Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<証言構成> 香川真司 「知られざる代表“初キャップ”物語」 ~岡田武史、大久保嘉人、小野剛が振り返る~
 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byMasashi Hara

posted2012/12/28 06:00

<証言構成> 香川真司 「知られざる代表“初キャップ”物語」 ~岡田武史、大久保嘉人、小野剛が振り返る~<Number Web> photograph by Masashi Hara
今から4年前。ひとりのティーンエイジャーが代表デビューを飾った。
後半途中からの出場でプレー時間はわずか15分。将来を嘱望された
選手ではあったが、さしたるインパクトを残せぬままピッチを後にした。
しかしこの青年は、後にザックジャパンのエースナンバー、
10番を背負うことになる――。当時の指揮官やチームメイトなど
関係者の証言を元に、初キャップ獲得の舞台裏に迫る。

 あのとき、どれほどの人が香川真司の存在を知っていただろうか。

 セレッソ大阪で活躍する19歳、飛び級で北京五輪代表に呼ばれ始めた新星……。前年にはU-20W杯カナダ大会にも出場している。類稀な才能の持ち主であることは分かっていても、受け止められ方は「将来のエース」くらいのレベルだった。

 2008年5月24日、豊田スタジアム。

 キリンカップのコートジボワール戦で香川は、後半30分にA代表デビューを果たしている。終盤、大久保嘉人にクロスを送ったぐらいしか見せ場はなく、強烈なインパクトを残したわけでもない。この日同じくデビューして、アーセナルで活躍するエブエを抑え込んだ長友佑都と比べてしまうと、どうしても地味な印象に映った。

 実際、試合後の記者会見でも岡田武史に飛んだ質問のなかに、香川に関するものはなかった。歴代5位となる若さで出場したことにメディアが多少騒いだ程度。今の香川の騒がれようを見れば、まして今の日本代表の「10番」であることを考えれば、信じられないほどにひっそりとしたデビュー戦であった。

代表の閉塞感に悩む岡田武史が驚いた、五輪代表でのプレー。

 現在、中国スーパーリーグ、杭州緑城の監督を務める岡田に香川をA代表に招集した理由を尋ねると懐かしそうに振り返った。

「はっきりと覚えてるよ。'08年の南アW杯予選でアウェーのバーレーン戦に負けて帰ってきて、ムシャクシャしながら成田空港から五輪代表のアンゴラ戦を国立まで観に行ったんだ。そこで交代で出てきた真司を初めて見て“えっ、こんなヤツがいたのか”と驚いた」

 それまでの岡田は前任者イビチャ・オシムの路線を踏襲しながら、ゆるやかな変革を目指してきた。しかし最終予選前のラウンドで19年ぶりに敗北を喫すると「自分のやり方でやる」と“オレ流”を宣言。メンバーの大幅な入れ替えに踏み切ろうとしていた。

「チームの閉塞感を破るには、新しい力が欲しいと思っていたし、ずっと探していた」

 白羽の矢を立てたのが長友であり、香川であった。4月の候補合宿に初めて呼び入れると、岡田は19歳になったばかりの香川に目を奪われることになる。

【次ページ】 テクニック以上に目に留まった「全然物怖じしない」点。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
香川真司
岡田武史
大久保嘉人
小野剛
本田圭佑

ページトップ