SCORE CARDBACK NUMBER

6つの“数字”で振り返る
2012年のボクシング界。
~プロアマ問わず目立った記録~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph bySteve Marcus/BOXING BEAT

posted2012/12/21 06:00

6つの“数字”で振り返る2012年のボクシング界。~プロアマ問わず目立った記録~<Number Web> photograph by Steve Marcus/BOXING BEAT

約23億円のファイトマネーが飛び交う一戦で、英雄パッキャオに見事勝利したマルケス(右)。

 大晦日に5試合もの世界タイトル戦を残している現時点で、'12年のボクシングを総括するのはまだ早い。ここでは内外のリングで記録された「数字」によって1年を振り返ってみたい。

「48年」――ロンドン五輪ミドル級での村田諒太の金メダル獲得は、東京五輪の櫻井孝雄以来48年ぶりの快挙。日本人には絶対無理といわれた重量級の金はもっと高く評価されていい。その前日にバンタム級で清水聡が獲得した銅は、日本人ボクサーが手にした44年ぶりのメダルで、同一大会での複数メダル獲得は初のこと。

「12人」――3月にWBC世界S・フライ級王座を獲得した佐藤洋太は、協栄ジムから誕生した12人目の世界チャンピオン。この中には初代の海老原博幸や具志堅用高、途中で袂を分かった亀田興毅も含まれる。「世界チャンピオンメーカー」と豪語した金平正紀先代会長が育てたのは8人。その死後は息子の桂一郎会長がジムを受け継ぎ記録更新を続ける。

「9人」――佐藤洋太が勝った時点での、日本の現役世界チャンピオン(男子)の数。これは史上最多だが、といってボクシング人気はピークにほど遠いのが歯がゆいところだ。この記録は休養王者・清水智信が負けて8日間の短命に終わった。

「やっぱり亀田家中心に回っている」と興毅が吠えた、視聴率20.5%。

「4人」――7月の五十嵐俊幸の戴冠で、所属の帝拳ジムは西岡利晃、粟生隆寛、山中慎介と現役世界王者が4人も並んだ。

「20.5%」――TBS系が放映した12月の亀田興毅対ウーゴ・ルイス戦の平均視聴率。亀田人気のピーク時の半分近い数字だが、それまで今年最高だった井岡一翔-八重樫東戦の18.2%を上回り、亀田は「やっぱりボクシング界は亀田家中心に回っているな」と大口は相変わらず。TBSは記録達成に貢献した「アンチ」のフアンにも感謝すべきだろう。

「4戦目」――12月8日に行なわれたパッキャオとマルケスのライバル対決。実力伯仲の2人には「今度も接戦」の予想が多かったが、激闘の末にフィリピンの英雄パッキャオが衝撃の失神KO負け。トドメとなったマルケスの右は、山中慎介がトマス・ロハスを眠らせた左ストレートとともに'12年のベストショットに推したい。早くも第5戦が確実視されており、ロビンソン対ラモッタ(6度)など同じ相手と何度も戦う歴史的シリーズ・ファイトに名を連ねたと言ってもいい。

関連コラム

関連キーワード
村田諒太
佐藤洋太
桂一郎
海老原博幸
具志堅用高
亀田興毅
五十嵐俊幸
西岡利晃
粟生隆寛
山中慎介
八重樫東
井岡一翔

ページトップ