競馬ラボBACK NUMBER

【競馬ラボ】二冠馬ゴールドシップが有馬記念へ向けて始動! 

text by

PROFILE

posted2012/12/06 12:00

【競馬ラボ】二冠馬ゴールドシップが有馬記念へ向けて始動!<Number Web>

競馬ラボ・オリジナルインタビュー
ゴールドシップを管理する須貝尚介調教師

阪神JFに出走を目論む3人娘、天皇賞6着からの次戦を控えるジャスタウェイもいるが、厩舎の看板馬であるゴールドシップも短期放牧から、激戦の疲れを癒して帰厩。有馬記念へ向けて、調整が進められている。 初めての古馬との対戦となるが、こちらとてクラシック二冠馬。暮れの総決算へ向けての意気込みも師に直撃した。
=======================================

■菊花賞からのローテが功を奏する予感

-:ゴールドシップが帰厩したんですけど、今のコンディションというのはどんな感じですか?

須貝尚介調教師:だいたい15~20キロぐらい太って帰って来れれば良いかなと思って。まあ、思惑通り、それぐらい体重が増えてきて、その分、追い切りをやる時にはかなりの量のトレーニングができる状態にはあります。

-:下地がちゃんとできているということですね。夏場に放牧から帰ってきた時なんですけど、若干、こう……。

尚:そうなんですよ。夏場は若干、猛暑もあったし……。だから、こっちに帰したくなくて、函館に入れた訳なんですけど、それでも、馬がフックラしてきて、余裕を持ってできたというところで。今回はこっちで、季節も寒くなってきたので。

-:信楽に出来た新しい?

尚:近い所に信楽(吉澤ステーブルWEST)ができたお陰で、常に見に行ける状態であったし、雰囲気はスゴく良いですよ。

-:菊花賞で2冠を獲って、その後、菊花賞というのは3歳馬にとって、かなり疲れるレースなんですけど、帰ってきたゴールドシップを見ると、元気満点ですね。本当に菊花賞勝った馬かなという様子が窺えるんですけど。

尚:まあまあ。キツい競馬してますけどね。

-:もしかしたら、ゴールドシップにとってはキツくないのかもしれないですね。

尚:まあ、楽しんできてましたね。ただ、向正面の坂下から4角先頭というと、見ているこっちはヒヤヒヤしてましたけどね。普通の能力の馬だったら、あそこで止まっている気がしたんですけども、この馬はまだ、もう1回というのがあったんでね。
たぶん、神戸新聞杯の時に内田君が、ゴールドシップとの信頼関係を築いたから、僕は菊花賞は思いっきり楽しんでくれという意味で……。まあ、神戸新聞杯の時は絶対に負けられないという気持ちの方が大きかったんで、かなり緊張していたんですけどね。菊花賞の時はリラックスして見ることができました。やることはやったんでね、あの時は。

-:先生って、だいたい500万のレースとか出走させている時はイレ込みながら競馬を見てるなと思って。

尚:ああ、そうですか。ここを勝たさなくちゃいけないところではね。どんなレースもね。

-:菊花賞はその須貝先生が落ち着いてご覧になってるなと思って。

尚:ああ、そうなんですか、ハハハ。

-:やっぱり、余程の自信があるのかなと思ったんですけど。

尚:確かに自信はありましたね。ただ、競馬なんでやってみないと分からんからね。

-:それを見事に実現して。素人目に見たら、オウケンブルースリを内田ジョッキーが1回乗ってて、あの勝ち方をしてたのも良かったのかなと思ったんですけど。

尚:まあ、それは経験として無きにしもあらずとは思うけども、ゴールドシップもオウケンブルースリも他の馬もタイプが全然、違いますからね。

-:有馬記念の時はまた、直前にお話を窺わせていただきたいんですけど、古馬との対戦について、ちょっと触れていただきたいのですが。

尚:まだ、3歳なんですけど、古馬からしたら先輩として生意気なヤツが来たなと、ハハハ。そういうイメージで見られるんじゃないかなと思います。

-:なるほど、“生意気な挑戦者ゴールドシップ”と。でも、ゴールドシップが一番フレッシュな状態で有馬記念に挑めるというのは、プラスだと思うんですけど。

尚:ジャパンCを除いた部分で、態勢は整えやすいと思います。あのジャパンCというのはかなりの強豪相手で、ストレスが掛かる競馬になるんでね。そう考えるとあそこは除いて、正解に向く方向に近いんじゃないかと思っているんですけどね。

-:菊花賞の疲れも十分に癒せて、体重もフックラして挑めるということですね。

尚:攻めていけますからね。

-:結構、先生は焦らないタイプですね。ドーンと構えているというか。

尚:どうなんでしょうね。馬それぞれに合わせたやり方をさせていただいているから、それには馬主さんのご理解も、かなり協力していただいているんでね。そこには感謝しています。

-:この馬は今回の有馬記念だけじゃなくて、来年の国内のG1でトップを走っていく馬ですから。

尚:前にも言った通り、ファンも付いてきてくれてるんでね。むげにやってはいけないという責務がありますんで。

-:ここからは強いメンバーとばっかり、延々、走るレースが続くと思うんですけども、これからも強いゴールドシップを作るようにお願いします。

尚:はい、頑張ります。

-:ありがとうございます。

=======================================

【須貝 尚介】Naosuke Sugai

1966年滋賀県出身。
08年に調教師免許を取得。
09年に厩舎開業。
JRA通算成績は106勝(12/12/2現在)
初出走:
09年3月8日 1回阪神4日目7R ワーキングウーマン(11着)
初勝利:
09年3月14日 1回阪神5日目7R ホッコーワンマン

■重賞勝利
・12年 菊花賞/皐月賞/神戸新聞杯/共同通信杯
(共にゴールドシップ号)
・12年 アルテミスS(コレクターアイテム号)
・12年 アーリントンC(ジャスタウェイ号)

父は定年により引退を迎えた須貝彦三 元・調教師。自身は騎手として4163戦302勝。うち重賞は01年のファンタジーS(キタサンヒボタン)など4勝。 09年から厩舎を開業し、初年度は年間10勝だったが、翌年は25勝を挙げて飛躍。昨年も29勝をあげると、今年はゴールドシップ、ジャスタウェイを筆頭に勝ち星を量産。
厩舎の勝利数&獲得賞金も、ベスト10以内を追走。先日はあの矢作芳人厩舎の記録を塗り替え、史上最速でJRA通算100勝を達成。一躍、関西のトップステーブルにのし上がった。 「トレセンLIVE!」でコラムを掲載している榎本優也調教助手が在籍していることでも、競馬ラボではお馴染み。
=======================================
競馬予想に役立つ競馬情報サイト【競馬ラボ】では須貝調教師が管理をする師走競馬を盛り上げる有力馬の「独占インタビュー」を公開中!今週行われる阪神JFの攻略にも役立つGI特集では「出走馬フォトパドック」「機密データファイル」「ステップレース完全解析」など人気コンテンツを続々と公開中!もちろん全て無料でお楽しみいただけます。

ページトップ