開中!同レースの予想攻略にも役立つGI特集では「研究員の喫茶室 」「G1特製出馬表 」「研究員の最終見解」など人気コンテンツを続々と公開中!もちろん全て無料でお楽しみいただけます。

ページトップ